料理・レシピ 離乳食

離乳食後期のパンはそのままOK?量は?おススメの献立もご紹介

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんが食べ物を上手にカミカミできるようになると、軟らかいパンもそのまま与えることができるようになります。「お腹空いた!欲しい!」という欲求をパンひとつですぐに満たしてくれるなんて、大助かりですよね。

ただし、「パンなら何でも良い!」ということにはなりません。含まれる材料は、パンの種類によって様々。後期の赤ちゃんにそのまま与えて良いパンの種類や量(大きさ)を知っておきましょう。

また「パンを与えて終わり!」とならないよう、パンを使ってバランス良く作るおすすめ離乳食献立も合わせてご紹介します!



そのままOK!与えても良いパンとは!?

後期になり、上手にカミカミできる赤ちゃんにはそのまま与えることのできるパン。

しかし、与えて良いパンには制限があります。

そのままでもトーストしても!

後期は、食べ物を噛む練習をする時期です。

ゴックンと飲み込みやすいものだけでなく、噛む必要のある物も与えて行きたいですね。

パンも同様で、軟らかく炊くパン粥だけでなく、そのまま与えてみたり、トーストするのもおすすめです。

上手に噛める赤ちゃんには、ベーグルのような硬いパンを与えても大丈夫です!

パンの種類よりも『原材料』の確認を!

「食パンや米粉パンなら良い!」「菓子パンは良くない…」など、一般的にはそのように言われますね。

しかし、問題はパンの種類ではなく『原材料』です。

例え食パンであっても、牛乳やバター、添加物等が豊富に含まれた物は控えたいですよね。

米粉パンでも、何割かは小麦粉が使われていたり、小麦グルテンを使っている物もあります。

逆に、菓子パンであってもシンプルな原材料が配合された中にレーズンを加えた物であれば赤ちゃんでも食べられます。

パンの種類だけでなく、原材料をしっかり確認して、シンプルかつ無添加のパンを選ぶようにしましょう。

おすすめのパンとは!?

安心して与えることのできるパンは、『作り手の顔が見えるパン』です。

パン屋さんのパンなら安心!?

パン屋さんのパンであれば大丈夫でしょうか。

いえ、パン屋さんによっては輸入小麦を使っていたり、添加物を多く入れているところもあるため、一凱に良いとは言い切れません。

作り手、または店員さんに直接『原材料』について聞くことができ、正しい説明をしてくれるお店であれば、安心して購入して良いと言えるでしょう。

自家製パンがいちばん!!

離乳食が始まったら、ホームベーカリーを購入し、自分でパンを作るという方法がいちばん安心できますね。

材料はすべて自分で選ぶことができますし、もちろん添加物など入れずに焼きたてのパンを美味しく味わうことができます。

ネットや本でもホームベーカリーを活用したパンレシピはたくさんありますし、タイマー機能を使えば、忙しいママでも材料を投入するだけで簡単に無添加食パンを作ることができます!

後期に与える量の目安は!?

簡単だからと言って、小麦原料のパンばかりを与えるのは良くありません。

どのくらいの量を、どの程度の頻度で与えるのが良いのでしょうか?

1回量は徐々に増やしていきましょう。

後期に入ったばかりの時期は、1回に約25gが目安です。

25gとはサンドイッチ厚さ(8枚切り)の食パンで耳を含めて約1枚です。

後半になると2/3強くらいを食べられるようになります。

あくまでも目安ですので、赤ちゃんの食べ方に応じて調整してください。

食べさせる頻度は!?

パンを与えて良い頻度ははっきりと決められていません。

しかし、与え過ぎは小麦アレルギーの原因になりやすいため、主食はお米を与えることを基本とするのが望ましいですね。

いつものお米を嫌がるとき等にパンやうどんで気分を変える程度に留めておきましょう。



バランス良く!パンを使った献立例

パンに合う物と考えると、ついヨーグルトや果物を合わせて終わってしまい、野菜が不足してしまうことはないでしょうか。

ここでは、栄養バランスを考えたパン食献立例をいくつかご紹介します。

5つの献立例

① コーンスープのパン粥、数種の温野菜盛り合わせ、しらすと卵のスープ

② かぼちゃペーストロールサンド、豆腐の野菜餡かけ、すり下ろしりんご

③ きな粉トースト、にんじんとかぶのスープ、ブロッコリーのきんぴら

④ チーズサンドイッチ、茹で野菜スープ、バナナヨーグルト

⑤ スティックパン&フルーツペースト、葉野菜の豚肉和え、トマトスープ

3種類の栄養素からバランスを考えましょう。

食材の栄養素は大きく分けて3種類に分類されます。

Ⅰ.エネルギー源…食パン(主食)など

Ⅱ.ビタミン・ミネラル源…野菜や果物など

Ⅲ.たんぱく質源…大豆製品・肉類・魚類・卵など

いずれにも偏りすぎることなく、平均的に摂取するよう心がけましょう。

ただし、毎回きちんと計量するなど、ママに負担のかかるような正確さは必要ありません。

赤ちゃんにより食べる量が異なるのはもちろん、食べムラもあります。

深刻に考えず、だいたいの目安として頭に入れておくと良いでしょう。

パンを与えるメリット

アレルギーが心配されるパンを、なぜ離乳食に取り入れようという声があるのでしょう。

パンを与えることのメリットを考えてみましょう。

『楽するため』でなく『楽しむため』

赤ちゃんに市販の食パンとヨーグルト、フルーツくらいを与えて終わり。

これが毎日続いたら、赤ちゃんは「美味しい!」とどんどん食べるでしょう。

ママも手間が省けて楽ですよね。

しかし、これでは栄養が偏りすぎます。

離乳食にパンを取り入れるのはなぜでしょう。

それは、『ママが楽するため』ではありません。

赤ちゃんがお米以外の食感・香りを味わい、『食事を楽しむ』ことにあります。

お米に飽きたとき、遊びに夢中で食事に興味を持たないとき等に、ちょっぴりいつもと違うメニューとしてパンを取り入れてみてください。

赤ちゃんの食への食い付きが良くなると、ママもきっと離乳食作りが楽しくなりますよ!

与え過ぎに注意しながら上手にパンを取り入れて行きましょうね。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします