出産 妊娠中期 妊娠後期

早産の原因と知っておきたい兆候について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠中のママは、無事に元気な赤ちゃんに会うために毎日身体に負担がかからないように気をつけて生活していると思いますが、それでも突然トラブルが起こってしまうことがあります。

実際に私も、妊婦検診で順調だと言われた数日後に突然破水し早産した経験があります。こうなる前に何か兆候が出ていたのかもしれませんが、私は気付くことができませんでした。

早産には何か兆候があるのか調べてみたので、妊娠中のママに参考にしていただけたら嬉しいです。



早産とは?

まずは早産について簡単に説明します。早産とは妊娠22週~37週未満に出産することで、早産の一歩手前の状態が切迫早産です。

早産の結果、生存できなかった場合は死産という扱いになります。なお、22週未満での分娩を流産といいます。

早産の原因は?

早産は以下のようなさまざまな原因があります。

○子宮頸管無力症

○子宮筋腫、子宮奇形

○前置胎盤

○細菌などによる感染症

○糖尿病や腎臓病の合併症

○羊水過多、羊水過少

○多胎妊娠

○高齢出産

○喫煙

○疲労、ストレス

○過去の早産経験

最近では妊娠中も働く女性が多くいるため、疲労性の切迫早産が増えているようです。

妊娠は病気ではないので心配しすぎる必要はないと思いますが、安定期に入ったからといって無理は絶対にしてはいけません。

早産に兆候はあるの?

自分ではわからずに妊婦検診で突然切迫早産と診断されることもあるようですが、兆候が現れている事もあります。

早く適切な処置を受けるためにも、こんな症状が出たら切迫早産を疑いましょう。

おなかの張り

おなかが頻繁に張ったり、安静にしてもおさまらない場合は切迫早産の状態かもしれません。

おなかが張るというのは、おなかがキュッと硬くなっている状態のことです。私はおなかの張りがイマイチよくわからず、すこしおなかが張っている状態でも気にしていませんでした。

おなかの張る感覚は、初めての妊娠だとわかりにくく、自分で判断しにくいものです。とくに便秘気味の方はわかりにくいので注意しましょう。

おなかの張りを見分ける方法としては、張った状態のおなかは立っても座っても硬くバレーボールのようにガチガチになります。

普段の柔らかい状態のおなかの硬さを把握しておくことも大切です。



出血がある

出産前に「おしるし」と呼ばれる出血がありますが、早い時期にそのような出血があると危険です。おりものに血が混ざる場合もあります。

少量の出血であれば心配ないこともありますが、トラブルの可能性もあるので注意しましょう。

下腹部痛や腰痛がある

安静にしていてもおさまらず痛みが強くなるときは子宮収縮が起こっている可能性があります。自分で判断せず、すぐに受診しましょう。

破水した

私の場合は破水して切迫早産がわかりました。まだ27週でしたので始めは尿もれかと思いましたが、いつまでもチョロチョロと流れ出てきて「まさか!」と思ってすぐに病院へ行ったらやはり破水でした。

破水すると出産につながるケースも多いですが、そのまま入院して抗生剤や張り止めの点滴をして少しでも長く赤ちゃんをおなかの中で育てられるように安静にします。

早期発見が大切です

切迫早産は早期発見が大切です。切迫早産になっても、適切な処置をして無事に元気な赤ちゃんを産んでいるママがはたくさんいます。

自覚症状がないまま早産になってしまうこともありますが、妊婦検診を受けていれば異常が見つかることもあります。

妊婦検診は順調で何もトラブルがなくても必ず受けるようにしましょう。そして、早産を予防するためにも、妊娠中は無理のない生活をして、しっかりとバランスの取れた食事と睡眠をとるようにしましょう。

身体を冷やすことも禁物です。少しでも早産の兆候がみられたら、すぐに病院を受診してくださいね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします