子供の健康・食事 料理・レシピ

弁当作りが簡単に!冷凍保存できる作り置きおかずレシピ7つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供のお弁当はとっても小さく可愛らしいですよね。

けれど、栄養バランスを考えて彩り良く仕上げ用と思えば、手間や時間は大人のお弁当と変わりません。

幼いうちは、味が濃く添加物の多い冷凍食品や市販のお惣菜は避け、手作りしてあげたいものですよね。

ここでは、子供のお弁当にとっても便利な、自家製冷凍おかずの作り方をご紹介します!



野菜ロールとんかつ

とんかつを入れるだけで茶色いお弁当になるイメージがありますが、ほんの少しの工夫で彩りがとてもきれいなお弁当になります!

材料と作り方

    豚の薄切り肉(作りたい分量)に塩コショウを振ります。茹でた人参やいんげんを、肉で巻きます。

    巻いたら手でギュッとしっかり握れば途中で剥がれることはありません。小麦粉→水溶き小麦粉→パン粉の順にまぶし付け、170度の油できつね色になるまで揚げます。

    冷ましてから一口サイズに切り分け、1回分ずつラップに包んで冷凍します。

鶏肉の磯辺揚げ

青のりの香りが、いつもの唐揚げとは一風変わった唐揚げです。

材料と作り方

    一口大に切った鶏もも肉(200g)に、塩コショウ(少々)、すり下ろした生姜(小さじ1~2)、醤油(小さじ1)、砂糖(小さじ1)、酒(大さじ1)を揉み込みます。

    10分ほど置いて味を馴染ませます。青のりと片栗粉(各適量)を加えて揉みます。

    片栗粉が汁気を吸って、汁がトロッとするくらいが目安量ですが、お好みで多めに入れても大丈夫です。

    170度の油できつね色に揚げ、冷ましてから冷凍しましょう。

具入りちくわの天ぷら

お弁当に納豆なんて臭いは大丈夫!?と感じるかもしれませんね。でも、納豆は加熱すると臭いが減ります。とっても美味しい一品です!

材料と作り方

    ちくわ(4~5本)を半分に切ります。切り口の穴から納豆・ツナ・チーズなど、お好みの具を詰め込みます。

    表面に小麦粉をまぶし、水溶き小麦粉をつけて170度の油でさっと揚げます。ちくわが膨らんできたら取り出してください。

    冷めたらさらに半分のサイズに切り、1回分ずつをラップに包んで冷凍します。

鮭のチーズ入りハンバーグ

いつもお肉ばかりではなく、お魚も入れて味や見た目に変化を付けましょう。

材料と作り方

    鮭の切り身(1切れ)は皮と骨を取り除き、包丁でたたきます。

    みじん切りの玉ねぎ(ひとかけ)はみじん切りにし、ラップをかけずレンジで2分加熱します。

    冷ました玉ねぎと鮭、卵黄(1個分)、パン粉(大さじ1と1/2)を混ぜ合わせ、よく捏ねます。

    フライパンに薄く油をひき、食べやすい大きさに平らに丸めて、両面に焼き色を付けます。弱火で蓋をして中までしっかり火を通します。

    焼きあがったら冷まし、1切れずつラップにぴったりと包んで冷凍しましょう。

ホタテのグラタン

花形のアルミカップに作るグラタン。華やかなお弁当になります!

材料と作り方

    フライパンにバター(小さじ1~2)を溶かし、弱火で薄切りにした玉ねぎ(1/2個)を炒めます。

    鶏肉やホタテの貝柱など、好きな具(適量)を入れ混ぜたら、薄力粉(大さじ3)を全体にふりかけ、木べらで全体をざっと混ぜます。

    粉っぽさが残っている状態で、牛乳(200cc)を一気に加えます。下の方が焦げ付かないようにひと混ぜし、蓋をして弱火にかけます。

    縁がフツフツしてきたら蓋を開け、全体がとろっとなるまで混ぜながら加熱します。

    程よいとろみがついたら塩コショウで味を付けて完成です!

    花形のアルミカップに1回分ずつを入れ、上にとろけるチーズを乗せて冷凍してください。

    お弁当に入れるときは、一度冷凍のままオーブントースターで焼きます。5~7分、表面に焦げ色がついたらOKです。

具は色々お試しください!

色良く仕上げたいときは、チーズと一緒にミックスベジタブルを入れたり、しっかり食べてほしいときはマカロニにする、秋冬はかぼちゃを入れるなど、具は色々なものにアレンジできます。



鶏ムネ肉でジューシーハム!

市販のハムは添加物が豊富!安い鶏ムネ肉を使って、簡単に手作りできるレシピをご紹介します。

材料と作り方

    鶏ムネ肉(1枚)は観音開きにします。裏表全体に砂糖(大さじ1)をまぶし付けます。

    5分くらい置いて馴染ませたら、塩(小さじ1)をまぶし付けます。袋に入れて密封し、半日~1日冷蔵庫に入れておきます。

    袋から取り出した鶏ムネ肉をくるくると巻き、ラップでぴったり包みます。さらにもう1枚のラップで二重に包み、タコ糸で縛ります。

    鍋にかぶるくらいのお湯を沸かし、鶏肉を入れます。入れたら蓋をして火を止めます。そのまま冷めるまで置いておきましょう。

    冷めたら鶏肉を取り出し、冷蔵庫で冷やしてから1cmに切り分けます。1回分ずつ小分けにしてラップに包んで冷凍してください。

カラフルな厚焼き玉子

厚焼き玉子は冷凍しておけば自然解凍で食べることができます!

材料と作り方

    卵(2個)、砂糖(小さじ1)と顆粒だし(少々)、醤油(ひとまわし)をよく混ぜ、ミックスベジタブル(適量)を加え混ぜます。

    エッグパンを使い、弱火でじっくり加熱しながら厚焼き卵を焼きましょう。

    冷ましてから切り分け、1切れずつラップに包んで冷凍します。

冷凍保存はお弁当作りの時短に大活躍!

冷凍おかずを使って、忙しい朝でも立派なお弁当を作りましょう!

メインおかずはしっかり!サブおかずは簡単に!

小さなお弁当でも、きちんと手作りしようと思えばとても手間がかかります。

今回はメインとなるおかずレシピをご紹介しました。

グラタン以外は自然解凍で食べることができるので、冷凍のまま一品入れるだけでベースは完成!

あとはミニトマトやひと口チーズ、茹でたブロッコリー等を彩り良く入れれば、栄養のバランスも良い立派な手作りのお弁当が完成します!ぜひ活用してくださいね。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします