出産 妊娠後期

陣痛待ちママの疑問!前兆ってある?初産の陣痛の時間帯で多いのは何時ごろ?間隔は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

初めての出産はなにかと不安に思うことが多いと思います。特に陣痛や出産は未知の世界です。

陣痛の起こりやすい時間帯や前兆などを知って心の準備ができると少しは不安を軽減できるのではないでしょうか?

初産の陣痛の時間帯、間隔、前兆など「陣痛待ちママ」が知りたい情報をまとめました。



陣痛の始まりには前兆がある?

陣痛が始まるまでに前兆がある場合があります。

出産の流れには個人差があるのでいきなり陣痛が始まってしまう人もいますが、ここでは前兆として表れる症状などを紹介します。

おしるしがある

おしるしというのは出血があることを言います。

この出血はどろっとした血の混じったおりもののようなもので、ほんの少し下着につく程度から生理の始まりくらいしっかりした出血まで個人差があります。

もし出血が増えてきたり、下腹部痛を伴うものだったりした場合は何か異常が起きているかもしれないので病院に連絡をしてください。

おしるしがあったからといってすぐに陣痛が来るわけではないありません。そろそろかな?という目安程度に考えておいたほうがよさそうです。

破水

これはよく耳にする言葉だと思います。破水にも個人差があります。少しずつ出てくる人や、ドバッと破水する人もいます。

臨月になるとおりものが増えたり、膀胱が圧迫されて尿漏れを起こす人もいて破水かそうでないか判断が難しい場合があります。見分ける簡単な方法は、「破水は自分の意思では止められない」ということです。

【関連記事】
陣痛待ちママの疑問!前兆ってある?初産の陣痛の時間帯で多いのは何時ごろ?間隔は?

わたしの破水体験談

私も急に破水し、初めはおしっこを漏らしたのかと焦ったのですが自分の意思とは無関係にドバッ、ドバッと断続的に水分が出てきて、もしかして破水したのかも…と気が付きました。

破水してしまうと、その瞬間から赤ちゃんは膣内の菌と接触することになります。細菌感染を防ぐためにも破水したときはすぐに病院に行ってください。

【関連記事】
全妊婦の5~15%が発症する前期破水とは?37週以前なら命も危険!尿漏れとの違いは?発症したらすぐに病院へ

臨月までには必ず知っておくべき破水の種類と見分け方と対処法!破水したらどうすれば良い?感染させない事を第一に!

前駆陣痛

これは臨月に入って起こるお腹の張りで、陣痛の予行練習のようなものです。

前駆陣痛は規則性がなく、痛みにもばらつきがあります。痛みがなくお腹の張りだけを感じるという場合もあります。

もしお腹の張りや痛みを感じたらすこしリラックスできる体勢になってその痛みなどが規則的でないかどうかを確認してみてください。

前駆陣痛ならじきに治まります。陣痛の間隔を記録できるスマホアプリもあるので、あらかじめダウンロードしておくのもいいと思います。

【関連記事】
前駆陣痛とは?34週でも起こる?症状や特徴は?痛みの場所は?

前駆陣痛と胎動の違いは?



陣痛が始まりやすい時間帯とは?

「陣痛が始まりやすい時間帯」について大学が行った研究の結果を紹介したいと思います。

陣痛から始まってお産した236人の妊婦さんと、破水してからお産が始まった77人の妊婦さんの計313人のデータに基づいたものです。

陣痛を感じ始めた時間帯

もしかして陣痛が来たかも、と感じ始めた 最も多い時間帯は午後6時から午前6時の夜間帯でした。ちなみに筆者は破水したのが午後5時頃陣痛を感じ始めたのは午後7時頃でした。

前期破水の発生時刻

これは午後10時から午前6時までが一番多かったようです。

陣痛開始時刻で多かったのは?

陣痛開始時間で最も多かったのは夜中の3時で次いで1時が多かったそうです。確かに、出産と聞くと夜中に病院に行くイメージがありませんか?

なんとなくジンクスや迷信のように感じますが、陣痛の時間帯を研究してみると統計学的には夜中の1時から明け方の5時頃に陣痛が来る可能性が高いということでした。

なぜ夜が多いのか?

なぜ夜の時間帯に多いのか。調べてみると陣痛のメカニズムにありました。陣痛は副交感神経が優位のときに起こりやすいです。つまりリラックスしているときです。

日中は何かと家事をしたり動いていることが多いですが、夜はお風呂に入ったりしてリラックスしますよね?そういうことも理由にあるようです。

【関連記事】
陣痛にまつわるジンクスを7つまとめ!「満月の夜はお産が増える」

陣痛から出産までの時間と間隔は?

初産の人が出産までにかかる時間と陣痛の間隔を調べてみました。

分娩第一期

これは規則的な陣痛が始まってから子宮口が全開になるまでのことをいいます。

初産だとこの子宮口が開くまでに平均で10時間から12時間かかると言われています。しかし、陣痛といっても準備期と進行期と極期といって3段階あります。

10時間ずっと痛いわけではなく、準備期だと痛みはあるものの余裕もあるのでこの間に少し仮眠をとったり、食事したりすることができます。

このときの痛みの間隔は8分から10分です。進行期になると少し間隔が短くなり、痛みも増します。間隔は4分から7分です。そして極期になると痛みはすごく強くなり、いきみたくて我慢できなくなってきます。

しかし子宮口が全開になるまではいきんではいけません。すごく辛いですがここはいきみ逃しをして乗り切ってください。

分娩第二期

ここでやっと分娩台にあがれます。赤ちゃん誕生まで初産だとだいたい1時間から2時間ほどかかるそうです。

2回目以降だと30分から1時間ほどで出産できるそうです。

分娩第三期

これは赤ちゃんが生まれてから胎盤が出てくるまでの時間です。だいたい20分から30分ほどかかるそうです。

最後に

初産だと出産に半日以上かかるということが分かりました。陣痛が起こる時間帯も夜中が多く、ママは寝不足にも注意したいです。

妊娠中は出産に向けて体調を整えながら体力も付けておきたいですね!陣痛中でもストレスや寝不足でお産が進みにくくなってしまうママもいるようです。パパにも協力してもらいつつ、リラックスして出産に臨んでください!

【関連記事】
陣痛待ちママの疑問!初産の陣痛の時間帯で多いのは何時ごろ?間隔は?前兆ってある?

【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします