出産 家計・暮らし

双子の出産費用はいくらかかる?もらえるお金はいくら?双子ママに聞いてみた!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

こんにちは。双子を育児中のママライターです。私が双子を妊娠したと分かったとき、嬉しさと驚きの次に思ったのは、お金大丈夫か…!?と言うことでした。

出産は病気ではないので保険がききません。それにさらに双子と言うことは2倍?と考えたら手放しで喜んだ気持ちが一気に引いてしまいました。

そんな私が調べた出産費用&実際にかかった費用を書きたいと思います。これから出産を控えるママやこれから妊娠を望んでいる未来のママに是非読んで欲しいです!



出産費用ってどのくらい?

単胎妊娠のママは病院を個人病院、総合病院、助産院と選べますが、双子のママはそれぞれリスクがあることが多いので、NICUのある病院を紹介されたり、大きな病院に行くように言われることが多いと思います。

だいたい30万~と言われています。しかし、切迫早産で早くから入院したり、帝王切開になると金額は多くなります。いろいろと保険や制度があるので実際払う金額はだいぶ抑えられます。

切迫早産などで入院

双子は切迫早産といわれる人も多いですし、一卵性の双子だとリスクが二卵性に比べて高いので管理入院をしなければならない場合もあります。切迫早産と診断されると、入院費がかかります。

張り止めの点滴はすごく高いそうです。ウテメリンという薬は一ヶ月で20万くらいかかるそうです。私も看護師さんから聞いてすごくびっくりしました。

でもこのあたりは保険が適用されるので全部払うことはないです。

帝王切開

双子だと帝王切開になる可能性が80パーセントくらいあるそうです。双子で自然分娩するには条件があります。双子がちゃんと二人とも育っていることと、二人とも逆子ではないことと、正産期までお腹にいてくれることです。

なので正直難しいと思います。双子を妊娠したら帝王切開を覚悟しておいたほうがいいです。手術代は22万くらいで32週未満の早産の場合は24万ほどかかります。

手術代は双子だからといって二倍ではないので安心してください。

NICUに入院した場合

早産になってしまうと、子供はNICUに入院になります。ここに入院になるとすごくお金がかかります。普通に払わないといけないなら破産します。

でも未熟児療育医療制度というものがあり、それを利用すれば、赤ちゃんの入院中にかかった医療費は援助され、自分たちが払うのは入院中に使ったオムツやおしりふきなどの金額だけです。

貰えるお金は?

ここでは貰えるお金を紹介します。これを知っておけば安心です!

誰でも貰える!お金

妊娠中のママなら誰でも申請すれば貰えるお金の制度を紹介します。

出産一時金

一人の出産につき42万貰える制度です。双子は二人分なので84万です。国民健康保険や健康保険に加入している人が貰えます。

児童手当

0歳から貰えます。3歳までは15000円貰えます。それ以降は第1子と第2子は10000円、第3子以降は小学生までは15000円でそれ以降が10000円です。

乳幼児医療費助成

これは、病院で治療や診察でかかった費用を助成してくれる制度です。私の住む町は中学卒業まで、一ヶ月、医療機関ごとに200円で診てもらえます。

この制度は各自治体によって金額や助成の内容が違うのでそれぞれで問い合わせてみてください。



高額医療費

月の初めから終わりまででかかった医療費が高額だった場合に一定の金額を超えた分が払い戻される仕組みです。切迫早産で長期にわたり入院しなければならないときにこの制度を使うとだいぶ楽になります。

世帯の収入によって限度額が違いますが、だいたいの人が8万円が限度額ではないかと思われます。

この制度は初めからたくさん医療費がかかりそうだと分かっているときに事前に申請して、認定証というものを窓口に提出しておけば、通常は一旦治療費を払って、その後払い戻しというのを、もともと限度額で計算した金額を払えばいいことになります。

診察や治療、薬代は8万が限度額で、そのほか個室を利用した場合は個室料金や、ご飯の代金がそこに上乗せされたものが請求されます。

未熟児療育医療制度

これは早産で未熟児を出産して入院が必要で、特定の条件を満たしていると受けられる制度です。条件は出生体重が2000グラム以下でお医者さんが入院療育を認めた赤ちゃんとなっています。

私の子供は1800グラムと1700グラムですぐに入院になって、主治医の先生から書類を渡されて手続きするように言われました。

NICUってすごい機械がたくさんありますし、24時間体制で脈拍や呼吸をしているかまで細かくチェックされていて相当医療費ってかかるんだろうなと思って後から調べてみて驚愕しました。

一ヶ月200万近く!二人で400万!?しかしこの制度のおかげで私が支払ったのは数万円でした。この制度がないと破産しますね…

保険に加入しよう!

ここまでは出産費用と公的な機関から貰えるお金を紹介しました。双子のリスクを考えて、切迫早産で長らく入院した後に帝王切開で早産。

子供がNICUに入院なんてことになったら正直マイナスです。でも双子はそういう出産になってしまうことが本当に多いと思います。そんなときに私はもともと加入していた任意の保険がとても役に立ちました。

妊娠前に…

妊娠を望んでいる方。自分の加入している保険の内容って知っていますか?私の入っていた保険は生命保険で、入院1日一万円。

手術の一時金で10万円貰える保険に入っていました。双子は異常妊娠扱いで、保険が利くと聞かされました。私の入っていた保険ですが、女性特有の疾患に対しての特約が付いていて、その分でもいくらか保険がおりました。

その辺はそれぞれの保険会社などで違うと思いますので一度契約内容を見直してみるといいと思います。

妊娠後に…

妊娠後に入れる保険はあまりありませんし、あったとしても条件が悪いことがあります。どうしても妊娠後に入られる場合はしっかり説明などを聞いて入るか判断したほうがよさそうです。

あとは週数が進むとさら入りにくくなるので、やはりおすすめは妊娠前です。保険の加入を検討するなら、複数の保険会社から選ぶことができる保険相談サービスを利用するのがおすすめです。

参考医療保険相談サービス|保険ビュッフェ

最後に。

いかがでしたか?私の経験した出産をもとにかかせていただきました。出産にはお金がかかります。

でもそのほとんどが助成などによって相殺され、自己負担額はそうとう抑えられます。でも人生なにが起こるかわかりません!貰えるお金がどんなものがあるか知って、損をしないようにしましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします