生後0ヵ月~12ヵ月

離乳食初期の目安量や増やし方、進め方を先輩ママが教えます

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

新米ママにとって、子育て全般においてすべてが初めてのことですよね。

疑問や不安もあるでしょう。今回は、生後5~6カ月で始まる離乳食について、初期に与える量の目安や、その後どのように増やして行くべきか、経験を元にお話ししたいと思います。



生後5~6カ月

スタートしてから1カ月は食べるよりも、慣れることに重点を置きましょう。

栄養の中心は母乳(ミルク)です

スタート時の離乳食とは、胃の中に入れて栄養を摂るためではありません。栄養は、まだまだ母乳やミルクからが主です。

今後進んで行く離乳食に慣れるためだと考え、まずはスプーンを口に当てるだけという気持ちで始めましょう。

10倍粥を一口

10倍粥を小さなスプーンに1杯程度からスタートします。最初は口に含まなくても大丈夫です。

欲しがれば2口、3口と増やして1週間程度、様子を見てみましょう。

野菜ペーストをプラス

2週目以降は10倍粥を大匙2程度から徐々に大匙5くらいまで増やして行きます。

野菜を小さじ1くらい混ぜてみてください。消化に良い野菜をペースト状にして混ぜてみましょう。にんじんやかぼちゃ等、甘味のある野菜が食べやすいかもしれません。

生後7~8カ月

モグモグ期は、1日2回に増やすのが基本ですが、無理はしなくて大丈夫!

7倍粥に移行

7倍くらいのお粥に移行します。一気にではなく、徐々に硬さを調節しましょう。

量はお粥に野菜や白身魚を加えた物で、子供茶碗に半分くらいが目安です。

8カ月の後半にこのくらいの量になるよう、徐々に増やして行きましょう。

おかずやデザートもプラス

お粥とは別に、豆腐やお魚などの“おかず”を大匙1~2くらい、追加しても良いです。

食べやすいゼリーや、摩りおろしたり、潰した果物も良いですね。



生後9カ月~11カ月

カミカミ期は様子を見て3回に増やしましょう。

5倍粥に移行

お粥は5倍粥に移行します。子供茶碗に1杯くらいが目安です。

よく動いて消化の良い赤ちゃんであれば、足りない!もっと食べたい!と言う事もあるでしょう。

まだ母乳を飲む時期ですので、ご飯は食べ過ぎないようにし、足りない分を母乳で補うようにすると良いですね。

おかずの品数も増やします

お粥とは別に、おかずを2~3品用意してみましょう。それぞれ大匙2~3ずつで充分です。

お魚や豆腐、そして野菜の2品、欲しがるようであれば果物等のデザートを用意してあげてください。デザートもおかずと同じく大匙2~3程度が良いでしょう。

生後12カ月~18カ月

パクパク期は、離乳食完了期です。

柔らかめのご飯

柔らか目のご飯を子供茶碗に1杯程度が適量です。よく食べたがる子どもであれば、1杯強くらいに増やしても良いです。

おかずは低刺激の柔らかめを!

おかずも2~3品用意しましょう。大人とほぼ同じ物を用意しても良いですが、刺激の強い香辛料や味の濃い物は避けましょう。

また、硬い物であれば子供用に少し柔らかくしてあげると消化にも良いです。

お菓子の量は?!

成長するにつれ、食事の内容が濃くなると共に“お菓子”にも興味を抱き始めます。

特に、甘いお菓子や味の濃いお菓子は、一度食べると癖になりやすく、必要な食事の量にも影響します。

遊びに夢中にさせてできるだけ避けるか、消化に良い物を少量にする等、内容を考えることが望ましいですね。

食べるとしたら赤ちゃんせんべいを1~2枚程度で充分です。

無理は禁物です

食が細い、遊んでばかりいてなかなか食べてくれない・・・等と悩むママも多いでしょう。無理して食べさせたり、叱る事はしないように気を付けましょう。

食事を楽しむことを教える時期だと捉えてください。食事から栄養を摂るのは母乳(ミルク)を卒業してからだと割り切ることも大切です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします