出産

15胎の多胎妊娠!計69人の最多出産記録!驚きの世界の多胎事情をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

双子や三つ子は聞きますが、それ以上はなかなか聞かないし出会うことってかなり稀ではないかと思います。

双子でもすごい!と思うんですが、実は多胎のギネス記録があったりするんです!ご存知でしたか?

双子を産んだ私が世界の多胎事情を紹介したいと思います。



多胎の最大数記録は?

多胎妊娠の記録を調べてみました!

お腹の中にいた最大はなんと15胎

1971年、イタリアで十五胎が確認されました。妊娠四ヶ月のときに子宮摘出手術でわかったそうです。

出産には至っていません。10人の女の子と5人の男の子だったそうです。

排卵誘発剤を使っていたということです。

誘発剤を使っていたとしても15人は多すぎますね…ちょっと異常な気がします。

出産に至った最大は?

出産に至った最大は十胎です。出産はしたものの死産だったそうです。

詳しくは載っていなかったのですが、お腹の状態や母体は大丈夫だったんでしょうか…?

生存例を含むものの最大は?

出産した時点で一人でも生存していた最大の例は九胎でした。

1971年のオーストラリアで七人が生存した状態で誕生したそうです。

しかし一週間以内に全員亡くなってしまっています。

1999年にもマレーシアで九胎の出産記録がありましたが6時間以内に全員亡くなってしまったそうです。

今はNICUが整った病院が増えているのでもしこれが現在の日本で起こったら赤ちゃんたちは助かるんでしょうか?

どういう理由で多胎になったのかはわかりませんが、助からないかもしれないのなら人工的に沢山産もうとするのはどうなんでしょうね?複雑な気持ちになります。

出生時点で全員が生存していた最大は?

上記は何人か死産がありました。全員生存していた最大は八胎でした。

1998年のチュークさんの赤ちゃんは一人が一週間で亡くなってしまいましたが、残りの7人は成長中です。

2009年にはスルーマンさんに八つ子が産まれ、現在も全員成長中です。



一卵性での多胎最大は?

ここまで紹介したものは複数の卵子が受精して多胎になったものでした。

一つの受精卵が分裂してできた一卵性で最大を紹介します。

なんと五胎

詳しくは書いてありませんでしたが数例の五胎妊娠がありました。

生存しているのかなども分かりませんでした。

多胎をたくさん産んだ記録は?

多胎妊娠は妊娠の回数が増えると確率があがると言われています。

多胎児を最も沢山産んだ人を紹介します。

最多出産記録

18世紀のロシアの農民の妻が1725年から1765年にかけて27回出産され、その中で双子16組、三つ子7組、四つ子4組の合計69人もの子供を産んだ記録があります。

一人の女性が産んだ最多記録と、四つ子と双子の最多出産回数の記録保持者としてギネスブックに掲載されているそうです。

この方は出産した赤ちゃんがすべて多胎児です。単胎妊娠は一度もないそうです。

すごいですね。体質なんでしょうか?

双子を同時に二組?

アメリカでとんでもない確率の赤ちゃんが生まれたそうです。

一卵性の双子が二組!?

一般的には一卵性の双子が生まれる確率は240分の1。四つ子は1300万分の1といわれています。

しかし、アメリカで更に確率の低い、7000万分の1という確率で生まれた赤ちゃんがいました。

この赤ちゃんは初め医師から双子だといわれていたのですが、妊娠が進んでいくうちに四つ子を妊娠していることが分かったそうです。

しかも一卵性双子が二組!これはまずありえないことだそうです。

今までに前例がない記録としてギネスブックに掲載されることになりました。

いかがでしたか?世界は広し!さまざまな記録があることがわかりました。

日本では受精卵を大量に戻したりすることがまずないので八つ子には驚きました!

自然に妊娠することはすごいことで奇跡だ!と思いましたが、一気に受精卵を戻したりわざと排卵誘発剤を使って多胎妊娠する人はリスクを負って、赤ちゃんを危険にさらしてどうしたいのだろうと考えさせられました。

皆さんはどう感じたでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします