ベビー用品

買いすぎて失敗したなぁ..ベビー用品の賢い揃え方を経験談からご紹介

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

現在年中さんになった4歳の娘と、恐ろしいほどやんちゃな1歳8か月になる息子を持つママライターです。

今回は新米ママならきっと気になる「ベビー用品の買い揃え方」についてお話していこうと思っています。

初めてのお子さんであれば、あれもこれも買ってあげたい!って気持ちにもなりますよね。

しかし実際は、私も経験しましたが「あれはぁ・・・買わなくてよかったなぁ」はきっと出てきます!

そんな失敗しない賢い買い揃え方、伝授します。



リストアップはしておきましょう

生まれる前に色々な媒体で「必要なものリスト」の情報は入ってきていたことでしょう。

例えば雑誌、育児本、インターネットのプレママサイトなどなど。または経験者のお友達だったり。

正直一番いい情報源は経験者のお友達です。それも複数人に確認するのがベスト。

しかしいづれにしてもまずは様々な情報から汲み取ってあなたが必要かな?と思うものをリストアップはしておきましょう。そこから後々消去法で減らしていけばいいのです。

「お友達」である先輩ママの意見を聞きましょう

既に赤ちゃんが生まれて生活をしているみなさんは、リストの大半は出産前に既に用意がされていたのではないでしょうか?

しかしそれもきっと新生児用の品々がメインだったはず。

赤ちゃんも一日一日成長をしています。

あっという間に色々な用品が必要になる中、やはり私が注目したいのは「お友達からのアドバイス」です。

実際に経験をして、育児本や雑誌とは違う生の声、これは大切です。

私も友人のアドバイスを聞いて得したことも多くあり、また言うことを聞かず失敗した経験もあります(笑)

例えば、「ベビーベッド」。

使うご家庭と使わないご家庭、両方あると思います。

床にお布団を敷いて寝るご家庭であれば、必要性は低くなります。

しかも最初は添い寝をしたり夜中の授乳もあるのでベッドを使うのはしばらく経ってから、なんてご家庭も多いようです。

そしてそのまま「買わずに終わったよ」、なんて話も聞きます。



子供の成長を見ながら検討しましょう

引き続きポイントは「お友達からのアドバイス」には変わりありません(笑)

衣類やおもちゃなども、特に初めてのお子さんであればなお更、パパやママがあれこれ買ってあげたい、またはおじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれる、などたくさんあると思います。

お洋服は購入最少、お下がりを最大に

しかし、お洋服も最終的に箪笥の肥やしになる事が多いのです。

そうなるのは大人だけではありません・・・赤ちゃんは特にそうなりがちです。

なので、「これはっ!」な品を購入するようにし、成長に合わせて買い足してあげるようにするのが賢い方法かと思います。

同時にポイントでもある「お友達」、登場です。

赤ちゃん含めて子供たちは汚したりなんやらかんやら多いのです。

でも可愛いものを身につけさせてあげたい・・・気持ち、分かります。

そんな時にはお友達のお下がりをお願いしておきましょう!

事前にお願いしておくと、お友達もちゃんと残しておいてくれるでしょう。

我が家の下の子の話にはなってしまうのですが、ほとんどお友達たちからのお下がりです(笑)

しかもどれもこれも新品のようなお洋服ばかりです。

たくさん洋服を持っていても、着るのは大抵決まったもの。

だからほとんどの物は新品のようなコンディションなのです。

年齢が少し先を行くお子さんをお持ちのお友達たちに声をかけておく、これは賢い方法の鉄則のひとつとも言えるでしょう。

かさばる物はギリギリまで検討して

これは我が家の体験談ですが、お題目は「おまる」。

必要だとどこかで洗脳を受けたのでリストに載せていましたが・・・結論、「買うんじゃなかった」でした。

お子さんの性格や成長の様子を見ながら、おまるが必要なのかそれとも直接トイレで子供用便座でトイレトレーニングをさせるかを判断するべきでした。

かさばる物はのちに不要だったと分かると、妙に忌々しく思えてきます(笑)

そして無駄な買い物をした後悔の念が強くなります。

消耗品ならまだしも、かさばる物は本当に必要かを熟考してから購入するようにしましょう。

いかがでしたか?

参考にしていただけたら嬉しいです。

個人的な体験も参考までに入れさせていただきましたが、せっかくの子育てのチャンス、賢く買い揃えて無駄なくお買い物をしてみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします