育児あるある

双子あるある18つ【乳幼児編】~双子ママの発信~

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

双子あるあると聞いてどんなものが思い浮かびますか?考えてることが同じだったり、シンクロしたり…といろいろあると思います。

今回は双子あるあるのなかでも特に乳幼児の頃のあるあるをまとめてみました。さあいくつあるある!と共感できるでしょうか?わが子のことを思い浮かべながら読んでみてください。



乳児期編

まずは乳児編から紹介します。

【双子あるある1】街中で声をかけられる

双子ベビーカーを押しているだけで本当に沢山の人たちに声を掛けられます。特に年配の方や双子が身近にいる方が多いように思います。

「可愛い!」と言われると内心とっても嬉しいです。たまたま一人だけを連れて外出となるとまったく声を掛けられません。双子パワー恐るべしです。

【双子あるある2】双子ベビーカーが通れる店しか行けない

特に横型の双子ベビーカーを持つママのあるあるです。幅を取るので通路が狭いスーパーには行けません。通路が広くても邪魔になってしまうのでは?と思いすごく申し訳ない気持ちになります。

うちは特に田舎で小さなスーパーが多く、とても苦労しました。

【双子あるある3】オムツとミルクのまとめ買い

おむつやミルクのまとめ買いの量が多すぎて、店で買うとギョッとされます。アマゾンなどのまとめ買いを利用するようになり、月一回重たい荷物が届くので顔見知りの宅配業者さんに双子って大変ですね。と声を掛けられました。うちはオムツは月に5パックくらい消費しています。

【双子あるある4】オムツ替えと授乳スパイラル

特に新生児の時期からでしたが、まだ母乳が出る頃に夜中、一人ずつ授乳していたら時間がかかってしまい、一人あげ終ってもう一人にあげていたらまたもう一人が泣いて…オムツ替えて授乳して…と終わりの見えないスパイラルに突入しました。

この頃はほとんど記憶がありません。育児日記も読めない字がならんでいたりします。

【双子あるある5】2人同時に寝てくれない

2人同時に寝てくれればすごく助かるのですがなかなかそうは行きません。一人を寝かしつけてもう一人を寝かしつけて、そっと布団に置くともう一人が起きる。というのは本当によくありました。2人が示しあっているのでは?と疑ったくらいです。

【双子あるある6】双子を産んでから双子に会う確率が上がった気がする

自分が双子を産んでから双子に会う確率が上がった気がします。買い物に行っても「あ、双子ちゃんだ!」とすぐ見つけてしまいます。

そして双子ママと出会うとどちらともなく話しかけたりなんとなく会釈してしまいます。

【双子あるある7】どちらが先か聞かれる

どっちがお兄ちゃん?(お姉ちゃん?)というのはよく聞かれます。でも多くの双子ママはそういう概念がないです。確かに書類上、お兄ちゃんやお姉ちゃんが存在しますが、だからといって特に対応が変わるわけではないです。

【双子あるある8】いっぺんに済んだね&年子のほうが大変

これもよく言われるワードです。特に男女の双子を持つママなら分かってくださると思いますが、男女でうまいことやったね。とかいっぺんに済むからいいねは絶対言われます。

そして年子のほうが大変。これも多いです。双子ママはイラっとするワードのようですね。私はどちらにも大変さがあるだろうと思うので聞き流します。

【双子あるある9】事務的な手続きなどが大変

名前などを書いたりするのに全部2回、ほぼ同じことを書かなくてはいけなくて面倒です。私がそれを一番に感じたのは母子手帳を貰うときでした。

【双子あるある10】水道代が跳ね上がる

一気に2人家族が増えるので、洗濯物も増えましたし、水道代が増えました。ある人は水道局から電話があり、どこか水漏れしていませんか?と聞かれたそうです。

【双子あるある11】質問攻めに合う

これはたまにあると思います。私の場合は「自然妊娠で双子?」と聞かれることが多いです。

どういうことかというと、不妊治療をしていると双子が生まれやすいということを知っている人が多いからです。でも正直なところもし不妊治療で授かったとしてもなにも悪いことではありませんし、初対面でいきなり不妊治療で双子が産まれたの?ってかなりデリカシーないと思いませんか…?



幼児編

続いて幼児編です。

【双子あるある12】2人で遊ぶようになる

お互いを認識し始めるのはもっと早い段階ですが、うちの場合は1歳半近くになりやっと2人で何かをする。ということがあるようになりました。

ボールを投げあったり、カーテンに一人が隠れて「ばあ!」とやったり、いたずらするときはなぜか結託してびっくりするようなことをやらかします。

2人いるのに静かになると要注意です…。

【双子あるある13】風邪スパイラル

冬場はかなり苦労しました。どちらかが風邪を引くとほぼもう一人も風邪を引きます。そして治ったかと思うとまた風邪を引きます。

【双子あるある14】保険証や診察券などがチグハグ

よく確認しないと間違えることがあります。一人だけ診察を受けるときなどは本当に気をつけないといけません。

【双子あるある15】お揃いを楽しみたい!

双子を産んだならお揃いは楽しみたいですよね!特に男女双子や二卵性の双子のあるあるだと思うのですが、1歳を超えてくるとだんだん体格に差が出てきます。

うちは女の子がワンサイズ小さいです。なので男女兼用でお揃いにできそうな服を見つけて買おう!と思ってもサイズがなかったりして泣く泣く諦める…。ということが良くあります。

【双子あるある16】名前の呼び間違い

うちは男女双子ですが2人の名前がちょっと似ています。だからというわけでもないかもしれませんが本当に呼び間違いします。小さい頃、母親に呼び間違えされたときはなんでだろうと思いましたが実際自分が母親になってみて呼び間違いってあるあるなんだな。と痛感しました。

【双子あるある17】平等って難しい…

双子が生まれたときから常に考えてしまうのは平等。ということです。なかなか平等って難しいなと思います。これからもっと大きくなってくるとますます平等って難しいんだろうなと思います。双子の永遠のテーマは「平等」なのかもしれません。

【双子あるある18】年子?双子?

これも男女双子や二卵性にあるんじゃないかなと思うのですが、うちは男の子が歩くのが早く、女の子はなかなか歩きませんでした。なので外出したときなど、男の子は歩いているけど女の子はベビーカーに乗っているということが多かったので、すごく年の近い年子?といわれることが1歳を超えて多くなりました。

最後に

いかがでしたか?双子ママはいくつあるある!と共感していただけたでしょうか?

双子って本当に面白いって思います。

これから大変な事も沢山あると思いますが、双子の面白いところや可愛いところを見つけて育児を楽しめたらいいなと思いました。

双子ママ!お互い頑張りましょう!

【関連記事】
男女双子のあるある10つ(双子ママの発信)

双子のママにしか分からない!双子育児あるあるを6つあつめてみた

ママなら分かる!赤ちゃんをギュッとしたくなる瞬間7つのあるある


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします