1歳~3歳児

3歳までに個性の80%が完成!三つ子の魂百まで」は本当だった!その根拠と3歳までにやっておきたい教育

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「三つ子の魂百まで」という言葉は聞いたことありますよね。

幼いころに受けた教育によって形成された性質や性格は年をとっても変わらないという日本に古くから伝わることわざです。単なる迷信でしょと思っていませんか?



3歳までの教育が大切な根拠

人の成長において、生まれてから最初の3年間ほど急成長の時期はありません。

ほとんど目も見えず、自分で移動することすらできなかった赤ちゃんが、歩いたり走ったりできるようになり、言葉を理解し、意志を伝えられるようになります。

そしてこの時期に脳の発達に関係するニューロンの数がピークを迎え、3歳までに個性の要となる人格形成や言語能力も形成されて80%が完成してしまいます。

「性格形成の原点」とも言われ、最初の3年こそ子育てに力を入れましょう。

3歳までにやっておきたいこと

子供に笑顔でありがとう

ほんの少しのことでもいいんです。

落ちているものを拾ってくれたり、何かを持ってきてくれたりしたら、ニッコリ笑ってありがとうと言ってあげてください。幼児はまねをするのが上手です。

幼い時期に親からニッコリ笑ってありがとうを言われると自然とまねをするようになります。

そして「ありがとうが言える子」へと成長し、表情も笑顔もよくなります。

したい時にしたい事を

子供の求めるタイミングで、適切な手助けをしましょう。

親が先回りして新しい刺激を用意しすぎたり、手を出しすぎると、子供の自発性を育む機会を失ってしまいます。

自分でやると子供が決めたら、時間がかかっても、間違っていても、まずはじっと見守ってあげましょう。

子供が自由にできる空間を作る

子供の好奇心を伸ばすには、できるだけ自由な空間を与えましょう。

そうすることで積極性や意欲を育むことができます。しかし子供から目を離してもいい時間ではありません。

手足の運動神経はまだまだ未発達ですし、物事の分別もつきません。きちんと保護や監視をする必要があります。

一緒に体験し感動する

幼いうちは、見るもの触れるものすべてが新鮮で感動に満ちています。親が無関心だと、子供も興味を次第に失い、無関心になってしまいます。

様々なものを見せ、一緒に驚き、感動すると子供にいい刺激を与えられます。

基本的な生命欲求を満たす

お腹が空いているとき、お尻が濡れて気持ち悪いときなど基本的な欲求が満たされていない状態では次のステップに進もうとしません。抱っこしてほしいときも同じです。

親に触れているときが一番安心し、親から子へ愛情が伝わります。



ふれあいと遊び

五感で感じるすべてが大切な時期です。

赤ちゃんの近くで夫婦喧嘩をしたり、テレビやスマホに子守りを任せっきりにしたり、目を見て話をしなかったり・・・。

そんなひとつひとつが赤ちゃんの発達を阻んでしまうかもしれません。たくさんスキンシップをとって、一緒に遊んであげてください。

できるまで待つ

興味を持って取り組んでいるけど、なかなかうまくできない。そんな時ついつい手を出してしまいがちですよね。

でもそれでは成長に大切な達成感を味わうことができません。同様に「なんで?」「どうして?」に即答してしまうことも、子供の想像力を奪ってしまいます。

自分の力で考え、やり遂げる能力を育んであげましょう。

家族以外の人と触れ合う機会を

社会性やコミュニケーション能力は、実際の社会の中で育まれます。保育園などで同年齢の子供たちと遊んだり、公園などで近所の人たちと接したり、家族以外の大人の人と触れ合うことも大切です。

あっという間に過ぎてしまう乳幼児期を大切に

乳幼児期は愛情をたくさん注ぐ時期です。甘やかすのはいけませんが甘えさせるのはOKです。

子供が泣けば抱っこしてあげましょう。頑張ったときはたくさん褒めてあげましょう。つらいときはなぐさめてあげましょう。

子供には、親からの愛情を受けることほど幸せを感じることはありません。スキンシップをしたり、ほめられてりして、次第に成長します。

守られている安心感と自信で、新しいことへの挑戦意欲も湧いてきます。他の子と比べたりせず、個性を大切にし、親も子も一緒に学び成長していきましょう。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします