スキンケア

エステティシャンがお薦めする洗顔ランキングBEST5!洗顔の役割・種類・コツも解説!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

日々のお手入れに欠かせない洗顔ですが、どんな洗顔料を使ったら良いのか分からないとお悩みの方も多いと思います。

そこで今回は、エステティシャン経験がある筆者がおすすめの洗顔料をランキングでご紹介します。



洗顔の役割

ただ洗うだけじゃない!洗顔には肌をきれいに保つための大切な役割があります。

肌の汚れを落とす

洗顔にはご存知の通り、肌の汚れを落とす役割があります。肌の汚れとは、皮脂汚れやメイク・ほこり・古くなった角層のことです。

ターンオーバーを促す


古くなった角層をきちんと洗い流すことで、肌のターンオーバーを促し、肌のバリア機能を正常に保ってくれます。

ターンオーバーが正常に行えなくなると、肌表面の角層が乱れ、肌の内側を紫外線や乾燥から守れなくなり、シミやシワ・たるみなど、肌の老化を招いてしまいます。

洗顔でスキンケア効果アップ

洗顔料の中には、保湿成分などが配合され、肌表面の角層をやわらかくしてくれるものもあります。

角層がやわらかくなると、その後に付ける化粧水や乳液、美容液などの浸透が良くなり、スキンケアの効果が出やすい肌になります。

洗顔の種類

洗顔料にもさまざまな形状があります。自分の肌に合った洗顔料を選ぶためにそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

クリームタイプ

クリームタイプはもっとも一般的なチューブに入った洗顔料です。量の調節がしやすく、泡立てるのも簡単、保管もしやすいので、使い勝手が良いのが魅力です。

「さっぱり」「しっとり」など肌タイプと悩みに合わせて選びましょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプは水分を多く含み、さっぱりした洗い心地の洗顔料です。水分が多い分、泡はへたれやすく、キメの細かい泡を作るのは大変かもしれません。

比較的洗浄力が強めなので、脂性肌の方向きです。逆に、乾燥しがちな敏感肌・乾燥肌の方には不向きです。

泡タイプ

ポンプを押すと泡が出てくるタイプの洗顔料です。泡を作る手間がないので便利ですが、強い洗浄成分が入っていることが多いので注意が必要です。

固形タイプ

固形タイプの洗顔料には、白いものと透明のものがあります。白いものはアルカリ性の成分が多いので、刺激が強く、あまりおすすめではありません

透明のものは保湿成分が多く含まれているので、固形タイプを使いたい方はこちらがおすすめです。

固形タイプの洗顔料は濡れたままだと雑菌が繁殖するので、きちんと乾かすことが大切です。



覚えておきたい洗顔のコツ

洗顔で角層を傷めないために、洗顔のコツを覚えておきましょう。

泡はレモン1個分

洗顔をするときは、洗顔料をレモン1個分以上泡立てましょう。「泡立てが苦手」という方は泡立てネットを使うことをおすすめします。

手が直接肌に触れないように、「泡で洗う」ことを意識しましょう。

温度は25℃

洗顔するときの水の温度は25℃前後が最適です。冷たすぎる水は皮脂やメイク汚れが残ってしまう原因に、熱すぎるお湯は肌の水分・油分が奪われ乾燥の原因になります。

洗顔料が残っていると肌トラブルの原因になるので、すすぎは20回以上を目安に、徹底して行いましょう。

スタートはおでこから

洗顔し始めの洗顔料は洗浄力が強いので、皮脂が多く乾燥しにくいおでこから洗顔をスタートしましょう。

Tゾーンを洗い終えたらほほ、あご、目、口の順に泡を広げ、包み込むように洗っていきましょう。

とにかくやさしく洗おう

洗顔料の洗浄力が強すぎたり、ゴシゴシ洗ってしまうと、肌表面の角層が乱れ、敏感肌になってしまいます。

敏感肌は肌トラブルが起きやすく、健常な肌よりも老化しやすくなってしまいます。そうならないためにも洗顔料はきちんと肌に合ったものを選び、とにかくやさしいお手入れを心がけましょう。

おすすめ洗顔ランキング

おすすめの洗顔をランキングでご紹介します。

1位 B.A RED

img_items
¥8964
詳細を見る

1位はPOLAの「B.A RED」ウォッシュです。弾力のあるキメ細かい泡で、やわらかくしなやかな肌に洗い上げます。

たっぷりの保湿成分がごわついた角層をやわらかくし、化粧水や美容液が浸透しやすい肌に整えてくれます。

毛穴の奥の汚れもしっかりキャッチしすっきり洗い上げながら、肌に必要な水分・油分を保ってくれる優秀な洗顔料です。

2位 つつむ ジェントルクリームウォッシュ


¥1,470(つつむトライアルセット価格)
詳細を見る

2位はポーラ・オルビスグループのディセンシア「つつむ ジェントルクリームウォッシュ」です。敏感肌ブランドならではの肌にやさしい洗顔料です。

刺激緩和成分と保湿成分配合で肌への刺激を緩和し、しっとりしなやかな洗い上がりです。弾力のあるクリーミーな泡が肌をやさしく包み込み、肌を摩擦から守ってくれます。

3位 ヒフミド ソープ

¥2,851
詳細を見る

3位は小林製薬「ヒフミド ソープ」です。弾力のあるキメ細かい泡がメイク汚れや皮脂をすっきり洗い流し、肌をきれいな状態にリセット。

化粧水や美容液が浸透しやすい肌に整えてくれます。100%植物性の原料を使用した肌にやさしい洗顔料です。

4位 POLA Dソープ

item127121p1

4位はPOLAの「Dソープ」です。固形タイプの洗顔料は泡立てにくいのが難点ですが、Dソープはねっとり濃密な感触で、とにかく泡立ちが良いのが特徴です。

ねっとり泡が毛穴の汚れや古い角層を吸着しさっぱりした洗い上がりです。少ない量でたっぷり泡立つのでコスパが良いのも魅力です。

5位 オラクル エッセンシャルクレンザー

212aH4+-yaL

5位は「オラクル エッセンシャルクレンザー」です。天然クレイ配合のキメ細かい泡が、余分な皮脂や汚れをキャッチ。

肌に必要なうるおいを守るので、しっとりとした洗い上がりです。無添加なので肌にやさしく、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめです。

洗顔で化粧品が効く肌に!

洗顔で肌の汚れや余分な油分、古くなった角層をきちんと落とすことで、肌を清潔に保ち、肌トラブルを回避することができます。

正しい洗顔と、自分に合った洗顔料で化粧品が効きやすい、やわらかな肌を手に入れましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします