出産 妊娠後期

【大変】外出時に破水!どう対応する?臨月に常備しておくべきアイテムは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

臨月に入ったら、いつどのような事態が起きても早急かつ的確な対応ができるように準備を整えておかなければなりません。

そのひとつに、『破水』があります。突然起こる可能性は十分にある『破水』ですが、すべきことを予めて頭に入れておけば慌てる必要はありません。

今回は、外出先で破水してしまった場合にどう対応したら良いか、そして破水に対応するために日頃から常備しておいたら良いアイテムについてお話します。



破水した!真っ先にすることは!?

破水したらすべきことを、最優先順にご説明します。

まずは、産婦人科へ連絡を!

かかりつけの産婦人科へ電話連絡することが最優先です。

一緒にいる家族等ではなく、できるだけ本人が話をし、その時、そして前後の状況を正確に説明しましょう。

破水したからと言って、すぐに赤ちゃんが産まれるとは限りません。また、破水と命の危険は=ではありません。

まずはママが落ち着くことが大切です。

周囲の人に知らせる!

外出時、パパや両親、友人など、車を運転できる人が一緒だと安心ですね。

もし1人での外出であれば、1人で対処しようとせず、周囲の手を借りましょう。破水は恥ずかしいことではありません。

マタニティママであれば誰にでも起こりうること。尿漏れとは異なり、アンモニア臭もありません。

自分で車を運転したり徒歩やバス等で病院へ向かうことはしないでください。

激しく動くと羊水が出やすくなるため、必ずタクシーを呼んでもらい、ママは横になった状態で病院に向かいましょう。

ナプキンorタオルで対処!

破水の量が少なければ、一度トイレへ行って大きめのナプキンかタオルをあてておくと安心です。

ただし、トイレに行ってもウォッシュレットは使わないでください。

卵膜が破れているため、感染症にかかりやすい状態であることを忘れないでくださいね。

車の揺れで破水が進むこともありますので、車内では大き目のタオルで腰周りを覆っておくと良いでしょう。

もしもために!常備すべきアイテム

外出時に破水が起こることを想定し、臨月になったら次の物は必ず持ち歩いてください。

緊急連絡先…かかりつけの産婦人科

破水したら、まずはかかりつけの産婦人科に連絡できるよう、電話番号は常備してください。

自分で電話をかけられない状態になるかもしれません。

スマホ等に登録しておくだけでなく、周囲の誰が見てもわかるように、メモにするか母子手帳に記載しておくと安心です。

さらに、病院へ向かうために必要な住所も同じく記載しておきましょう。

緊急連絡先…家族の連絡先等

1人での外出時に破水してしまったら、病院と同時に家族へも連絡をする必要があります。

夫、両親など、連絡してほしい人の電話番号や勤務先を記載したメモを持ち歩きましょう。

さらに、既に幼稚園や保育園へ通っている子供がいる場合は、お迎え時間の変更等の連絡もできるようにしておくと良いでしょう。

緊急連絡先…陣痛タクシーの番号

最近は陣痛タクシーを利用されるママも多いですね。

事前に登録しておけば、いざ破水が起きても、その事態に的確な対応をしてくれるタクシーです。

通常のタクシーと異なる点は、運転手が緊急時に対応した講習を受けていること。

さらに、破水に対応した防水シートやタオルも完備されています。

この点についても、自分でかけられない場合を想定してメモに記載しておくと良いでしょう。

母子手帳・健康保険証・診察券

破水するとそのまま病院へ向かい、入院、そして出産となります。母子手帳と健康保険証、診察券はセットにして、必ず常備してくださいね。

ナプキン・下着・タオル

夜用の大きめナプキンを必ず1つは持ち歩きましょう。

また、タオルは最低フェイスタオルサイズのものを1~2枚持ち歩くようにしましょう。

下着は取り換える余裕がないかもしれませんが、持ち歩いた方が安心です。



臨月に入ったら絶対必要な心得

臨月に入ったら、何時、何処で何が起きるかわからないと考えておきましょう。

穏かに出産を迎えるためには、日頃から心得ておいた方が良い事項がいくつかあります。臨月ママはぜひ読んでくださいね。

外出はできるだけ控えて!

臨月は、できるだけ緊急時に早急な対応ができる自宅にいる方が安心です。

予定日までまだ日数があっても、臨月はいつ陣痛が起きるか、破水するかは予測できません。

長時間のショッピングや旅行は控え、自宅の近くでどうしても必要な外出やお散歩程度に留めておきましょう。

また、破水したらすぐに病院に行くことためにも、遠出も避けてください。

誰かと行動しましょう。

1人で行動することは避けた方が無難です。破水したときに誰かの手助けが必要になる場合もあります。

どうしても外出する必要があるときは、家族や両親等、信頼できる人に付き添ってもらうことが出来ると良いですね。

人混みは避けましょう。

デパート等、人が大勢集まる場所へ出かけることは避けた方が良いでしょう。

破水は恥ずかしいことではないと言っても、大勢の人の前で破水すると、どうしても人目を気にして慌ててしまうものです。

また、混雑する中で人とぶつかったり、走り回る小さな子供も臨月のママには危険です。注意してくださいね。

「もしも」の場面は家族全員が想定して!

破水したらどのような対処が必要か、ママだけが把握しているのではなく、家族全員で考えて心得ておきましょう。

破水してすぐに陣痛が起きることもあります。家族全員で「もしも」の場合を想定しておけば、より早急に対応することができるでしょう。

リラックスして過ごすことが大切!

臨月は不安になりがちな時期ですが、リラックスして過ごすことはとても大切です。そのためにも、準備は整えておきましょう。

準備をしっかり整えて!

臨月は、「まだかな…」とドキドキしたり、「もしかして…」と焦ることも多い時期ですね。

破水も陣痛もいつ、どこで起きるかわかりません。しかし、不安な気持ちを抱えたままでいると、難産や早産を引き起こしかねません。

気持ちをリラックスさせるためには、準備をしっかり整えておくことが必要です。元気な赤ちゃんとの対面を楽しみに、穏かな臨月を過ごしてくださいね。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします