兼業主婦

働くママの悩み「仕事と子育ての両立ができない」を考える

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

仕事をしているママが非常に多い世の中ですが、「毎日忙しくて時間がない!大変!」と嘆いているママがいる一方、

上手に仕事と子育てを両立させて活き活きと過ごしているママもいます。

その違いは、いったいどこにあるのでしょう?

私自身、長女が0歳7カ月の時から仕事を始めました。

家事と育児を両立させるために、私が普段から心がけている事を踏まえて、仕事と子育ての両立について考えてみたいと思います。



両立が難しい4つの原因

なぜ両立が出来ないのか、原因を探ってみました。

➀核家族の増加で面倒を見るのが難しい現実

ママが仕事と子育てを両立しなければならない、それは今に始まった話ではありません。

割合が増えているのは確かですが、ひと昔前でも、仕事をしているママは大勢いました。

しかし昔と違うのは、核家族世帯が増えて子供の面倒を見てくれる祖父母が身近にいないご家庭が多いのが原因のひとつだと考えられます。

厚生労働省の調査でも、核家族やひとり親世帯が年々増加しており、3世代世帯は年々減少していることがわかっています。

➁家族の協力が足りていない現実

共働き家庭においては、パパが仕事に専念し、ママが仕事と家事と子育てを両立させるという意識が強く、ママへの負担が大きくなりがちです。

ママが働くという事は、家族の協力なしでは出来ません。特に夫の理解が必要ですが、それが足りないと感じているママも多くいます。

➂子供を預ける場所の確保が出来ない現実

保育園に入園できない待機児童がとても多い事が、現代社会の大きな悩みのひとつです。

また、子供が急に熱を出したり、怪我をした等、緊急時の対応をするのは親でなければならない、それもママへの負担となります。

➃職場の支援、上司・同僚の理解が難しい現実

外国のように、子供を連れて会社に行くような恵まれた環境で働く事は、今の日本ではまだまだ難しいのが現実です。

そして、子育て中であっても残業や早朝出勤、休日出勤を求められることもあります。

緊急を要することで突然の休暇や早退に対しても理解がなく、職場に居づらくなるママもいます。



両立させるために、ママ自身ができる3つのこと

社会や職場を変えようとすることは非常に難しいため、まずはママ自身が何をできるか考えましょう。

➀周りに翻弄されない

周囲にも同じ境遇にいるママは多いことでしょう。

きちんと出来ていそうなママ友を見ると「自分は出来ていない・・・」と気持ちが落ち込んでしまいます。

逆に「本当に大変で辛い・・・」と嘆いているママ友を見ると自分自身もさらに落ち込んでしまいます。

周囲と自分は家庭環境も別。考え方も同じではないし、力量も違うことを理解して、自分なりの両立方法を見つけましょう。

➁適度な手抜きと息抜き

努力するのは良い事です。しかし、心に無理がかかってしまいます。

ママは第一に子供と自分の心を大切にしてください。

仕事も家事も育児も、本当に大切にすべき事だけ手を抜かなければ、他の事はある程度手を抜いても大丈夫、そう考えることで気持ちが楽になるでしょう。

そして、たまには息抜きになる時間を作ることが、次へのステップに繋がります。

➂やりたい事とできる事の区別

やりたい事を“すぐに”できるとは限りません。特に子育て中は、時間もペースも子供中心に回ります。

子供が成長すれば次第に余裕も生まれ、やりたい事もできるようになってきます。

長期戦だと考えることで、余裕ができるのではないでしょうか。

子育て中のママは、今できる事を熟すだけで充分頑張っているのです。

笑顔のママが家庭円満の秘訣

子供達はママの表情をよく見ています。例え家が散らかっていても、ご飯のおかずがお惣菜でも、まずはママが笑顔になってみてください。

子供も笑顔になり、ママのイライラが減ります。ママの笑顔が増えると、パパのイライラも減ります。家庭円満の秘訣、それはママの笑顔から始まるのです。

制度を上手に利用

ママだけに負担がのしかかる事はあまりに過酷です。

育児休業はもちろん、短時間勤務や子供の看護休暇といっ、職場における法的制度をしっかり把握して活用しましょう。

また、ファミリーサポート事業や家事代行サービスなど上手に利用することもおすすめです。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします