兄弟・姉妹 育児・子育て

歳の差が18歳差、12歳差の兄弟ってどんな感じ?体験から分かったメリットとデメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

幼い兄弟って、おもちゃの取り合いやちょっとしたことですぐケンカ、見ていて微笑ましくなりますよね。ママにとってみたら毎日ドタバタで忙しいかもしれません。

では、歳の差が18歳ある兄弟って、どんな感じだと思いますか?18歳、12歳差離れた兄弟を持つ長女の私の体験をもとに、お話したいと思います!



歳の差兄弟のメリットとは?

12歳の差がある兄弟が生まれたとき、当時の私は小学高学年、中学1年生頃でした。後に18歳差の兄弟が生まれたときは、高校3年生頃です。

育児の経験ができる

中学校や高校などの授業で、育児などについて学ぶことがありました。抱っこの仕方やオムツ変えなど、人形を使って練習します。

歳の差の兄弟がいた私は、家ですでに実践済みです。そのほかに、お風呂や食事などのお世話もすることが出来ます。

赤ちゃんのお世話は、実際に自分が生むか、保育園などで働くかしないとなかなか出来ません。

しかし歳の差で生まれてくれたおかげで、自分自身がある程度自立してきている年齢のときに育児に参加することができ、学校では学べない事を体験することができます。

友達に自慢できる

12、18歳離れた兄弟がいると話すと、多くの人は驚きます。そしてそこから会話が広がります。

私がまだ中学生だった頃、あたしも育児しているよ、なんて自慢もできました。実際は子供ながらのお手伝いではあるものの、幼心から兄弟がいる自分を自慢していたと思います。

反抗期でも親と仲良くなれる。家が賑やかになる

子供が増えればそれだけ、家の中は賑やかになります。嫌なことがあっても、小さな兄弟を見ているとつまらない事も忘れることができました。

家族で出かけることも増え、本来反抗期がありそうな中高生時代も、両親とは仲良く過ごすことができました。



歳の差兄弟のデメリットとは?

幼い兄弟がいると、楽しい反面、辛いこともあります。実際に感じたデメリットをご紹介します。

育児の一段落ができない

家の手伝いや兄弟の世話など、お手伝いすればするほど、母親の負担は軽くなります。一見悪いようには感じませんが、私が大人になると悪い方向へ傾きます。

子供が成人すると、だいたいの両親は育児が一段落します。一段落すれば、セカンドライフを送ることもでき、夫婦の時間や一人の時間を楽しむこともできます。

しかし、歳の差の兄弟がいるということは、私が成人しても育児はまだ一段落ついていません。

成人した兄弟を頼るようになる

セカンドライフを楽しみたい両親の場合、幼い兄弟の世話は大人の兄弟に頼むことになります。

趣味や旅行などで家を空ける際、「留守番とお世話を頼むね」と言われるようになります。

歳の差がある兄弟の場合、多少は仕方ないのかな、と思いつつ、私の子供じゃないのになんで世話しなくちゃいけなんだ、とも思うようになります。

兄弟なんていなければ良かったと思ってしまう

二十歳そこそこにもなれば、友人と外泊したり、お酒を飲んでオールしたり、若さを武器に遊ぶことができる年代です。

しかし幼い兄弟が居る場合、金銭的に家計が圧迫されたり、兄弟ケンカでうるさかったり、実家に住んでいた当時は「兄弟なんかいなければいいのに」と思うように。

親の老後と兄弟の成長が不安

高齢出産のため、一番下の兄弟が成人する頃は、両親は60歳を過ぎます。果たして、死別や離婚などせず育てていけるのか、金銭的な不安は拭えません。

かといって、大人の兄弟は就職や結婚など、どんどん自立していきます。何かあったときに、両親あるいは兄弟の生活はどうなるのか、長女ながらに心配します。

兄弟であり、自分の子のよう

私がまだ子供の頃は、ただ兄弟が増えた!家に赤ちゃんが居る!といった感覚でした。

それが成長するにつれ、わがままをいう生意気な子供に成長し、わんぱくな兄弟に育っていきます。同時にわたしも歳を重ね、一人の女性として自立していきます。

兄弟の成長や親の育児に、気持ちが追いつかないこともありました。ただ、入園式や卒業式を見届けた兄弟たちは、今ではまるで自分の子のようにも思えます。

両親の育児方針は家庭によって違うため、歳の差兄弟のメリット、デメリットはすべての家族に一致するわけではありません。

長女として、メリット、デメリット含めて、兄弟とはこれからも仲良くしていこうと思っています。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします