料理・レシピ 離乳食

離乳食中期の鯛レシピ5選!刺身の活用法は?冷凍保存の方法と保存期間の目安

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食に使って良いタンパク質源の中でも、アレルギーが比較的少ない『鯛』。

質の良いタンパクやビタミンを含み、脂肪の少なく消化にも良い魚ですので、初期にほんの少し与えてみて反応が出なければ、中期以降は大切な栄養源として取り入れて行きたいですね。

魚は肉類に比べると鮮度の落ちるスピードがとても速いものです。そのため、離乳食に使う際には、お刺身を購入すると良いでしょう。新鮮な鯛を使って美味しい離乳食を作ってあげてください!



中期におすすめ!鯛を使ったレシピ5選

鯛は加熱するとパサつくため、他の食材と合わせながら上手に使っていきましょう。

鯛入り煮込みあんかけうどん

    【作り方】

  • うどん(40g)はみじん切りにします。

  • だし汁(2/3カップ)とうどんを鍋に入れて火にかけます。

  • 沸騰したら弱火にし、うどんが軟らかくなるまで煮込みます。

  • 鯛(15g)を入れて最後に1分ほど加熱したら、水溶き片栗粉(少々)でとろみを付けて完成です!

鯛のオクラおろし和え

    【作り方】

  • 大根おろし(大さじ2)と同量の水を入れて弱火にかけます。

  • 水分量が大根の8割程度になったら、鯛(15g)を加えて粗く潰しながら加熱します。

  • オクラは柔らかく茹でてから縦半分に切り、種を取ってみじん切りにします。

  • 大根と鯛を煮たものにオクラを入れて和えたら出来上がりです。

鯛入り彩りお粥

    【作り方】

  • にんじんとキャベツのみじん切り(合わせて10g)、5~7mm角に切ったかぼちゃ(10g)を鍋に入れ、ひたひたのお湯で柔らかく煮ます。

  • かぼちゃが煮崩れる前に鯛(15g)を加えて粗く潰しながら火を通し、5倍粥(50g)を加えて混ぜ合わせたら完成です。

鯛のトマト蒸し

    【作り方】

  • 鯛(15g)、湯剥きしたトマト(10g)を耐熱容器に入れ、ラップをかけて1分30秒~2分加熱します。

  • 全体を潰すように混ぜ、粉チーズ(少々)を振りかけたら出来上がり!

鯛とほうれん草の豆乳とろみスープ

    【作り方】

  • ほうれん草の葉先(2~3枚)は下茹でしてみじん切りにします。

  • 鍋に水(100cc)、玉ねぎのみじん切り(20g)を入れて弱火にかけ、玉ねぎを軟らかく煮ます。

  • 刻んだほうれん草と豆乳(大さじ3)を加え、再び沸騰したら鯛(15g)を入れて潰しながら加熱します。

  • 水溶き片栗粉(少々)で軽くとろみを付けたら出来上がり!

離乳食には便利な刺身の活用法!

離乳食には、骨や皮のついていない刺身を活用すると便利です!



目安量は刺身を使うと簡単!

中期に入ったばかりの赤ちゃんでも、初期にまったく与えていない場合は最初に小さじ1くらいで試してみましょう。初期から続けている場合でも、中期前半のうちは10gが目安です。

10gとは、ちょうど刺身1枚になります。中期後半に入ると15gまで増やすことができますので、刺身なら1.5枚。このように、刺身を使うと量の調整もとても簡単です。

新鮮な刺身を使いましょう!

刺身で食べられる鯛は新鮮な証拠。中でも、スーパーで出回り始める時間帯に購入することが望ましいですね。

夕方になってドリップが出たり、値下げされたものは控え、できるだけ新鮮なうちに購入しましょう。

購入後は調理、多ければ冷凍というように一気に作業してしまうと、いつも新鮮な鯛を食べさせることができます。

美味しく食べる!上手な冷凍保存方法

刺身で買った鯛は、新鮮なうちに加熱しましょう。中期の赤ちゃんには、ほぐした状態で冷凍しておくと便利です!

水分をしっかり拭き取って!

刺身の鯛を冷凍する場合は、形のあるまま茹でます。茹で上がったものをキッチンペーパーで抑え、水分を拭き取りましょう。

その後に食べやすくほぐします。1回分ずつをぴっちりとラップに包み、保存袋に入れて密閉状態にして冷凍します。金属のバットに乗せて冷凍庫に入れると、急速に冷凍することができるため鮮度を逃さず、また栄養も保持できます。

解凍するときは、凍ったまま熱湯に入れるかレンジにかけ、加熱解凍して使います。

保存期間の目安は1~2週間!

上手に冷凍した鯛は日持ちしますが、それでも美味しさを逃さないために1~2週間で使い切るようにすることが望ましいでしょう。日にちを忘れないように、保存袋には冷凍日を記入しておきましょうね。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします