1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び 生後0ヵ月~12ヵ月

子供の映画館デビューは何歳から大丈夫?料金は?注意点は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

出産してから映画行ってないな~、、、「映画に行きたい!」と思いませんか?

実は子連れで安心して楽しめる映画上映日があるんですよ

日ごろの疲れを癒しに、子連れでも窮屈な思いをしない場所で悠々とリフレッシュしてきませんか?



子供の映画館デビュー、何歳から?

我が子の映画デビューは0歳からでした。

最初は子連れOKの映画デーからスタートし、話の内容を楽しめるようになった2歳からは自宅で大人しく座っている練習をしてから映画に連れて行っていました。

4歳になった今では洋画のSFやアクション、邦画のドラマものも1時間半までは大人しく座って鑑賞しています。

同じように、赤ちゃん連れOKの映画デーに行くなら0歳からデビューできますよ。

映画デビューの平均は何歳?

平均的なデビュー年齢は、大体3歳ごろからの様です。

戦隊ものや、ディズニー映画、プリキュアを楽しんで見れる年齢になってから連れていくことが殆どです。

「ちゃんと映画の前にトイレに行く」「騒がずに親の注意を聞ける」この2点が出来るようになってから連れていった方が安心だから、というママたちの意向が強いようです。

赤ちゃんや子供の映画館料金っていくら?

0円です。多くの映画館は三歳から有料になるので、2歳までは料金がかからないんですが、これは原則子供を膝の上にのせて観ること前提の料金です。

荷物を置いたり、子供を座らせるためにもう1席必要になるときは幼児料金が必要になることが殆どなので映画館で確認してみましょう。

ママと赤ちゃんの映画デーがおすすめ

映画館の中には、赤ちゃんとママのための映画上映をしているところがあるんです。

皆子連れ、泣いても「仕方ないよね~」とお互い優しくしながら映画を見ることが出来るので、息抜きに利用してみませんか?

子連れ映画デーの良いところは?

一番は子供を連れて気兼ねなく来れること!

泣いても騒いでもお互い様という気持ちでママたちが許容しあって楽しい時間を過ごせることです。

子供だけならず、ママも映画を楽しめることが素敵ですよね。

子連れ映画デーに行く上で覚悟が必要なことは?

それは、話の途中で退席したり、最後まで観れない可能性があることと、赤ちゃんや子供の騒ぎ声がずっとしているので集中して見づらいということです。

それでも、育児中の息抜きに映画館に来れるというだけで嬉しい!と言うママの声がすごく多いんですよ。

一般の映画と何が違うの?

一般の上映よりもシアター内が明るく、子供が何をしているのかしっかり見えます。

それにおむつ替えコーナー、授乳コーナーがシアター内に設置され、尚且つおもちゃ等が設置されていることもあります。

そして、赤ちゃんの耳に優しく、普通よりも音響ボリュームが低めに設定されています。

赤ちゃんの飲食はOKなので、おやつや飲み物も持参することが出来ます。

普段サービスがあるところであれば、ブランケットや子供用の高さを調整する椅子も借りることが出来ますよ。



赤ちゃん同伴OKの映画デーがあるのはここ!

みんな子連れで参加できる映画デーがあるのは、大手では2か所になります。
関東中心に実施している映画館が多いので是非近くの劇場を探してみてくださいね。

TOHOシネマズのママズクラブシアター

赤ちゃん連れで周りに気兼ねなく映画を楽しめます。

料金は大人が通常料金子供は二歳まで無料です。

月に1~2回、木曜日実施と日程がほぼ決まっているので予定が組みやすく、ママ友を誘って行きやすのが良いですね。

作品のラインナップも子供向けばかりではなく大人に人気の話題作も上映してくれるので旦那さんとの子連れデートにもぴったりです。

MOVIXのほっとママシネマ

私も登録しており、映画館の近くに住んでいた時は毎月行っていました。

何と言っても料金が一律1200円、子供も2歳まで無料です。

授乳スペース付近は男性禁止、おむつ替えコーナーもあり、スクリーン手前の舞台挨拶に使うステージに、ちょっとした遊具やおもちゃが転がっていて、前の方の席が人気でしたよ。

良く動き回る我が子は、一番後ろの席を予約し、座席後ろの通路を他の赤ちゃんや子供と一緒に動き回っていました。

携帯から予約も簡単で、当日キャンセルも出来るのでとても使い勝手が良かったです。

一緒に観れないけど、託児付き映画館もある

料金が高いため、頻繁に利用するのは難しいですが、品川プリンスホテルのTジョイプリンス品川映画館では、アネックスタワーに併設されている託児所で「シネマでママ休みプラン」を利用することが出来ます。

毎週水曜日、一日5組限定、料金は5800円(2016年5月現在)です。

他にも、イオン等の大きなショッピングモールの中にある託児施設を上映時間に合わせて利用することが出来る場合もありますよ。

赤ちゃんと映画に行く時の注意点

ママにとっても赤ちゃんにとっても出来るだけストレスフリーに行きたい映画館、ママと赤ちゃんの映画デー以外の日に観に行くときはどんなことに気を付けたらいいのか、周りへの配慮はどうしたらいいのか?ご紹介します。

赤ちゃんの機嫌が良い時間に合わせて作品を選ぶ

せっかく映画を見に行くのに、赤ちゃんの機嫌が悪い時間帯や授乳する時間帯だと楽しめる時間が短くなる可能性が高いです。

赤ちゃんの一日のリズムが付いてきたら、機嫌のよい時間帯や、毎日お昼寝している時間帯を選んで、その時間に上映している映画にしましょう。

作品は子供の月齢で選ぶ

まだテレビや映画を知らない乳幼児の間であれば、大人の見たいものを選んでも良いですが、アクションだと音を怖がって泣きますし、静かなヒューマンドラマだと子供の声が目立ちます。

内容をしっかり吟味する必要がありますよ。

子供が映画を楽しめる月齢になったら、子供が観たいものを選ぶと長く座っていてくれることが多いです。

映画を見に行く日と座席は気を付ける

土日は混雑しています。赤ちゃんは人混みに疲れやすいということもありますし、席が満席だと周りと距離をとって座ることもできないので、平日の午前中等がおすすめです。

座席は赤ちゃんが泣いたらすぐに外に出ることがマナーなので、通路横、出口付近に座ることが好ましいです。

ブランケットを一枚持つ

子供に配慮された映画デー以外だと赤ちゃんにはシアター内が寒く感じることが多いです。

体温調節をしてあげられるように、足先まで覆えるブランケットが一枚あると便利です。

多くの映画館でブランケットは貸出てくれるので事前にレンタルがあるかどうか調べておくのも手です。

幼児になってから連れて行くときに準備すべきこと

赤ちゃんのうちは、泣かないように気を付ければ大丈夫ですが、歩くようになったり、自分の意志が出て話始める幼児期はまた映画を観るのが困難になる時期です。

子連れで映画を楽しむにはどんな準備が必要でしょうか?

自宅でDVDを見せて長時間集中してみることに慣れさせる

映画は自宅と違ってずっと椅子に座っていることが必要になります。

自宅でも30分アニメから慣らし、アンパンマンの映画1本分位座っていられるように練習すると良いと思います。

次の映画につなげるための工夫をする

子連れで映画を観たら、次の映画も一緒に楽しめるように、子供を映画好きにするとだんだん映画に慣れてくれます。

うちでは絵本や童話が原作の映画に良く行きますが、その帰りに図書館で作品に関連した本を借りて自宅で読み聞かせをしています。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします