子供の健康・食事

【体験談】食の細い子の心配事、対策、現在

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

娘はとにかく食が細いタイプ。離乳食もあまり食べない方でした。



心配、対策、現在

そんな娘の育児で心配だったこと、気をつけていたこと、現在の様子についてまとめてみます。

心配だったこと

・離乳食を食べない、偏食

・痩せている

対策したこと

・栄養バランス

・朝食絶対主義

・おやつを利用

現在の様子

・痩せ型ではある

・身長は伸びている

・栄養状態は悪くない

食の心配

食の細さは離乳食時代から。

母乳は結構飲んでいたのに、一般食品はなにも食べませんでした。唯一食べ始めたのは、もやし。その後はしばらく偏食で、栄養バランスが心配でした。

もやしの栄養

スプラウトであるもやし。

栄養はありそうだけどどうなんだろう、と調べてみたところ、ビタミンC、食物繊維、アスパラギン酸、カリウムが含まれていることがわかりました。

大人には嬉しい栄養素ばかりですが、カルシウムやタンパク質、亜鉛などの成長に必要そうなものは含まれておらず、心配になったものでした。

その後もずっと少食

それでもだんだんと食べられるものが増え、一通りの食事をするようになりました。

しかし食は細いまま。三歳にっなっても、こどもの小さなお茶碗にうすく一杯もったご飯も半分くらいしか食べられず、お肉が苦手でほとんど食べませんでした。

痩せている

赤ちゃんの脚。それはむちむちの笹団子。・・・そう思っていた時代が私にもありました。娘の脚も腕も、むちむちとはほど遠いものでした。

洋服も・・・

二歳、三歳になってもウエストと丈のバランスがあわないほど細身で、ウエストゴム調節のついていないタイプのスカートはつめて着せたり、ヨーロッパ系の細身な作りのブランドを着せていました。

(輸入のものはデザインは良いものの、色落ち色移りするので、それも悩みでした。)

成長曲線は順調

とは言え、顔色は良く、発達も順調で、背が伸びているために体重も増えていたため、お医者様からは安心するように言われて、様子を見ました。

対策したこと

お医者様と相談したり、自分なりに調べて、このような対策をたてていました。

栄養バランス

少ない食事量でも、もしかしたら今現在の本人には充分なのかもしれない。そう思うことにして量はあきらめることにしました。注目したのは栄養のバランスです。なるべく多くの品目を摂るように心がけました。

栄養バランス、工夫したこと

しかしなにしろ食べる量が少ないので、おかずの品数を用意しても食べません。そこで、胡麻、しらす、くるみ、あおさ、小海老、かつお節をちらしたり、ちょい足しで品目を増やしました。

お肉が苦手なので、お麩・お豆腐・納豆を多くとるなど、置き換えも工夫しました。置き換えについては、マクロビオティック系の本が役に立ちます。



朝食絶対主義

少食だからこそ、効果的に食事をしたいというわけで、朝食を大切にしました。朝食をきちんと食べていると、集中力が増し、疲れにくくなります。

さらに、同じ体格のこどもたちのうち、炭水化物、タンパク質、脂質のバランス良い朝食を摂っていたこどもたちは、より体力が高かったという調査結果もあります。だから、朝食は絶対摂ることにしていました。

朝食、工夫したこと

朝は寝起きのため、なおさら食がすすみません。そこで完全食と言われるものを取り入れていました。小さなうちは、とりあえずバナナ。

他にも、卵、さつまいも、ヨーグルトが完全食として知られています。今は、具沢山のスープなど。前日夜に作っておいてもいいですし、手軽なミックスベジタブルなどを使用するのもおすすめです。

おやつを利用

食の細い子にとってはおやつも貴重な一食。おやつの時間を利用して、食事では摂りきれていなさそうな栄養を補うようにしていました。

たとえば、娘の場合は鉄分が不安だったのでプルーンのデザートを取り入れていました。お麩ラスクやお豆腐アイスを作って、タンパク質を補ったりしていました。

栄養バランスは長期的に見る

栄養バランスは一食で無理に整えなくても大丈夫だと、小児科の先生にうかがいました。一日通してなんとなくとれていればいいし、一週間でとれていてもいい。

おやつも利用して、長い目で栄養バランスを見ていくようにしていました。

現在の様子

これまで主に未就園~幼稚園くらいまでのの幼児時代について書いてきました。では現在はどうしているかというと、現在も少食、痩せ型です。

毎日のお弁当は小学校三年生にして350mlサイズ。それでも、成長や発達について特に問題はありません。

むしろ軽量を生かして、ボルダリングや乗馬に挑戦しています。少食なことは確かに心配です。

しかし無理に食べさせようと焦るより、健康上特に大きな問題が無ければ、少食も個性だと受け止めて良いと思います。心配なら内容を工夫すれば良いのです。

少食な娘を育ててきた私の感想です。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします