離乳食

離乳食のコーンフレークいつから?どう食べさせる?初期・中期・後期別に解説!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

コーンフレークとは、乾燥させたトウモロコシの粉(コーンミール)を水で練り、加熱、圧搾という工程を経て食べやすい形状にしたものです。

多くはビタミンやカルシウムなどが添加されている上に砂糖がまぶしてありますが、離乳食に使える『砂糖不使用タイプ』もあります!

水分をあっという間に吸収し、簡単に柔らかくなるコーンフレークは、離乳食作りのお助け食材とも言えるでしょう。「牛乳をかけて手軽な朝食に!」という先入観を捨て、離乳食にも活用してみませんか!?



いつから食べさせて良いの!?

コーンフレークの原料はトウモロコシ。離乳食初期から使うことができます。

初期の後半から!

初期の前半は、お腹に優しいお米を使ったお粥から始めるのが基本です。お粥に慣らし、野菜の味に触れさせることが最も大切だと考えてください。

コーンフレークは、離乳食に少しずつ慣れた初期後半頃から使うことをおすすめします。

初期での活用法

コーンフレークを初期に使う場合、手間をかけてあげることが大切です。

スープ状にしましょう。

食べ物を噛む習慣がない初期の赤ちゃんには、ペースト状にしてから与えることが必須です。袋に入れて叩いて砕くか、ミキサーやフードプロセッサーで粉末状にしましょう。そこに水を加えてふやかし、さらにすり潰してください。

そのままでは飲み込むのが難しいと思いますので、ミルクや湯ざまし、野菜スープなどでスープ状にしてから与えます。

初期は大さじ3が目安量

初期にお粥代わりの主食として与える場合、大さじ3が目安量です。ふやかしたコーンフレークに豆乳とバナナを混ぜたり、野菜スープと白身魚を混ぜるなど、工夫次第でバリエーション豊かな離乳食を作ることができます!

中期での活用法

中期では、粉末にする必要はありません。手軽に使えるコーンフレークの活用法をご紹介します。

ふやかして潰しましょう。

中期でコーンフレークを使う場合は、初期と同じように水でふやかします。簡単に柔らかくなるので、その後はフォークの背で潰して与えるようにします。香ばしいコーンの香りを喜ぶ赤ちゃんは多いので、アレンジを楽しみながら活用してくださいね。

中期は1/2カップ!

中期に与える場合、計量カップ1/2カップ(100cc)が目安量です。同量の水や豆乳などでふやかしてください。最初は水分を多めに、上手に飲み込めるようになったら少しずつ水分を減らしてみましょう。

擦り下ろしてレンジで温めたりんごや、潰したトマトを汁ごと混ぜるなどで味に変化を付けてアレンジしてください!



後期での活用法

後期は様々な料理に加えることで食感を楽しむこともできるようになります!

細かく砕いてそのままでも!

後期になると、細かく砕くことでそのまま食べることができるようになります。ミキサーにかけてコロッケの衣代わりにしたり、おむすびにまぶすと、カリカリとした食感を楽しむことができるようになります。

スープにそのまま入れるなど手軽に活用する方法も良いですね。

後期はバランスをしっかり考えて!

離乳食後期の食事で、1回に必要な炭水化物は80~90g(子ども茶碗1杯分)とされています。コーンフレークを計量すると、大人が1回に食べる量の目安が40gですから、赤ちゃんに80~90gを食べさせようと思うとかなりの量になることがわかりますね。

離乳食場合、食べる量に個人差がありますから、きちんと炭水化物80~90gと計量する必要はありませんが、後期の場合は1日のトータルでバランスを考え、コーンフレークばかりに頼り過ぎないよう注意しなければなりません。

コーンフレークの選び方

多くのコーンフレークは、たくさんの砂糖でコーティングされています。離乳食のために購入する際は、砂糖不使用タイプを選ぶようにしたいですね。

おすすめのコーンフレーク

ハーネ コーンフレーク(ドイツ産)

通常、『プレーン』と記載されたコーンフレークでも、そのほとんどが、わずかでも砂糖が使用されています。離乳食に使おうと思っても、「ノンシュガータイプがなかなか見つからない!」というママも多いはず。

ハーネのコーンフレークは砂糖が一切使われていないため、素材そのものの味を感じることができます。有機野菜など、安心・安全な食品を扱う定期食材宅配サービス『Oisix』やアマゾンなど、ネットで購入することができます。

マンネリ化しやすい離乳食に!

「離乳食作りがマンネリ化して…」というお悩みを抱えているママ。いつもお米やパンばかりではなく、コンフレークも取り入れながら、変化のある離乳食作りを楽しんでくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします