節約術

プロパンガスと都市ガスの違いってなに?それぞれのメリットとデメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

プロパンスガスは高い!そんなイメージありませんか?

でも実際は、プロパンガスのLPガス会社を上手に選べば、都市ガスと大して変わらなかったり、プロパンガスの方が利便性が良かったりもします。

さて、では何を基準にガス会社を選べばいいのでしょう? 都市ガスとプロパンガスのそれぞれの特徴を知って、かしこいガス会社選択をしましょう!



都市ガスとプロパンガスの違い

何となくの違いは分かるけど、結局何がどう違うの? そんな疑問にお答えします!

都市ガス

ガスの種類 天然ガス(メタン)が主成分

供給 道路下のガス導管を通じて供給。(運搬に適さない)

ガス会社 その地域で供給している都市ガス会社、または自治体のガス局から供給。全国に 200社以上ある。

料金 公共料金で一定

プロパンガス

ガスの種類 液化石油ガス(ブタンやプロパン)が主成分

供給  LP ガスが入ったボンベを業者が自宅まで配送して供給。(運搬に適する)

ガス会社 その地域にあるいくつかの LP ガス会社の中から契約する会社を選ぶ。全国に 2 万社以上ある。

料金  LPガス会社によってバラバラ



都市ガスとプロパンガスのメリット・デメリット

一般的にはプロパンガスは料金が高いなどのマイナスイメージがありますが、そんな事はありません!

状況によっては都市ガスの方が不便だったりと、それぞれのメリット・デメリットがあるのでどちらがいいか見極めてみましょう。

都市ガス

メリット

・価格が公共料金でプロパンガスよりも安い
(料金設定に、国や自治体の許可がいるので簡単に料金変更が出来ません)
※料金価格は地域によって異なります

・ガス設置の場所をとらない
(プロパンガスはボンベが大きいので邪魔な場合がある)

・安全性に優れている
( 24 時間体制で監視しているので、災害時は直ぐに供給をストップする事ができる。又、都市ガスは空気より軽いので、ガス漏れが発生しても自然と換気口から排出される為、発見しやすい)

デメリット

・災害時の復旧に時間がかかる
(導管の修理や安全確認に時間を要する為、約 1 ~ 2 ヶ月程度)

・初期費用が高い
(戸建ての場合はガス導管などを引き込むのにコストがかかります)

・ 汎用性が低い
(都市ガスは地域ごとにガスの種類が異なる為、引越しの場合はコンロの買い替えが必要です)

プロパンガス

メリット

・都市ガスよりも約 2 倍、火力が強い
(料理店などに適している)

・災害時、復旧が早い
(導管の都市ガスと違い、ボンベは運搬に適している為。約1週間程度)

・設置の初期費用が安い
(設置費用を無償にする会社や、分割払いにする会社が多い為)

・汎用性が高い
(プロパンガスのコンロは引越しの場合でも全国共通で使用できます)

デメリット

価格が都市ガスより 2 倍近く高い
(料金設定が自由形で価格変動が多く、定期的なボンベの運搬などに人件費がかかる為料金が高い)

※なお、「エネピ」というサービス使えば、一番安いガス会社に切り替えることが出来ます。年間5万円以上節約できた家庭が多数いらっしゃるみたいですよ。

【参考】
年間5万円安く!一番安いガス会社に出来る|エネピ公式サイト

安全面が心配
(プロパンガスは空気より重いため、ガス漏れに気づきにくい)

ガス設置の場所をとる
(戸建ての場合は特に、住居のどこかに大型ボンベを設置しなければいけない為、邪魔になりやすい)

状況に合わせて選ぼう!

現在住んでいるご自宅が、都市ガスとプロパンガスの両方に対応している場合は、設置費用や今後のガス料金などを比較し、替えるべきか検討してみるといいでしょう。

また、これから戸建てでマイホームを建てる方や集合住宅に引越しを考えている方も、物件を選ぶ際のチェックポイントとして取り入れてみるのもいいですね。

よく分からないままガス会社と契約してしまうと、後々トラブルに発展してしまったり、年単位で計算するとガス料金が数万円も違う!という事もよくあります。

それぞれのメリット、デメリットを把握した上で、ご家庭に合ったガス会社を選びましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします