家族の実話エピソード 結婚

涙なしには見れない…闘病中の母の病室での結婚式!2か月後亡くなった母からのサプライズに号泣

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

私にも娘がいます。もし、自分に何かあったら。

この実話のお母様のお気持ちは、いかばかりであったでしょうか。



とある、一組のカップル

とある一組のカップルが結婚準備を進めていました。

しかし、新婦の実母は癌を患い、入院することに。

この状況に、二人は挙式をあきらめようとしました。

出会いが運命を変える

一度はあきらめようとした二人でしたが、とある式場のウエディングプランナーとの出会いが運命を変えます。

式場のホームページで「病室での結婚式」を見た二人は、自分たちもできないか相談することにしたのです。

ウエディングプランナーは病院に出向き、交渉。

「新郎新婦と同じ気持ちで向き合って欲しい」

そう伝え、病室での結婚式が実現することになりました。

病室でのサプライズ・ウエディング

結婚式当日、病院スタッフはお母様をお散歩に誘いました。

その際に、お母様の身支度も整えてくださいました。

お母様の外出中に大慌てで病室の飾り付け。サプライズ・ウエディングだったのです。

カーテンを開いた瞬間・・・

ウエディングプランナーと打ち合わせをしながら、カーテンの奥でお母様の帰りを待つ二人。

やがて、お母様が戻り、カーテンを開くと・・・ウエディングドレスを着た新郎新婦の姿が。

「なんで・・・」の一言のあと、全てを理解したお母様の笑顔はすばらしいものでした。

四つの工夫

式は人前式。この病室での結婚式には、ウエディングプランナーによる四つの工夫がありました。

新郎との誓いの握手、新婦からの感謝の贈り物、お母様によるベールダウン、そして結婚証明書へのサイン。

わずか十分ほどの短い時間の結婚式。短いけれど、幸せの詰まった時間であったろうと思います。

一ヶ月後

幸せな十分間から一ヶ月後。お母様は亡くなりました。

こんな素敵な贈り物を遺して。



今度は母からのサプライズ

さらにその二ヶ月後。改めて執り行われたお二人の結婚式。

そこで上映されたのは、あの病室での結婚式後に撮影されたお母様のメッセージビデオでした。

今度はお母様からのサプライズです。

私は今、すごく幸せです

「淳志くん 望ちゃん 今日は本当にありがとう。

こんなに早くふたりの結婚式の姿が見られるなんて思ってもみなくて本当に嬉しいです。

ふたりは今後支え合って生きていくでしょうけど決してふたりだけじゃない。

周りの人が助けてくれるからいつでも甘えていいんだよ。

そういうときにいっぱい感謝して『ありがとう』という言葉が家庭のなかにあふれるようにしてください。
私は今、すごく幸せです。」

こうして、病室での結婚式は思いがけない贈り物を二人に遺してくれたのでした。

病室で結婚式はできるの?

病室での結婚式の事例は実は結構多いようです。ただし、病気によっては難しいこともあります。

急遽予定が変更になることもあります。

実績のある式場、プランナー、コーディネーターを探してみましょう。

病院から申し出たケースも

日本医師会のホームページには、こんな体験談も。病院から結婚式について申し出があったケースです。

「父が主役の結婚式」
http://www.med.or.jp/people/kokoro/31/01.html

最後に

お二人の幸せと、お母様のやすらかであることを、お祈りいたします。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします