料理・レシピ 離乳食

離乳食初期の鯛レシピ5選!刺身の活用法は?冷凍保存の方法と保存期間の目安

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食初期の赤ちゃんに与える魚と言えば『鯛』!「たい」という名のつく魚は数多くありますが、離乳食に適するものは『真鯛』です。

真鯛は良質なタンパク質が豊富に含まれ、脂肪分が少ないという点で離乳食に向いています。特に、天然の真鯛は養殖ものに比べると脂肪分が半分!他にもビタミンやカルシウム、鉄分など、体に嬉しい栄養素を摂ることが、免疫力を高めてくれる効果があります!

ここでは、初期の赤ちゃんに与える真鯛を使ったレシピや、保存方法についてご説明します。



刺身が便利!6カ月から15gが目安!

栄養価が高く消化に良い鯛。他のタンパク源に比べると、可能性は低いとは言いますが、アレルギー反応を起こす赤ちゃんもいます。

最初は慎重にスタートさせましょう。

刺身ひと切れが目安です。

米粥や野菜からスタートする離乳食。慣れてきたらタンパク源となる鯛は小さじ1から始めましょう。新鮮な鯛を与えたいので、刺身を活用します。

ひと切れが約10gですので最初はその半分から。アレルギー反応が出なければ6カ月に入ってからひと切れを与えるようにします。

刺身は必ず加熱して!

いくら新鮮な鯛でも、生のまま与えることはできません。必ず加熱してください。初期の赤ちゃん用にはお湯で1分ほど茹でた後に、すり潰すことが必要となります。

ゴックンと飲み込めるよう、お粥に混ぜたり片栗粉でとろみを付けると良いでしょう。

初期におすすめ!鯛を使ったレシピ5選

初期の赤ちゃんにおすすめの、鯛レシピをご紹介します。

鯛のすり流し

    【作り方】

  • 鯛(10g)は茹でてすり潰します。

  • だし汁(50cc)と混ぜ合わせて火にかけ、沸騰したら水溶き片栗粉(少々)でとろみを付けたら出来上がり!

鯛のせ青菜粥

    【作り方】

  • 鯛(10g)は茹でてすり潰し、茹で汁(少々)を混ぜてペースト状にします。

  • 10倍粥(30g)を作る際に、みじん切りにしたほうれん草を加えてからすり潰します。

  • ほうれん草粥に鯛のペーストを乗せ、彩り良く盛り付けます。

かぶと鯛の磯辺和え

    【作り方】

  • かぶ(10g)は適当な大きさに切って茹でます。

  • 柔らかくなったところに鯛(10g)を加え、1分加熱します。

  • ザルにあげ、かぶと鯛をしっかりすり潰します。

  • 青のり(少々)を混ぜ、湯冷まし(少々)でとろとろの食べやすい状態にのばしたら出来上がりです。

鯛と野菜だしのペースト

    【作り方】

  • 人参やブロッコリーなどの野菜(適量)を、軟らかく茹でてミキサーにかけます。

  • 野菜10gを取り分け、鯛(10g)と野菜の茹で汁(小さじ1)を耐熱容器に入れ、ラップをかけてレンジで1分加熱します。

  • 鯛に火が通ったら裏ごしして完成です。



鯛のりんご餡

    【作り方】

  • 鯛(10g)は茹でてすり潰します。

  • りんご(10g)をすり下ろし、汁ごと鯛と混ぜて鍋に入れ、りんごが軟らかくなるまで弱火で煮ます。

  • 水溶き片栗粉(少々)でとろみを付けたら出来上がり。

鯛の冷凍保存法と冷凍できる期間は!?

たったのひと切れしか使わない鯛。冷凍保存を活用して、無駄なく使い切りましょう。

すぐに調理!すぐに冷凍!

購入してきたらすぐに調理することが大切です。お湯でしっかり茹で、身をすり潰して食べられる状態にします。

冷凍庫の中で空気に触れないよう、10gずつをぴっちりラップに包み、保存袋に入れてしっかり密閉してください。

だし汁で伸ばしたものを冷凍する場合は、蓋付きの製氷器がおすすめです。冷凍庫の製氷温度を下げ、急速冷凍すると美味しく保存できます。

保存期間は1~2週間が目安

状態の良い刺身を正しく調理し、密閉して冷凍した場合は3~4週間食べることができます。しかし、美味しさが鮮度、最近の繁殖を考えると1~2週間のうちに使い切った方が良いでしょう。

美味しい鯛の選び方

離乳食は赤ちゃんの味覚を育てる大切な食事です。質の良い食材を選び、美味しい離乳食を作りましょう!

旬は冬から春

鯛は一年を通して購入することができますが、天然ものの旬は3月から5月にかけて出回ります。それ以外は養殖ものの鯛であることがほとんどです。

地域により旬の時期が異なりますので、購入する際、パックに表示されていない場合はお店の人に聞いてみてください。また、天然ものの鯛であっても、鮮度が下がると美味しさも半減します。

身に透明感があり、パックの底にドリップが出ていないものを選んでくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします