子供の教育・成長・遊び

学資保険のデメリット3つ!必要じゃない派の意見をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「子供の将来のために、教育資金を用意しておきたい」

そう考えた時の選択肢の一つが、学資保険です。一昔前で学資保険は利率がよく、「教育資金には学資保険」と単純に考えられていました。

しかし最近では、様々な理由により「学資保険は必要ではない」と考える人も出てきています。

何故、今、学資保険は必要ではないのか。「必要じゃない派」の意見から、学資保険のデメリットについて考えてみました。



必要じゃない派の意見①元本割れする商品がある

元本割れってどういうこと?

元本割れとは、「支払った保険料よりも、受け取る保険金の額が少ない状態」のことをいいます。

例えば支払い期間が18年間で総額160万円支払ったのに、満期で受け取る額が155万だと、5万円損をすることになります。

せっかく子供の教育資金を用意するための学資保険なのに、減ってしまっては意味がありません。

何故元本割れする商品があるの?

では、何故払った額より受け取る額が少ない商品が販売されているのでしょうか。

それは、こういったタイプの商品では「貯蓄」よりも「保障」が重視されているからです。

医療保険や育英年金といった特約がつくことにより、万一のことがあった時の保険としての役割を重視しているので、保障としては手厚いのですが、貯蓄性の面で劣ってしまうのです。

元本割れしない商品もあります!

勿論、保障を重視した商品も販売されているので、特約のないシンプルな商品を選択すれば、元本割れは避けることができます。

そういう商品を契約しようとすると、返戻率がいくらになるのかきちんと把握する必要があります。

このように、商品によって返戻率が変わるという複雑さが、「学資保険必要じゃない派」にとっては、敬遠する一因となっているようです。



必要じゃない派の意見②中途解約すると損をする

解約返戻金の額が支払いよりも少ない!

中途解約は損をする。これは学資保険でよく言われることです。

中途解約せざるを得なくなった場合に、支払った額より解約返戻金の額が下回ってしまうことが多いのです。

解約しやすければ、別の時期に解約してお金を受け取ったり、解約して別の用途に使うこともできます。

資金が固定される、融通がきかない、というところが学資保険のデメリットと言えます。

必要な時に引き出せない!

学資保険は、加入する時に満期の時期を決めます。

大学入学の時の入学金や授業料用に用意する目的で、満期を17歳や18歳に設定することが多くなっています。

ただ、実際に子供にお金が必要となる時期がその時ではないかもしれません。

私立の中学受験、私立の高校を受験する際に、まとまったお金がいる場合もあります。

大学に行かない場合は、満期時に必要がなくなるかもしれません。

子供が成長してから本当にお金が必要になる時期というのは、契約した時にはどうなるかわからないもの。

それに対応しにくいところが、学資保険のデメリットと言えます。

支払えなくなった時のリスクがある!

契約した当初は、子供の将来のために貯めておこうと目標を持って支払いを始めます。

でもその後、給料の減額、転職、リストラ、商売の不振など、経済的な事情が変わる事態がおこる可能性があります。

中途解約すると損をしてしまうということは、支払い不能になった時のリスクも高くなるということです。

減額するなどの対応で乗りきれる場合はよいのですが、どうしても解約しなければならない時は、解約返戻金が低いことはネックとなります。

必要じゃない派の意見③保険会社が破綻した時の保障がない

銀行だったら破綻してもペイオフ制度がある

銀行が破綻した時には、ペイオフにより一千万円までは保障されますが、保険会社が破綻した時にはそういうった保障はありません。

生命保険会社が倒産した場合、生命保険契約者保護機構という組織が救済にあたって、90%までは保障されます。(ただしこれも状況により確実ではありません)

しかも、予定利率の高い、有利な契約ほど、削減される可能性があります。

大学入学準備のための積立であれば、200~300万が一般的。一千万を上回ることはないので、銀行での定期などにいれておけば、もしものことがあっても保障されます。

そのリスクを考え、学資保険という保険の形ではなく、銀行の定期などの商品を選ぶ、という考え方があるのです。

保険会社の倒産の可能性

実際には、2008年に大和生命が倒産して以来、生保会社の倒産はありません。

ただ、近年は外資系の保険会社が数多く参入し、生保業界の生き残り競争も苛烈になってきています。

必要じゃない派は、そんな現代の金融事情も憂慮しているのです。

最適な方法を自ら考え選ぶ時代

「子供のために教育資金を用意しておきたい」という思いは、学資保険必要派も、必要じゃない派も、同じです。

多種多様な商品が発売され、選択肢が増えた中で、何が自分たちにとって最適な方法なのかを自ら考え、選ばなくてはならない時代と言えます。

大切なことは、それぞれの選択肢のメリット・デメリットを正確に把握すること。

そして、自分たちにとって何がメリットで何がデメリットになるかを認識すること。

学資保険必要じゃない派のデメリットも参考にした上で、お子さんにとって、教育資金が必要な時期に必要なだけきちんと貯められる最適な方法を考えてみましょう。

この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします