出産

本陣痛とは?本陣痛の前兆6つと前駆陣痛との違いについて

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

出産が近づくと気になるのはやはり陣痛のことではないでしょうか?

私は32週で陣痛がいきなり来てしまったので心の準備もないままに帝王切開で出産しました。

もっと出産前にいろいろ陣痛のことを知っておきたかったな…と思ったので、今回いろいろ調べてこれから出産を控えるママの皆さんに「陣痛」ことについて紹介したいなと思います。



本陣痛とは?

正式には分娩陣痛と言います。子宮の筋肉が収縮して赤ちゃんを押し出そうとするものです。本陣痛は3段階に分かれています。

第一期

これは赤ちゃんの出産に備えて子宮口が広がり始めるものです。

第二期

赤ちゃんを押し出し始めるものです。3つの段階の中でいきんだりするのがこの第二期で一番痛みが強いのがこのときです。

第三期

これは赤ちゃんを分娩後に胎盤などを排出するためのものです。

本陣痛の始まり

本陣痛には前兆があることがあります。感じる感じないは個人差がありますが、いくつか紹介します。

本陣痛の前兆1、おしるしがある

おしるし自体を経験される妊婦さんは半数ということで、私はありませんでした。が、おしるしがあると陣痛までは数日から長い人で一週間くらいだそうです。

もしピンク色の血の混じったおりものが出てきたらそろそろ出産は近いということになります。

本陣痛の前兆2、破水する

陣痛がきてから破水すると聞いているかもしれませんが、陣痛の前にいきなり破水する「前期破水」をされるかたも2割から3割います。

異常ではなく37週から41週の正産期ならいつ破水してもおかしくないそうです。破水してから陣痛が来るまでには個人差がありますが、大体4から5時間、遅くとも翌日には陣痛がくるそうです。

しかし胎児やママに細菌が感染してしまうリスクがあるので陣痛が起きない場合は陣痛促進剤を使うこともあります。

【関連記事】
全妊婦の5~15%が発症する前期破水とは?37週以前なら命も危険!尿漏れとの違いは?発症したらすぐに病院へ

本陣痛の前兆3、前駆陣痛がある

臨月になると下腹部が痛むことがあります。前駆陣痛は感じない人もいますが1ヶ月前くらいから感じる人がいます。陣痛の予行練習のようなものです。

【関連記事】
前駆陣痛と胎動の違いは?

前駆陣痛とは?34週でも起こる?症状や特徴は?痛みの場所は?

本陣痛の前兆4、お腹の張りがある

お腹の張りは本格的な陣痛が始まる前兆です。強く張りを感じたときはゆっくり横になって無理をしないようにしましょう。

症状5、お腹のふくらみの位置が下がる

赤ちゃんが分娩の準備で下のほうに下がります。なので胃の辺りの圧迫がなくなり、食欲がでることがあります。沢山食べられるようになると陣痛が始まる前兆と言われています。

本陣痛の前兆5、胎動の回数が減る

赤ちゃんが下がってきて骨盤の中に納まるとお腹の中を動き回れないので胎動が少なくなります。しかし、まったくないということはまずないので1日胎動を感じない場合は病院に行きましょう。



本陣痛の前兆6、下痢や便秘になる

赤ちゃんが下に下がってくると腸が圧迫されて物理的に便の排出を妨げることがあります。逆にホルモンバランスの変化で下痢になる人もいます。

普段の便やお腹の調子と比較しながら判断してみてください。

本陣痛の前兆7、腰痛になる

骨盤に赤ちゃんが納まると負担が大きくなり、腰痛を引き起こすことがあります。妊娠生活中に腰痛を感じなかった人もこの時期だけ感じる場合があります。

前駆陣痛と本陣痛の違いとは?

前駆陣痛と本陣痛の違いをしって出産に備えましょう。

前駆陣痛の特徴

前駆陣痛は不規則な痛みで安定せず、強く感じたり、弱くなったりします。他にも不快感や圧迫感があり、前駆陣痛は体勢を変えると収まります。

本陣痛の特徴

お腹の痛みが規則的で痛みの間隔が徐々に短くなっていき、それに比例して痛みも強くなっていきます。

その痛みは少しずつお腹全体に広がっていき、体勢を変えても痛みはなかなか治まりません。本格的な陣痛は、陣痛と陣痛の間がだいたい10分から15分で規則的です。

二つの陣痛の大きな違いは規則性ということがわかりました。もし前兆があり痛みがきた場合には時計をみたりして痛みの規則性があるのかを確かめましょう。

今は陣痛計測アプリなどもあるのでそういったものを使ってみるのもいいかもしれません。

出産は個人差がある

いかがでしたか?

私はまったくなんの前兆もなく急に破水し陣痛がきました。出産は本当に個人差があります。

でもいろいろな知識を勉強しておくことで自分の体の変化や前兆を知り、慌てずに対処できるといいなと思いました。

これを読んでいる方、臨月を迎えて出産に向けドキドキわくわくされているかと思います。あと少しです!リラックスして無理のないように残りの妊婦生活を楽しんでくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします