1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び

大人も思わず感動してしまう絵本8選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供を持つようになり、様々な絵本を読み聞かせている中で、親の私も思わずぐっと感動してしまう絵本に出会うことがあります。

今回は大人も感動してしまう絵本をご紹介したいと思います。読み聞かせてるママも楽しめちゃうので一石二鳥ですよ!



ちょっとだけ 滝村有子/鈴木永子


¥ 972
アマゾンボタン

「ちょっとだけ」「ちょっとだけ」成長していくなっちゃんの健気な様子がぐっと来てしまう絵本です。我が家では頂き物の絵本だったのですが、内容を知らずに子供に読み聞かせていた私は、思わず声を詰まらせてしまうほどでした。愛情がいっぱいの絵本です。

これからお母さんになる人にもおススメの1冊です。

りんごがひとつ ふくだすぐる


¥ 1,404
アマゾンボタン

たった一つしかないりんごを奪い去ったおさるさん。外の沢山の動物たちは怒り出し、おさるさんとの駆け引きが始まります。

ベースはとてもユーモラスで、絵もとても可愛らしく描かれているのですが、そのオチに思わずほろっとしてしまう絵本です。

お子さんの成長と共に感じ方が変わる素敵な優しい絵本です。

おまえうまそうだな 宮西達也


¥ 1,296
アマゾンボタン

宮西達也さんの絵本は何冊か読んだことがありますが、ユーモラスな中にも、愛情がきちんと描かれている様な気がします。そして、読み聞かせをしている「大人」にも大切な事を教えてくれます。この絵本もそんな一つではないでしょうか?相手を思いやる気持ち、愛情があふれてくる心が温かくなる絵本です。

八郎 斎藤隆介/滝平次郎


¥ 1,296
アマゾンボタン

秋田弁が少々難しいのですが、5~6歳位のお子さんには理解できる内容なのではないでしょうか?何の為に生きているのかをとても分かりやすく、感動的に描いている絵本です。大人は涙なくしては読めないのではないでしょうか?

子供だけではなく大人にとっても勇気を与えてくれるおススメの1冊です。



泣いた赤おに 浜田廣介/梶山俊夫


¥ 2,160
アマゾンボタン

同じお話で様々な人が描いている「泣いた赤おに」の中からこちらの絵本を選んでみました。人間と仲良くなりたい赤おに。でも、その「鬼」という風貌から恐れられてしまいます。そんな時に親友の青おにがとった行動で、赤おには様々な気持ちを知ることになるのです。思いやりの心や真心があふれ出す1冊です。

おこだでませんように くすのきしげのり/石井聖岳


¥ 1,620
アマゾンボタン

図書館で子供と一緒に読んでいるときに、思わずぐっときた絵本でした。子育てをしていると、子供の成長と共に感情的になり、大人が子供の気持ちを良く考えずに叱ってしまうことがあります。

目に見えるもので判断しがちになるからなのでしょう。でも、子供の本当の心の中にはこんな感情があるのだとはっとさせられました。この絵本で子供の心を覗いてみませんか?

100万回生きたねこ 佐野洋子


¥ 1,512
アマゾンボタン

この絵本は、是非、大人と子供一緒に読んで欲しい絵本です。愛するということは、痛くて辛くて尊くて幸せで、そんな様々な気持ちがあるということを絵本という形で見せてくれます。子供の心の成長と共に、絵本の感じ方も変わってくるであろう、長く愛される1冊です。

ねぼすけスーザときいろいリボン 広野多珂子

nebosukes2014-2

子供の幼稚園で定期購読していた絵本の中の1冊でしたが、とても感動的で温かい絵本です。スーザには両親がいません。マリアおばさんというおばさんと一緒に住んでいます。

ある日、近所のマヌエルのおうちに赤ちゃんが生まれます。スーザはそのことで両親のことを少し知ることになります。「命」について描かれている一冊です。こちらの絵本は「ねぼすけスーザ」シリーズの完結になっているようです。

最後に

私が実際に手にとって、感動した絵本をご紹介しましたが、子供にはもちろんのこと、どの絵本も読み聞かせしている「大人」にいろいろ考えて欲しいなというメッセージがあふれているように思います。

子育てに煮詰まったら、これらの絵本を手にとってみるのはいかがでしょうか?


トップ画像出典: themominmemd.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします