節約術

我が家の電力会社を選ぶ時代に!電力自由化ってどういうこと?みんなの疑問&選び方ポイント3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「電力自由化」

2016年4月1日から、いよいよスタートしました。

でも、実際のところ、何がどう自由になるのか、さっぱりわからない、というママもいるのではないでしょうか。

「もう自由化は始まってしまったけど、今からでも変えられる?」

「今のままでいたら損をしてしまうの?」

「でも、何をどう考えて決めたらいいのかわからない...」

そんなママのために、わかりやすく、電力自由化とはどういうことなのか解説し、あなたの家でどう選べばいいかをお伝えします!



ママが持っている電力自由化のギモン

ギモン①そもそも、電力自由化ってどういうこと?

あなたの家の電気は、今、どこの電力会社から供給されているでしょうか?

神奈川にお住いなら東京電力、大阪にお住いなら関西電力、といったように、今までは地域で電力を供給する管轄が分かれていました。

既にもう決められていたので、選ぶ余地もなかったのですが、自由化することによって、我が家の電力会社を「選ぶ自由」が生まれたのです。

2016年4月に、完全に電力が自由化され、自由競争がスタートしました。

携帯電話会社、旅行会社、鉄道会社と、この新しい市場に多種多様な企業が名乗りを上げているので、「えっ、どうしてこの会社が電気の宣伝?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

我が家では、ガス警報器の点検に来た地域のガス会社の人から、「電力自由化になるのでぜひ◯◯ガスに」と言われて、初めて「これからはガス会社も電気を扱うようになるんだ!」と知りました。

ギモン②今からでも変えられる?

大丈夫です。今からでも新しい電力会社に切り替えることができます。

自由化後の流れがあまり見えていない、自分でもよく理解できていないうちは、無理に切り替えず、じっくり検討してから切り替えるという選択肢もあるのです。

自由化直前の2016年3月の調査でも、切り替えるタイミングは、自由化後に半年から1年様子を見てからにする人が半数近くを占める、という結果が出ています。

【切り替えるタイミング】(単一回答)

70Graph

出典:価格.comリサーチ

このまま何もしなければ、今供給されている電力会社から料金が請求され、特に手続きは不要です。

ただ、各電力会社も、4月から新料金体系に移行しているので、自由化後どのような基準で電気料金が計算されているかは要チェックです。

ギモン③電気会社じゃないところを選んで、停電しない?

これが一番ママにとっては気になるところですよね。

安いのは嬉しいですが、安定して電気が使えず、停電が多くなるのは困りますから。

そんなことがあっては社会的な不安になるので、電力の安定供給は、政府が保障しています。

『どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。 』

出典:資源エネルギー庁 電力供給の仕組み

電力供給には、発電・送電・小売と3つの部門に分かれていて、今回は、私達が直接やり取りする小売部門での自由化がされることになります。

電力を供給する「送電網」というシステムは、すべての電力会社が共同で使用し、何かトラブルが発生した時には地域の電力会社が電力を融通するシステムがあるので、どこの会社を選んでも、電力の供給に差はない仕組みになっています。



あなたの家庭で電力を選ぶ時のポイント3つ

電力自由化について、おおよその流れはわかっていただけたでしょうか。

ではここから、気になる電力を選ぶ時のポイントをお伝えします。

ポイント①シュミレーションサイトで我が家の場合を比較

用意するのは、今までの電気料金の明細書。

1年分を全部とっておかなくても、直近のものが1つあれば、月別の使用料を計算し、年間使用料を予測してくれます。

また、明細がない場合は、支払った金額からも計算することができます。

価格.com 電気料金プランシュミレーション

電気の使用料や使用する時間帯は、家庭の人数やライフスタイルによって、それぞれ違います。

電気料金は、使用料や時間帯によってお得なプランを用意しているので、シュミレーションすることで、我が家の場合をしっかり把握するようにしましょう。

また、地域によって比較検討する会社が異なるので、お住まいの地域の料金比較表を見て、どんなプランが最適かを検討しましょう。

新電力比較サイト 電力会社の料金プラン比較表

ポイント②セット割をうまく利用

普段使用している携帯電話、通勤で使用している沿線、よく利用するガソリンスタンドなど、今使っている会社が電力地業に参入している場合、セットで支払うことによって割引などがあり、お得な場合もあります。

金額的なものではなく、ポイントが貯まるという形で還元しているところも。

ただし、気をつけておかなければならないのが、解約する時のリスクです。

携帯電話や光通信は、技術の進歩やプランの変更などが多く、将来的に違う携帯会社に乗り換えたくなる場合も出てきます。

そんな時、電気の方で長期契約をしていると、解約する時に手数料をとられる、ということが起きてしまうのです。

解約手数料の金額や、何年契約していれば解約手数料が不要になるかなど、条件は各社異なっているので、事前によく調べる必要があります。

ポイント③オール電化の場合は乗り換えを待って!

あなたの家がオール電化の場合、乗り換えには慎重になる必要があります。

というのも、現在の地域の電力会社のプランの方がかなり割安なため、新料金体系では逆に値上がりする場合が多くなっているのです。

新規参入している会社の中にも、オール電化プランを出しているところもありますが、まだ一部にとどまっているので、各社オール電化に対応したプランを発表するまで、今は乗り換えを待って動向をチェックしておきましょう。

電力自由化は節約の新たな選択肢!

何の疑問も持たずに毎月ただ決められた料金体系に乗っ取って電気料金を支払っていたところから、自由化になり、急に色々な選択肢が出てきたので、正直とまどってしまいますよね。

でも、家計を預かる主婦にとって、これまで節電するしか節約する方法がなかったところが、電力会社を選ぶことで、今よりも電気料金がお得になる選択肢が増えたのです。

これを節約する絶好のチャンスととらえて、積極的に電気料金を見直してみましょう!


この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします