家計・暮らし

いくらかかる?双子ちゃんを大人にするまでかかる費用まとめ(双子ママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

双子を妊娠して「2人も一気に!お金大丈夫か!!?」と心配になるのが正直な所です。

同時に進学、卒業と同学年で重なる事を考えると、出費は一気になってしまいます。

一体「双子ちゃんを大人にするまでにかかる費用」はどれくらいなのでしょう?具体的にご紹介します。



0歳から保育園&幼稚園までにかかる費用

生活にかかる費用

まずはミルク代です。母乳でまかなえる人もいますが、双子を完全母乳で育てるのは正直キツイと思います。

私も頑張りましたが途中で挫折してしまいミルクの力を借りることとなりました。粉ミルクにかかる金額は一ヶ月で14000円ほどかかりました。

次はおむつ代です。こちらも二倍いります。新生児から生後6ヶ月くらいまでは2人で1ヶ月3~4パックのオムツを消費していました。

現在1歳を過ぎて、大きくなると枚数が減ってしまうのでだいたい2人で5パックほど消費しています。その為がオムツ代がおよそ6000円ほどです。

ミルクとおむつはアマゾンの定期便でまとめ買いをすると少し安く買えるのでお勧めです。

次に衣類です。こちらは同性なら着まわしできます。うちは男女ですが始めの頃はどちらでもいける感じの服装をさせていました。

1歳を過ぎると体格に差がでてきてしまって、今は別々に買っています。これは金額に個人差があるかと思います。

ベビー用品

一個で済むものもありますが、チャイルドシートは絶対に2つ必要です。

そして急に2人増えることになるので車を買い替える人も結構おられるようです。

イベント費用

こちらも2倍かかります。写真は大きくなってくると一回で2人まとめて撮ってもらうのもありですが、お宮参りくらいのときだと、2人の赤ちゃんを同時にいい表情で撮影してもらうのは相当大変だと思います。

うちもお宮参りの写真は一人ずつ撮影してもらいました。2人別々の冊子にしてもらうと5万円ほどかかりました。



保育園、幼稚園にかかる費用

ここから保育園に行くか幼稚園に行くかで費用に開きがでます。また私立か公立かというところでも費用に違いがでてきます。

しかしどこも2倍必要ではなく、同時に兄弟が保育園や幼稚園に通っていると2人目が5割助成を受けられるので1.5倍くらいになります。

保育園の場合

月謝は両親の課税額で変わります。一人当たり0円から最高で6万4千円までになります。

公立幼稚園の場合

年間の平均額は教育費が13万1千円で給食費が1万7千円でした。教育費は双子だと年間約20万円くらいになります。

そこに学校外活動費というものが少しかかります。

私立幼稚園の場合

年間の教育費は34万円で給食費が2万6千円でした。公立幼稚園の2.1倍ほどの費用がかかります。

なので約42万円でそこに学校外活動費というものがかかります。

小学校入学

まずランドセルが2ついります。相場は4万から5万くらいです。勉強机を買うなら1つ4万から10万くらいが相場になっています。

しかし小学校のときが一番出費が少ない時期とされているのでここで少し後の進路のことを考えて貯蓄を増やすというのもありかもしれません。

公立小学校の場合

学校教育費は一年で約5万5千円で給食費は4万2千円です。二人で年間約20万円です。

これが6年間で120万円になります。ここに学校外活動費がかかります。

私立小学校の場合

学校教育費は一年約82万円で給食費は4万2千円です。2人で年間約170万円です。

これが6年間で1020万円ということになります。私立に通わせようと思うと相当な金額が必要になります。

中学、高校入学

ここでも私立か公立かで大きく変わってきます。そしてこのころから塾に通う子も増えてくるかと思います。

ここでは塾などの費用は含まない金額を紹介します。

公立中学の場合

学校教育費一年で約13万円で給食費が約3万円です。2人で年間約16万円です。

3年で約50万円です。ここに部活動で使う道具類などのお金がそれぞれかかるのでもう少し必要となります。

私立中学校の場合

教育費が約100万円で給食費が3千円です。2人で約200万円です。そのため2人で3年間で約600万円かかります。

公立高校の場合

学校教育費が約23万円で学校外活動費が15万円です。2人で年間約40万円ほどかかります。

3年間で120万円かかります。

私立高校の場合

学校教育費が約70万円で学校外活動費で25万円です。2人で年間約95万円ほどかかります。

3年間で約280万円かかります。私立高校の場合は受験料もかかります。

大学にかかる費用

高校卒業した後は専門学校に進む人や就職する人もいますが、ここでは大学にかかる費用を紹介します。

入学金と授業料

国公立の場合は入学金が28万円から39万円ほどかかります。授業料は平均一年で53万円必要です。

私立大学の場合は大学によって異なりますが、一般的に医学部や歯学、理系の大学のほうが授業料が高くなっています。

その他にかかる費用

下宿やアパート代、交通費もかかります。もし仕送する場合はその分もかかります。

かかる費用の合計

ここでは今まで紹介した費用を合計します。公立ばかりで進んだ場合と私立ばかりで進んだ場合で分けます。

そこに学費を除いた生活費もろもろ一人当たり約1500万円かかるそうなのでそれもたしてみます。参考にしてみてください。

公立の場合

幼稚園から大学まで公立に通った場合一人当たり約3000万円かかります。2人だと6000万円必要です。

私立の場合

幼稚園から大学まで私立に通った場合は一人当たり最低でも4000万円かかります。進む学部などによって違いがでます。

2人だと最低でも8000万円かかることになります。

いかがでしたか?私は調べていて改めてお金の面での双子を育てていく大変さを痛感しました。

そしてそれと同時に子供を育てていくということは大変な事なんだなと思いました。

自分が大人になるために両親はとても頑張ってくれたんだなと感謝しました。

この金額がいっぺんにいるわけではないので貯蓄や月々のやりくりの参考にしていただけたらと思います。頑張りましょう!

【関連記事】
子供一人を成人させるまでにかかる費用の目安はいくら?3000万円かかるって本当?


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします