女性の健康

子宮脱とは?その原因と症状と治療法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女性の皆さん、子宮脱という疾患をご存知ですか?

聞いたことないという方もいらっしゃると思いますが、この疾患は軽いものを含めると決して珍しくない疾患なのだそうです。

今回は子宮脱について紹介します!



子宮脱ってなに?

子宮脱とは、骨盤内から膀胱、子宮、直腸などの臓器が膣から出てくる疾患で、骨盤臓器脱や性器脱とも呼ばれます。

子宮が本来の位置から下垂し、膣から外に出てしまうことを「子宮脱」、膣内に留まっていることを「子宮下垂」といいます。

症状の軽いものを含めると出産経験者の約半数に起こるとされ、特に更年期以降での発症が多いとされています。

命に関わることはないので、恥ずかしいなどの理由で受診しないケースが多いそうです。

原因は?

骨盤内にある子宮、膀胱、直腸を支える骨盤底筋群の筋力が弱まったり傷ついたりすることで起こります。

また、慢性的に腹筋に過度の力を加える状況が続くことや出産も原因となります。

なりやすい人って?

特に以下のような人はリスクが高いといわれています。

・長時間の立ち仕事をしている

・便秘で日頃から強くいきむ

・下腹部に力が入る仕事をしている


・3人以上の出産経験がある

・分娩に時間がかかった

・大きな赤ちゃんを出産した(3500g以上)

・肥満体質

・高齢出産

症状は?

子宮下垂か子宮脱かで症状は変わりますが、どちらにも共通して言える特徴は横になると楽になることです!

これは重力に関係しており、午前中は症状も軽く過ごしやすいことが多く、起き上がってから時間が経つにつれて重力により子宮が下がって来るので午後からは辛くなって来ます。

ここからは子宮下垂の場合と子宮脱の場合、それぞれの症状について紹介します。

子宮下垂の症状

最初は自覚症状がないことも多いそうですが、進行して来ると以下のような症状がみられます。

・膣内圧迫感や充満感

・下腹部が引きつった感じや疼痛

・腰痛

・腹圧性尿失禁

子宮脱の症状

子宮下垂が酷くなると子宮脱となり、以下のような症状がみられます。

・性器出血(炎症やただれを引き起こすため)

・股間の腫瘤感

・脱出感

・排尿排便障害

・歩行困難

・性交痛

・帯下



診断方法は?

超音波検査

超音波をあてて、お腹の中の画像を撮る方法と、膣の中に器具を入れ体の中から直接写す方法があります。膣エコーの方が綺麗で優れているそうです。

視診、触診

患部を直接目で見て、触れることにより診断します。

ガーゼパックテスト

子宮が落ちていない状態で尿漏れが起こるかどうかを調べます。

治療法は?

子宮が完全に外に出てしまっていたり、排尿障害などがあれば治療が必要となります。

主に子宮脱の程度や症状、年齢、持病の有無、本人の希望により治療法を選択することになります。治療の方法にはペッサリーを挿入する方法と、手術療法があります。

ペッサリー挿入

ペッサリーと呼ばれるドーナツ状の輪を膣の中に挿入し、下から支えて元の位置に固定する方法です。

おりものが増して異臭がすることや、膣粘膜が傷ついて出血することもあるので定期的な診察が必要となります。

手術療法

手術療法には2種類あります。

子宮全摘出

飛び出た子宮を切り取る方法で、下垂感が気にならなくなり、尿漏れ、排尿障害にも改善が期待できます。

メッシュ手術

子宮を温存出来るメッシュを用いた修復手術で、普及してきているそうです。

予防法はある?

適度な運動をし、産褥体操などを取り入れ骨盤底筋を鍛える体操を行うと効果的だそうです。運動をして健康的な生活をすることが一番の予防といえそうですね!

気になる症状があれば放置しないで!

命に関わることはないので、軽い症状であれば放っておく方もいるようですが、この子宮脱という疾患は放っておくとどんどん悪化していきます。

診断方法も、妊娠時やその他の疾患で産婦人科にかかるときと大差ありませんので、恥ずかしがらずに、おかしいなと思うことがあれば受診しましょう!

出産経験者の約半数に起こるとなると、本当に稀な疾患ではないことがわかります。自分の体に起こった変調に気づいたらなるべく早く受診して、対応していけると良いですね!


この記事を書いたママ

TOMY

4歳の女の子が一人います!子育てに日々奮闘中ですが、毎日を楽しく過ごせるようにと邁進しています。ウォーキングが日課です!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします