つわり

食べ悪阻を経験して分かった症状と対策と食べたくなった物

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小学生の娘を持つ母ライターです。

娘が生まれてから怒濤の日々で、この頃やっと「こんなこと、あったな」と娘がお腹にいたときのことを振り返る余裕ができました。

今思うと不思議な”食べ悪阻”のこととか・・・。



誤解されやすい食べ悪阻

食べ悪阻は周囲からはのんきに見えるようですが、非常に苦しく、健康上のリスクも大きなものです。

本人も家族も、正しい知識を持って対処する事が必要です。

食べ悪阻の症状、食べたくなったもの、リスク、対処法について順にお話ししていきましょう。

食べ続けないと気持ち悪いという症状

その名の通り、食べてしまう悪阻です。

何か食べ続けていないと気持ちが悪い、空腹を感じると吐き気がする、空腹で眠れないなどの症状があります。

さらにやっかいなことに、食べると吐き悪阻が出る方も。

一説にはホルモンの変化による血糖値の低下、胎児への栄養供給が原因と言われることもあるようですが、はっきりとしたことはまだわかっていません。

食べたくなったもの1位はポテト

よく妊婦さんが酸っぱいものを欲しがると言いますが本当でしょうか。

私の周りではフレンチフライポテトが悪阻妊婦に人気ナンバー1でした。

私自身はポテトチップス(のりしお!)、ロールケーキ、あんこたっぷりの和菓子。

酸っぱいものはそんなに気にならず、どちらかといえばサッパリ味よりもあまーい味が恋しかったのです。

もともと甘党ではありましたが、妊娠前は大好きだったチョコレートよりもロールケーキの生クリーム に反応するなど、明らかな味覚の変化がありました。

現在はどうかと言えば、もちろんロールケーキも和菓子も好きですがやはりチョコレートの方に反応します。

食べ悪阻のリスク..それは太りすぎ!

これはズバリ、体重増加。

太りすぎは妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の原因と言われています。

これらはお腹の赤ちゃんの発育を妨げ、症状が進めば母子ともに非常に危険な状態となってしまうことも。

脂肪がつきすぎることで産道が狭くなると難産の可能性が高まります。

産後の回復も思わしくないことが多いようです。

このように食べ 悪阻による太りすぎは大きなリスクを伴います。

それだけでなく、常に食べ続けることで虫歯のリスクも。



対処法は枕元にクラッカーを!

食べ悪阻がつらいものであること、太りすぎが良くないことはよくわかりました。

ではどうすればよいでしょうか。

まず食べ悪阻の解決だけを純粋に考えると、特に寝起きの空腹がつらいため、枕元にクラッカーなどを常備しておくことです。

常に一口で食べられてすぐに血糖値をあげることができる飴や一口羊羹を用意しておきましょう。

とにかくすぐに血糖値をあげて気持ちを落ち着けます。

太りすぎを回避するためにはいくつかの工夫があります。

一回の食事量を減らし一日五食に分けるなどして、全体の食事量は変えずに回数だけ増やし満足感を得る方法。

偏食的に食べたいものを優先し、メインの食事をお豆腐、蒟蒻、きのこ、寒天食品などの置き換えメニューにする方法。

常に口にするものを、ゼリー、フルーツや市販のローカロリーおやつにする方法。

ノンカフェインのお茶などをゆっくり飲むことで満足感を出す方法。

ご自分の食べ悪阻タイプや体調、性格にあわせていろいろ試してみて。

虫歯予防は歯ブラシをくわえるだけでえづくケースもあるということでキシリトールのタブレットなどの利用をおすすめします。

タブレットは甘みも満足感を与えてくれるのでそこも良いところです。

周囲の反応は冷たい..

食べ悪阻は本人の辛さのわりに、周囲には軽く見られがち。

「食べているんだから大丈夫」などと言われて傷つくこともあります。

どうしても周囲に症状の辛さが伝わらないときは、インターネット上の客観的なデータなどを見せて説明すると理解が得られやすいようです。

もしご家族に食べ悪阻の妊婦さんがいたら、かける言葉にはくれぐれもご注意を。

「食べてばかりで気楽」「他の妊婦さんより楽」「また食べるの?」は禁物ワードです。

食べ悪阻だって辛さは変わらないのです。

食べ悪阻だったけど安産だったよ!安心して!

実は私も妊娠するまで食べ悪阻のことは知りませんでした。

なってみたら辛くてすっかり弱ってしまいました。

けれど実は安産でしたし、その後も親子で元気にしております。きっと大丈夫ですよ。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします