子供の健康・食事 離乳食

赤ちゃんが下痢の時のお世話と効果的な離乳食レシピ3選(中期・後期・完了期別)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食を開始したばかりの赤ちゃんは、食べ物によってうんちが硬くなったり下痢っぽくなったり変化することがあります。

下痢であっても食欲もあり元気であれば問題ありません。

ここでは、発熱があったり、機嫌が悪かったり食欲がなかった場合のお世話と離乳食をご紹介したいと思います。



お世話の仕方

脱水症状を防ぐ為、水分を少量ずつ、こまめに与えましょう。

蹴りで失われた電解質を補うには、赤ちゃん用のイオン飲料が最適です。大人用のイオン飲料を与えてはいけません。

おしりのケア

赤ちゃんの皮膚はとても弱いです。その為、下痢になってしまうと、おしりがかぶれてしまうこともあります。

市販のおしり拭きのアルコールが入っているものは使うのを控えたほうが良いでしょう。

また、おしり拭きだけではなく、実際にシャワーなどで洗うのも効果的です。

市販薬

我が家でとても活躍した市販薬に「ポリベビー」があります。

こちらのお薬、オムツかぶれはもちろんなのですが、あせもなどの湿疹にも効果的です。

ステロイドも入っていませんし、常備薬としてとても便利でしたね。

なかなか改善しない場合は外の病気も考えられるので、改善の兆しがない場合は病院を受診しましょう。

【ポリベビー】

¥ 580
アマゾンボタン



離乳食のすすめ方

下痢があっても、元気で食欲があるようなら、消化の悪い食材を避ける程度で様子を見ます。

水様便や血便などの病気の疑いがある場合は、医師に離乳食の上げ方をきちんと聞き、消化の良いおかゆやマッシュポテトなどから再開しましょう。

便の状態を見ながら徐々に普段の離乳食に戻して行きましょう。

NGの食材

果汁、果物、乳製品、卵製品、油を使った離乳食は避けましょう。

果汁は水分を補うのに良さそうですが、下痢を促してしまう場合があります。特に柑橘系は避けましょう。

下痢の時に効果的な離乳食

下痢をしているということは胃腸が弱っている証拠です。胃腸に優しく、負担をかけないメニューが効果的です。

月齢ごとにご紹介しますので参考にしてみてください。

中期からのメニュー:にんじんがゆ

しぼり汁のみを使うので胃腸に負担をかけません。

レシピ

◎材料

・にんじんの汁(すりおろしてしぼったもの) 10g
・7倍がゆ 60g
・塩 少々

    ◎作り方

  • ①にんじんは皮をむき、すりおろしてガーゼに包み、汁をしぼり、材料の分量を用意する。

  • ②鍋に7倍がゆと①の汁を入れて火にかけ、3~4分煮て、塩で調味する。

  • ③人肌に冷まし、スプーンでざっとつぶす。

後期からのメニュー:白身魚とじゃがいもの柔らか煮

食欲が出てきたら、消化の良い白身魚を使ったメニューはいかがでしょうか?

レシピ

◎材料

・じゃがいも 30g
・にんじん 5g
・ヒラメ 15g
・だし汁 1/2カップ
・しょうゆ 小さじ1/3

    ◎作り方

  • ①じゃがいもとにんじんは皮をむき、いちょう切りにする。じゃがいもは水にさらしてアクを抜く。

  • ②鍋にだし汁と①を入れて火にかけ、やわらかく煮る。

  • ③皮と骨を取り除いてそぎ切りにしたヒラメを②に加え、しょうゆで調味し、4~5分煮る。

完了期からのメニュー:おろし煮

大根おろしは胃腸に優しく食べやすいです。消化の良い白身魚と一緒にいかがでしょうか?

レシピ

◎材料

・大根 15g
・さやいんげん 5g
・カレイ 20g
・だし汁 1/4カップ
・しょうゆ 小さじ1/6

    ◎作り方

  • ①大根は皮をむき、すりおろす。さやいんげんは、すじを取ってゆで、斜め薄切りにする。

  • ②白身魚は皮と骨を取り除き、そぎ切りにして材料の分量を用意する。

  • ③鍋にだし汁としょうゆを入れて火にかけ、②を加えて弱火で5~6分煮る。①を加えてひと煮立ちさせる。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします