料理・レシピ 離乳食

離乳食のパスタはいつから食べれる?初めてにピッタリのレシピ5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子どもも大人も大好きなパスタ。パパ・ママが食べるときには、赤ちゃんにだって一緒に食べさせてあげたいですよね。

うどんやスパゲティは早い時期から食べさせて良いものの、同じ小麦粉から作られるパスタについては「いつから良いの?」と迷うママも多いことでしょう。

パスタを与え始めて良い時期の見極め方、そしてパスタを使った赤ちゃんも喜ぶレシピをご紹介します!



パスタはいつから与えて良いの?

赤ちゃんがパスタを食べられるのは、後期からが基本です。

ただし、赤ちゃんの上達具合に応じて見極めましょう。

上手にカミカミできるようになってから!

後期に入ったからと言って、どの赤ちゃんも食べ物を上手に噛めるようになるとは限りません。

歯の生えるスピードにも、噛み方の上達具合にも個人差があります。

うどんや野菜を与えたときに、上手に噛んでいるかを見てみましょう。

丸飲みせず、噛むことをきちんと覚えた赤ちゃんであれば、パスタを与えても大丈夫です。

消化能力を考えると後期以降が無難!

歯が生え、噛むことが上手だからと言って、中期の赤ちゃんにパスタを与えることは考えなければなりません。

噛んでから飲み込むことができても、消化能力は未発達。

特に『ディラムセモリナ小麦』をから作られたパスタは、硬質小麦のため消化に時間がかかります。

早くても、後期に入ってからの方が無難です。

パスタを使ったレシピ5選

後期以降の赤ちゃんにおすすめの、パスタを使ったレシピをご紹介します。

マカロニかぼちゃサラダ

    【作り方】

  • マカロニ(15g)は表記された時間より少し長めに、軟らかく茹でます。

  • 茹で上がる5分前に、食べやすく切やかぼちゃ(40g)を加えて一緒に似ます。

  • かぼちゃに火が通ったらザルに上げて器に盛ります。

  • プレーンヨーグルト(大さじ3)をかけたら出来上がり!

ヨーグルトは新鮮なものを!

ヨーグルトは開封してすぐのものであれば、加熱殺菌する必要がありません。

きれいなスプーンですくって取り分けてください。

夏野菜の煮込みパスタ

    【作り方】

  • ナス(1/4個)は皮を取り除いて食べやすい大きさに切り、水にさらしてアクを抜きます。

  • トマト(1/4個)は湯剥きして荒く潰します。

  • 食べやすい大きさに切ったズッキーニ(10g)とナスを軟らかく茹でます。

  • ザルにあけて鍋に戻し、トマトを潰しながら一緒に加熱します。

  • 茹でて2cmくらいに切ったパスタ(15g)を加え、弱火でコトコト煮込みます。

  • 水分を飛ばし、食べやすい状態になったら完成です。



鮭のクリームパスタ

    【作り方】

  • スパゲティ(15g)を軟らかく茹でて2cmくらいに切ります。

  • 鮭(15g)をしっかり茹でて水をきります。

  • ほぐした鮭とスパゲティ、豆乳(50cc)を鍋に入れて火にかけ、豆乳が全体に絡まくらい煮詰まったら出来上がり!

グリーンパスタ

    【作り方】

  • マカロニ(15g)を指定時間で茹でます。

  • 茹で上がりの時間になったら、みじん切りにしたほうれん草やかぶの葉、アスパラの穂先など(合わせて30g)を加えます。

  • 野菜に火が通ったらザルにあげ、バター(小さじ1/3)を入れて全体を混ぜます。

  • バターが溶けたら完成です!

とろとろ野菜スープパスタ

    【作り方】

  • にんじん・大根・かぶ・キャベツ・玉ねぎなどの野菜(合わせて30g)を1cm角くらいに切ります。

  • 鍋にかぶるくらいのお水と野菜を入れ、弱火でコトコト煮込みます。

  • 全体がとろとろに柔らかくなるくらい、時間をかけてゆっくり煮込みましょう。

  • 水分がひたひたになったところに、予め茹でて刻んでおいたスパゲティまたはマカロニ(15g)を加えます。

  • 全体をひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけて完成です。

パスタは茹でると量が増えます!

レシピの分量は茹でる前のもの。

茹で上がったパスタはけっこうな量になりますよ!

最初は5gでお試しを!

レシピでご紹介したパスタは、すべて15gとしています。

茹でることで、およそ2.5倍にも増えるため、出来上がったら後期の赤ちゃんなら満足するであろう35~40gになるのです。

パスタは弾力があり、上手に噛んで飲み込むことのできない赤ちゃんもいます。

最初は様子を見るために、5gほどを茹でて試してみてください。

美味しそうに食べることができたら10g、15gと増やして行くと良いでしょう。

茹で時間が1~2分の『早茹でパスタ』もありますので、後期に入ったら手軽に取り入れてみてくださいね!

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします