料理・レシピ 離乳食

離乳食後期の鯛レシピ5選!刺身の活用法は?冷凍保存の方法と保存期間の目安

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食も後期に入ると、多くの赤ちゃんが既にタンパク源となる食品を食べていると思います。中でも『鯛』を使っているご家庭は多いことでしょう。

加熱するとパサつきがちな鯛。初期~中期にかけては他の食材と合わせたり、とろみを付ける等で食べやすさを重要視することが大切ですが、後期に入ると噛む練習になるメニューや手づかみできる形にしてあげる等の工夫が必要になってきます。

ここでは、後期の赤ちゃんにおすすめのレシピと共に、冷凍保存のテクニック等もご紹介します!



後期におすすめ!鯛を使ったレシピ5選

後期で鯛を使う場合は、中期の後半と同じく15gを目安にしましょう。刺身なら1.5枚になります。

鯛入りじゃがいもパンケーキ

    【作り方】

  • じゃがいも(小1個)は皮を剥いてすり下ろします。

  • 鯛(15g)は耐熱容器に入れてラップをし、1分加熱したら細かく潰します。

  • 鯛とじゃが芋を混ぜ合わせ、テフロン加工のフライパンに一口大にスプーンで落とし、両面をこんがり焼いたら完成です!

鯛とトマトの卵とじ

    【作り方】

  • フライパンに薄くバター(少々)熱し、湯剥きして粗く刻んだトマト(30g)を炒めます。

  • 水分が出てくるので、水分を飛ばすようにしっかり炒めましょう。

  • 刻んだ鯛(15g)を加え、鯛に火が通るように加熱します。

  • 卵(1/2個)を回し入れ、完全に火が通ったら出来上がりです。

りんご寒天の鯛餡かけ

    【作り方】

  • りんご(1/8個)は5cm角に切り、ひたひたのお水と一緒に火にかけて柔らかく煮ます。

  • ところてん(10g)は細かく刻みます。

  • ところてんと、りんごの煮汁(大さじ3)を耐熱容器に入れ、レンジで1分30秒加熱します。

  • ところてんが溶けたら、よく混ぜて冷蔵庫で冷やし固めます。

  • 残っていればりんごの煮汁(大さじ3)、なければお湯を鍋で沸かし、鯛(15g)を入れて茹でます。

  • 鯛をほぐしながら加熱し、火が通ったら水溶き片栗粉(少々)で軽くとろみをつけます。

  • 餡をしっかり冷ましてから寒天にかけて完成です。

鯛とにんじんペーストのサンドイッチ

    【作り方】

  • サンドイッチ厚さの食パン(1枚)は耳を取り除き、十字に4等分します。

  • にんじん(10g)は茹でてすり潰します。

  • 鯛(15g)は茹でて粗く潰します。

  • それぞれ水分をしっかり拭き取ってから潰してください。

  • にんじんと鯛を混ぜ合わせ、切ったパンのうち2枚の中央に乗せ、もう2枚でサンドします。

  • パンの4片をフォークの背で押しつぶすようにしっかり押さえたら出来上がり!



鯛のふんわりつみれ

    【作り方】

  • 鯛(15g)とみじん切りの玉ねぎ(10g)、絹ごし豆腐(5g)、水でもどしたひじきのみじん切り(小さじ1/2)、片栗粉(5g)を合わせてすり潰します。

  • ブレンダーがあると便利です。

  • 食べやすい大きさに丸め、沸騰したお湯またはだし汁(100cc)で茹でたら出来上がり!

汁はスープとして一緒に飲んでも美味しいですし、お粥や他のおかずを作る際に活用するのもおすすめです!

刺身を活用した冷凍保存方法について

刺身になった鯛を購入したら、美味しさを保つために調理してから急速冷凍しましょう。

刺身の鮮度は落ちるのが早い!

1回に使う量が少ない離乳食の鯛。後期の目安量である1回分15gは、刺身にすると約1.5枚。計量する必要がないので、刺身で購入した方が便利です。

しかし、刺身は包丁で切った際に空気に触れる断面が大きいため、細菌の繁殖が早いというデメリットがあります。

加熱済みを冷凍すると安心です。

刺身は柵の状態でなければ冷凍には向きません。離乳食用に購入した刺身は、加熱したものを冷凍してください。

後期の赤ちゃんに与える魚は、ほぐしたりすり潰したり、切ったりと、メニューによって色々な使い方ができます。

そのため、形を崩さずに茹でて、1.5枚ずつをぴっちりラップに包んで冷凍すると便利です。包む前に水分をしっかり拭き取ってくださいね。

保存期間は1~2週間を目安に!

加熱殺菌したから生より安心と言っても、冷凍庫内に長期間置くと鮮度は落ちます。1~2週間を目安に食べきるようにしてください。また、解凍方法にも必ず加熱殺菌を選んでくださいね。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします