料理・レシピ 離乳食

離乳食後期のうどんレシピ!卵うどんの作り方は?量は?味付けは?冷凍保存は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

離乳食後期になると、食事の回数が3回になりますね。マンネリ化しがりなメニューに変化を付けるために、お粥だけでなくうどんも取り入れいきましょう。色々な具材を使いながら、茹でたり煮込んだり焼いたりと調理法も工夫したいですね。後期におすすめの卵うどん、そのアレンジレシピやや冷凍保存方法などについてご説明します。



目安量は60g~90g

後期は3段階に分けて量を増やしていきましょう。

後期はミルクの回数も量を減らし、食事から栄養を摂ることが基本になります。

主食と副菜を合わせ、1回の量は約100gを目安としますが、食べムラも出てくる時期ですから、赤ちゃんのペースに合わせて調整してください。

基本は中期の前半60g、中頃70g、後半90gです。

味付けは必要ありません。

後期に入り、家族と同じ時間に食事を取るようになります。

しかし、赤ちゃんが美味しく食べられるようであれば味を付ける必要はありません。

だし味で旨味を!

調味料で味を加える必要はありませんが、だしを使って旨味を付けてみましょう。

今は便利なベビーフードのだしもありますが、添加物が含まれている場合もあります。

また、一般的な市販のだしには、化学調味料や塩分、糖分も含まれています。

手作りのだしは、比べものにならないくらい風味が豊かですので、かつおや昆布、干ししいたけを使って、出来るだけ作ってあげたいですね。

簡単!手作りだしの作り方

材ごとにだしを煮だす方法もありますが、簡単に『だしパック』を使っただしの作り方をご説明します。

バランスはお好みで!

    【作り方】

  • かつおぶし、干ししいたけ、煮干し、昆布などを粉末にし、だしパックに入れます。

  • 1リットルのだし汁に対し、約20gが目安。

  • 沸騰したお湯に入れて15分ほど煮出すと美味しいだし汁の出来上がりです。

入れる材料の割合はお好みで調整してください。

パックに入れただしは、密閉袋に入れて2~3カ月冷凍保存が可能です。

ミルグランインダー

フードプロセッサーによっては硬いものを砕くと故障につながる場合があります。

フードプロセッサーよりも強い『ミルグラインダー』がおすすめです。

http://www.amazon.co.jp/Cuisinart-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88-MG10JBSW-%E7%B2%89%E6%9C%AB%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC/dp/B007JSOEOY/ref=sr_1_2?s=home&ie=UTF8&qid=1457154906&sr=1-2&keywords=%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

後期におすすめ!卵うどんの作り方!

卵でとじた煮込みうどん、食欲がないときに栄養がたっぷり取れるのでおすすめです。

アレンジした卵うどんレシピも合わせて参考にしてください!

基本の卵うどん

    【作り方】

  • うどん(70g)を1~2cmに刻み、だし汁(1カップ)と合わせて火にかけます。

  • 沸騰したら弱火にして5~6分、うどんが軟らかくなったら仕上げに溶き卵(1/2個)を回し入れます。

  • 卵に完全に火が通ったら出来上がり。

野菜たっぷり卵うどん

    【作り方】

  • にんじんや玉ねぎ、ブロッコリの芯などを5mm角に切り、茹でてザルにあげます。

  • 基本の卵うどんを作る要領でうどんを煮込みますが、うどんと一緒に野菜も入れてください。

  • 仕上げに回し入れる卵とにんじんの赤がきれいなうどんになります!



あんかけ卵うどん

関西発祥の『鶏卵うどん』を赤ちゃん用に作ってみましょう!

    【作り方】

  • 基本の卵うどんを参考に、うどんを軟らかく煮込みます。

  • 水溶き片栗粉(少々)で汁にとろみをつけ、沸騰したところに溶き卵を回し入れます。

  • 菜箸で軽く混ぜながら卵を入れると、とろ~りとしたあんかけ卵うどんができます。

寒い日には体がポカポカ温まります!

納豆おろし卵うどん

基本の卵うどんを作ります。

    【作り方】

  • うどんを入れる際に、すり下ろした大根(15g)を入れ、一緒に煮込みましょう。

  • 回し入れた卵に火が通ってからひき割り納豆(1/2パック)を加え、全体を混ぜたら完成です。

ほうとう風卵うどん

    【作り方】

  • 平たい『きし麺』を使います。

  • 大根、人参、かぼちゃ、じゃが芋、玉ねぎなど(合わせて30g)を食べやすい大きさに刻みます。

  • 鍋に具とうどん、だし汁を入れ、蓋をしながら弱火でコトコト煮込みます。

  • 材料が軟らかくなったら仕上げに卵を回し入れ、卵に完全に火が通ったら完成です!

後期のうどん冷凍には保存袋が便利!

後期の赤ちゃん用に作る冷凍うどんは、冷凍保存袋が便利です。

1袋を2~3等分に!

茹でた乾麺、または茹でうどんを1~2cmに刻みます。

市販の茹でうどんは、1袋がだいたい180g前後なので、赤ちゃんの食べる量に応じて2~3等分になるよう、箸で筋を付けて冷凍します。

使うときは筋を境に簡単に割ることができます。

冷凍のまま調理できます!

冷凍したうどんは、凍ったまま調理することができます。

鍋に具材やだし汁を入れ、冷凍うどんを入れてそのまま火にかけます。

弱火でコトコト煮込むうちに、食べやすい柔らかいうどんが出来ます。

とても便利な冷凍うどん、ぜひ活用してくださいね!

タンパクの摂り過ぎに注意!

ここでご紹介した『卵うどん』、使う卵の量は1/2個です。

離乳食後期に必要な1回のタンパク質の摂り過ぎにならないよう、合わせる具材に注意しましょう。

具体的には!?

お豆腐なら45g前後、お魚なら15g、ヨーグルトなら80g前後が一度に摂取するタンパク源の目安量です。

例えば、お豆腐を入れた卵うどんを作りたい場合、お豆腐を20g程度にして卵を1/4個分にするとか、ヨーグルトを使ったデザートを用意する場合はヨーグルトを40gに抑えるなど、全体のバランスを考える必要があります。

そうは言っても…計量が大変!

離乳食を作るとき、材料すべてを細かく計量するのはとても大変ですよね。

そんなときは、1日のトータルで考えていきましょう。

後期は3回食なので、例えば朝にたまごうどんを作ったら、お豆腐を使うおかずは夜にするなど工夫していきましょう。

また、動物性タンパク質と植物性タンパク質のいずれかに偏らないように注意してください。

量が相応しいか否かは赤ちゃんの発育を見て!

離乳食は、レシピに掲載されている量を細かく計量するとママにも負担になります。

また、赤ちゃんによって必要量も異なります。

レシピはあくまでも概量だと捉え、赤ちゃんに相応しい量か否かは、体重の増加、発育を見て判断しましょう。

量に心配があれば、乳児検診時に相談してみてくださいね!

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします