女性の健康

【不幸続き】不幸体質な女性の5つの特徴

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



人間は生まれた時から一生不平等?

「あの人はいつも幸せそうでいいな」

「私は不幸ばかり…」

「人生、不公平だわ…」

といつも思っている“不幸体質な女性”といつも幸せそうに過ごしている“幸せ体質な女性”とどこが異なると思いますか。

育った環境?スタイル?頭の良さ?それも生まれてから大人になるまでは確かに少しは影響するかもしれません。

けれど大人なって自分の人生を歩むようになったら誰でも幸せ体質になることができます。

不幸体質は一生変えることができない?

いいえ、体質改善をすれば変えることができます。

実はかつての私もかなりの不幸体質でした。

幸せになりたくて、幸せ体質の女性と不幸体質の私をいつも客観的に観察して比較していました。

そこで気付いたことは、生い立ちや容姿、学歴などは不幸体質にあまり関係ないということでした。



不幸体質な女性の特徴とは?

またいつも嫌なことに悩まされてイライラしていたり、落ち込んでいたりする不幸体質の女性には決まった特徴があるということに気付きました。

これだけは気をつけてほしい!不幸体質になる特徴5つをお伝えしたいと思います。

1.自分と他人を比べる

私たちはついつい周りの上手くいっている人と自分を比較して落ち込みがちです。

特に最近はSNSが流行し、周りの人の幸せが頻繁に目に入ってきます。

けれど誰でも幸せな時ばかりではないですし、長所だけでなく短所もあります。

すぐに人と自分を比較して落ち込んでしまう人は自分を肯定することが中々できません。

自分を肯定できないと嫉妬、怒り、哀しみの感情に支配されてしまいます。

2.“でも”“だって”が多い

不幸体質な女性は無意識に、会話の中で“でも”や“だって”を多用しています。

ひどいと口癖になっています。発した否定的な言葉は行動に影響し、更に引き寄せる出来事や人に影響を与えてしまいます。

3.見返りを過度に求める

自分ががんばったこと、人のために尽くしたことを認められ、感謝されることは誰でも嬉しいことですよね。

けれどはじめから「愛されたい」「評価されたい」という気持ちが行動の源になってしまうと、行動の過程で得られた幸せに気付くことができません。

幸せに気付けない上に、フラストレーションがたまります。

4.客観的になれない

他人の悩みや、当時は死にたくなるほど辛かった昔の悩みが、たいしたことないように思えることはありませんか。

また恵まれた環境にいる人が、そのことに気付かず愚痴ばかり言っていたらもったいないと思いませんか。

逆にいつも自分自身を主観的にとらえていると、冷静な判断ができず、小さいけどたくさんある幸せを見逃してしまいます。

5.人の嫌がることをする

普通は人に嫌われることを自らする人はいないと思いますが、不幸体質な女性は無意識にこれをしています。

たとえば

・自分さえ良ければ良いと思って行動している(人が見ていない時は平気でルール違反をする)

・自分の話ばかりをして人の話に耳を傾けようとしない

・人が傷つくことを平気で言う

など。万人に愛される必要はないですが、他人に対して思いやりの気持ちを持つ余裕がない人に一時的な幸せはやってきても不幸体質が変わることは難しいです。

世の中に100%幸せな人はいない

誰にでも悲しいこと、辛いこと、腹立たしいことが起きます。

自分の外で起きることは、コントロールすることが難しいものですが、起きた出来事に対して“自分がどうあるか”は自分の意思でコントロールできることです。

一見マイナスなことが起きても自分を成長させる糧にできるか、反対にマイナスの感情に支配されて振り回されてしまうかで人生の幸福度は大きく変わるはずです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします