子供の健康・食事

赤ちゃんがRSウイルスに感染!原因と症状と対処法!大人にはうつる?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

秋くらいになって来るとチラホラと聞くようになるRSウイルス

咳や鼻水など風邪のような症状が出るイメージを持つ方も多いと思いますが、それだけでなく、実は赤ちゃんが罹ると怖い病気なんです。

今回はRSウイルスについて紹介していきたいと思います。



RSウイルスって何?

乳幼児に多い代表的な呼吸器感染症です。

秋から流行り始め冬季に流行し、インフルエンザが流行るとRSウイルスは減る傾向にあるそうです。

半数以上が1歳までに、100%が2歳までに感染し、再感染を繰り返すといわれています。

初感染では症状も重く出たり、肺炎や気管支炎になったりと重症化することが多いのですが、再感染では症状も軽くなっていきます。

幼児期では発症は多くなりますが、軽く済む為風邪なのかRSウイルスなのかは検査をしてみないとわからないケースも多々あります。

母体からの免疫もRSウイルスには無効なので月齢に関わらず感染し、特に1歳未満では重症化しやすいといわれており、インフルエンザよりも死亡率が高いそうなので特に注意が必要です!

ワクチンはある?

ハイリスクとされる子どもにおいて予防薬はありますが、条件に当てはまらないと使用出来ません。

有効な予防法は?

マスク、手洗い、うがいはどの感染症にも効果的であるといえますが、それに加えてアルコール消毒も有効です。

お家の中に患者がいる場合には、ドアノブや電気のスイッチなどよく触る場所や、患者が小さい場合にはよく触るおもちゃや舐めるおもちゃなどはしっかり消毒しましょう!

症状は?

・鼻水

・咳

・発熱

重症化したら

・酷い咳

・喘息のようなゼーゼーした呼吸

・呼吸困難

上記のような症状が見られます。そのような症状が見られた場合にはすぐに受診しましょう!



潜伏期間は?

2~8日(特に4~6日が多い)の潜伏期間を経て発症し、数日~一週間で軽快します。

また、症状が軽快しても7~21日は菌を排出しているそうです。

重症化したらどうなるの?

3割程度が気管支炎や細気管支炎を発症するといわれているので、咳の増強、喘鳴、多呼吸に注意し、そのような症状が現れた場合には受診しましょう。

1~3%が重症化し入院するといわれており、心肺に基礎疾患を持っている子どもは重症化しやすく、また、生後1ヶ月未満では突然死に繋がる無呼吸発作が起きる恐れもあるので注意が必要です。

原因は?

RSウイルスに感染することで起こります。

感染経路は接触感染と飛沫感染で、RSウイルスは汚染されたカウンターで6時間、手についた菌は0.5時間生きるといわれています。

対処法は?

ウイルスによるものなので症状に合わせて薬を処方し、症状を和らげる対症療法になります。

熱→解熱剤

呼吸器症状→鎮咳去痰薬、気管支拡張剤

上記の薬が主に使用されます。

また、脱水症状の予防や、痰を出しやすくする為に水分補給を欠かさないようにしましょう!

大人はうつる?

RSウイルスは、大人にも感染します!

しかし、大人は風邪のような軽症でRSウイルスとは気付かないこともよくあります。

なので、小さい赤ちゃんに気付かず移してしまうこともあるのでお家に小さな赤ちゃんがいる場合や赤ちゃんに会う機会がある場合などには特に注意が必要な為、大人の理解が必要です。

所詮風邪だとあなどらないで!

実際に病院で検査を受けるまでは症状からも、ただの風邪だと思うことも多いことと思います。

しかし、大人や幼児には大したことはなくても、小さい赤ちゃんに接触する機会がある場合には移らないように気を付ける必要があります。

また、小さい赤ちゃんを子育て中のママは、重症化や突然死に繋がる無呼吸など不安な点が多いこの病気ですが症状や受診が必要なポイントなど気を付けて状態を観察しましょう。


この記事を書いたママ

TOMY

4歳の女の子が一人います!子育てに日々奮闘中ですが、毎日を楽しく過ごせるようにと邁進しています。ウォーキングが日課です!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします