1歳~3歳児 子供の健康・食事

乳児の手足口病!原因と症状とママが出来る対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

毎年夏になると話題になる手足口病。

乳幼児に多い感染症として知られています。今回は具体的な原因や症状、対処法についてまとめてみました。是非参考にされてください。



手足口病とは?

手足口病とはどんな病気なのでしょうか。

夏に流行する夏風邪の一種

手足口病は、その名の通り手足や口の中に発疹や水疱が現れるウイルス性の感染症です。

毎年夏に流行する夏風邪のひとつで、5歳未満の乳幼児に発症することが多いですが、大人が感染することもあります。

原因となるウイルスはエンテロウイルス71やコクサッキーウイルスA16などが知られていますが、わかっているだけでも10種類以上あり、一度かかっても再び感染することがあります。

主な症状

手足口病の主な症状は、手足と口の中の発疹や水疱と発熱です

発疹は膝や肘、お尻などにも広がることがあります。口の中の水疱は痛むので、食事をとるのが困難になります。発熱がない患者も多く、高熱になることは少ないようです。

しかし原因ウイルスの型によっては、上腕部や太ももなどの四肢全体や全身に大きな発疹が広がって高熱が出ることもあります。

喉の発疹と咽頭炎、発熱のなどの初期症状は、手足口病と同時期に流行するヘルパンギーナと似ているので、見分けるのが困難です。

ごくまれに重症化することもり、急性脳炎を起こすことがあるので注意が必要です。

急な高熱や嘔吐、けいれん、意識障害などがある場合はすぐに受診しましょう。

感染経路は?

感染経路は、飛沫感染、接触感染、経口感染です。

せきやくしゃみ、感染者の排泄物などから感染することが多く、保育園や幼稚園を中心にあっという間に流行してしまいます。

潜伏期間は3日~5日ほどで感染力がとても強く、潜伏期間中でもうつります。

発症して症状が治まっても1~2週間は感染力があり、便からは長くて1ヶ月ほどウイルスが排出されるので、しばらく注意しなければなりません。

ママが出来る対処法は?

まずは医療機関を受診しましょう。

おうちではお医者さんの指示を守りながら以下のようなケアしてあげましょう。



手足口病に特効薬はありません

残念ながら手足口病に直接効く特効薬は現在ありませんので、痛みを抑えたり、熱を下げるなどの対処をするしかありません。

あとは安静にして身体の回復を待ちましょう。休むお部屋はエアコンをつけるなどして、涼しく快適な温度に設定しましょうね。

脱水症状に注意しましょう

口の中や喉に水疱が出来ると食欲が無くなり、おっぱいやミルクを飲まなくなることもあります。

イオン飲料水などでこまめに水分補給をさせて、脱水症にならないように注意しましょう。どうしても水分がとれない場合は、病院で点滴などの処置をします。

食事はのどごしの良いものを

食事はプリンやゼリー、お粥、豆腐などの柔らかくのどごしのよいものにしましょう。熱いものや塩味の濃いもの、柑橘類はしみるのでやめましょう。

大人にもうつるので注意しましょう

手足口病は大人にも感染します。

大人が感染すると子供の場合より重症化しやすく、なかには40℃近くの高熱が出ることもあります。

こまめな手洗いやうがいをしたり、咳やくしゃみがでる場合はマスクの着用などをして予防しましょう。おむつ替えにも注意が必要です。おむつ替えのあとは手洗いを念入りに行いましょう。

最後に

手足口病は毎年流行する夏風邪の一種なので必要以上に怖がる必要はありませんが、日頃から手洗いをしっかりと行うなどの予防しましょう。

規則正しい生活をして、免疫力を高めるのも大切なことです。夏場は特に暑さで体力を消耗しやすいので、しっかりと食事と睡眠をとるように心掛けましょう。

もしかかってしまった場合は、症状がすこしでも和らぐように水分や食事に注意し、安静にしてゆっくりと休みましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします