つわり 妊娠後期

後期つわりの症状を楽にするおススメの対策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠後期になるとお腹が大きくなるだけでなく吐き気などの初期のつわりと同じような後期つわりの症状が出てくる方もいます。

主にお腹の中で赤ちゃんが大きくなることにより胃が圧迫されるためにおこる症状だそうです。どうすれば後期つわりの症状は楽になるのでしょうか?おススメの対策をいくつかご紹介します。



症状を和らげるには?

大きくなった子宮が胃を圧迫しているので、胃に負担がかからないように心がけましょう。辛いときは無理をせず、安静にして体をちゃんと休めてください。

食事は小分けにして

一度にたくさん食べてしまうと、子宮によって押されている胃の中にはたくさんの食べたものが入っていることになり、胃のむかつきがひどくなります。少量を少しずつにして胃の負担を減らしましょう。

刺激物を避ける

脂っこいもの、濃い味付けのものは胃に刺激となり、これもまた胸やけのひどくなってしまう原因となります。

妊娠していないときでも油ものなどで胸やけがおこる方がいたりするのですから、妊娠中はさらに胸やけがおこりやすい状態と思っておいた方が良いです。

体調がよくても食べ過ぎには気を付けて

「今日は体調がいいから」といつもよりたくさん食べてしまうと後になって急にひどい胸やけがおきることもあります。

食後すぐに横にならない

体がしんどいからといって食べてすぐに横になると、胃から食べたものを消化するために出ている胃酸が逆流してきてしまい胃のむかつきや吐き気の原因となります。

食後30分は横にならずに体を起こしておきましょう。

椅子に座っているのが辛ければ、ビーズクッションなどで上半身を起こした状態にできるようにしましょう。



炭酸飲料は避けて

初期のつわりの頃には炭酸を飲むと楽になったという方もいるとは思いますが、炭酸はお腹にたまりやすくお腹いっぱいになってしまいやすい上に、胃に刺激を与えてしまいます。飲むとしても口に含む程度にとどめておきましょう。

寝るときは上半身を少し高く

普通の低い枕で寝てしまうと胃酸が逆流しやすくなり、吐き気や胃のむかつきの原因となります。

クッションや布団を重ねるなどして少し上半身を高くして寝てみましょう。

ガムを噛んでみる

食後にガムをかむと唾液が分泌されるため、食べたものの消化の助けになります。

ミントが苦手でなければミント味のガムなどで口の中がすっきりして気持ち楽になります。

お腹を締め付けない

腹帯などでお腹をサポートする際には巻き方に注意してください。

あまり締め付けすぎるとお腹が圧迫されて吐き気の原因となります。

おへそから下のお腹を支えるようにやさしく巻きましょう。

あまりに辛ければ医者に相談しましょう

「産めばおさまる」「このくらいならまだ我慢できる」といって辛いのに無理をしては体によくありません。

ほんの少しの無理が赤ちゃんに影響しないとも限らないので、注意した方が良いです。

顔見知りのママさんの中には無理をしたつもりはないのに、我慢したのがストレスになったのか、早産してしまった方もいます。

場合によっては逆流性食道炎になっているのかもしれないのです。

そうなると我慢せずにちゃんと治した方が良いのですから、心配な時は無理をせずに主治医に相談しましょう。

赤ちゃんに会えるまであと少しです

無理かもしれない。いつもとなんか違う気がする。

という時は決して無理はせず、婦人科に行って様子を見たほうが良いのかもしれません。何もなければそれでよいのです。

初期のつわり、後期のつわり、どちらもつわりは辛いものだと思いますが、お腹の中で赤ちゃんが頑張って育っている証拠だと思って無理をしない程度に残りの妊娠期間をうまく乗り越えていきましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします