離乳食

離乳食の手づかみレシピ!お薦めランキングBEST7

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食後期、ママも離乳食作りにすっかり慣れ、目新しいレシピはないかな…と頭を悩ませる頃ではないでしょうか。そんな頃に始まる赤ちゃんの手づかみ食べ。

枝豆や野菜スティックだけでなく、アイディアいっぱいの手づかみレシピで赤ちゃんの五感をどんどん刺激してください!多くのママたちが実際に作り、赤ちゃんが喜んだ!と定評のあるレシピを集めました。



第1位 納豆おやき

作り方参考http://cookpad.com/recipe/1385620

納豆なのに手がベタベタにならない!?

納豆は赤ちゃんが好む食材のひとつです。しかし、手づかみとなると…と敬遠するママは多いもの。焼くことでネバり気を抑え、赤ちゃんが喜んでモグモグと食べてくれること間違いありません!ほうれん草にじゃこ、ご飯も混ぜ込んでいるので、1品作るだけで栄養満点の食事になります!

アレンジも自在!

チーズ、コーン、さつまいも、豆腐、にんじん、ひじき…色々な食材との相性も抜群で、アレンジも自由自在!冷蔵庫にある物や乾物も使えるのは嬉しいですね!

第2位 楽チンおにぎり

作り方参考http://cookpad.com/recipe/1824593

手を汚さず作れます!

おにぎりなのに握らない、もう既に定番となりつつある『おにぎらず』の赤ちゃん版とも言える、とっても簡単なおにぎりが第2位です!作るのが簡単でママにとって嬉しいのはもちろん、ご飯が海苔から出るご飯部分がないので赤ちゃんも手を汚さずに食べることができます。

第3位 手づかみうどん

作り方参考http://cookpad.com/recipe/786764

ご飯がないときに!

炊いたご飯がない!冷凍お粥もない!どうしよう…という時に最適な、うどんレシピ!スーパーやコンビニでも手に入る茹でうどんを使うのも嬉しいひと品です。作り方はとても簡単!いつも小さく切ったうどんばかりではなく、目新しいうどんレシピにも、挑戦してみてくださいね!

第4位 バナナパンケーキ

作り方参考http://cookpad.com/recipe/1931034

ミックス粉は使いません!

手づかみレシピの王道とも言えるパンケーキ。でも、赤ちゃんにミックス粉を使うのは、添加物が心配で…と考えるママは多いのです。そこでおすすめなのが、添加物を使わずに作るパンケーキ。バナナの甘味で十分美味しいので、もちろん砂糖も使いません。

赤ちゃんが食べる1回分レシピとなっており、手軽にさっと作れます!



第5位 スイートポテト

作り方参考http://cookpad.com/recipe/1421801

おやつにピッタリ!!

砂糖を使わないスイートポテト。食物繊維が豊富でお腹に優しいさつまいもを使っているので、ご飯のおかずにはもちろん、おやつにもピッタリのひと品です!レシピでは粉ミルクを使用していますが、ない場合は豆乳でもOK!

型で抜くなど、形のアレンジも楽しめます!

第6位 簡単もちもち おからパン

作り方参考http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1670001166/

驚くほど簡単です!

工程は混ぜて丸めてトースターで焼くだけ!驚くほど簡単に、もちもち食感の美味しいパンが焼けるレシピです。おからを使っているため栄養も満点!忙しいけれど手作りのおやつを食べさせたい…たまには珍しい主食が良いな!という時に、ぜひ作ってみてください!

第7位 チーズ入りかぼちゃコロッケ

作り方参考http://cookpad.com/recipe/2842581

家族と一緒のメニューが嬉しい!

大人メニューがコロッケの日は、赤ちゃん用にもコロッケを作りましょう!パン粉を炒る手間はかかりますが、揚げる手間がありません。とってもヘルシーなので、大人用も赤ちゃんに合わせて揚げないコロッケにするのも良いですね!

パパやママと同じメニューに喜び、きっとモリモリ食べてくれるでしょう!

『簡単に』作ることが楽しむ秘訣!

一生懸命見た目に拘るよりも、簡単に手間をかけずに作りましょう!

肩の力を抜いて!

手づかみできるメニューと言っても、赤ちゃんは握りつぶしてしまったり、口に入れたり出したり、きれいに汚さず食べることは難しいものです。しかし、赤ちゃんにとっては、そのすべてが『学習』です。

手をかけて一生懸命、見た目にきれいに作ろうと頑張れば頑張るほど、汚されたり潰されたりするとママの気分はダウンしてしまいがち。散らかすのは当然だと最初から諦めて、できるだけ簡単に、見た目にこだわらずに作りましょう。

簡単に簡単に!と、肩の力を抜くことが、離乳食の時間を楽しむ秘訣のひとつです!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします