離乳食

離乳食のおかゆの作り方をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

生後5~6カ月から始まる離乳食作り。主食となる『お粥』は、完全に通常食になるまで続く、大切なエネルギー源です。

最初は10倍粥からスタートさせ、徐々に水分量を減らしていきます。

『赤ちゃんの様子を見ながら』と言いますが、具体的にどのようにステップアップしたら良いのでしょうか。

時期による硬さの違いや作り方を、わかりやすくまとめてみました。



時期によるお粥の硬さ

離乳食は4つの段階に分け、約1年の月日をかけて少しずつステップアップしていきます。

一般的な硬さの目安

【初期(ゴックン期)】5~6カ月 10倍粥→後半7倍粥

【中期(モグモグ期)】7~8カ月 前半7倍粥→後半5倍粥

【後期(カミカミ期)】9~11カ月 前半5倍粥→中半4倍粥→後半軟飯

【完了期(パクパク期)】1才~1才6カ月 前半軟飯→後半通常飯

時期よりも赤ちゃんの様子を見て!

一般的に、「離乳食は5~6カ月からスタートさせましょう」と言われます。

しかし、食べることに興味関心がない赤ちゃんの場合、無理に始める必要はありません。

よだれが増える、口をモグモグさせて大人の食事をじっと見つめる等、食べたい!という様子が見られれば、7カ月からのスタートがふさわしい赤ちゃんもいるのです。

ステップアップも同様に、時期よりも赤ちゃんの様子を見ながら進めて行くことが望ましいと考えてください。

スムーズに『ゴックン』と飲み込めているか、モグモグ口を動かしてから飲み込んでいるか、歯が生えて噛んでいる様子が見られているかなど、赤ちゃんの成長に合わせてゆっくり進めてくださいね。

お粥の作り方①水分量の比較

『〇倍粥』とは、お米に対する水分量の違いです。お米から作る場合と、炊きあがったご飯から作る場合では、さらに水分量が異なります。

割合の目安

無題
お米は収穫時期により、もともと含まれている水分量が異なります。

そのため、この割合通りにお水を入れたのにべちゃっとした炊きあがりになることもありますし、逆に硬いと感じる場合もあるでしょう。

赤ちゃんの食べやすい状態になるよう、あくまでも目安として捉え、水分量は加減してください。

本により表記の仕方が異なります。

5倍粥=全粥、4倍粥=かた粥、10倍粥=五分粥のように、本により表記の仕方が異なる場合があります。ご注意ください。

お粥の作り方①基本編

まずは、お鍋を使う基本の作り方を覚えておきましょう。

お米から炊く基本の作り方

  • 1. お米を洗います。

  • 2. 鍋に分量のお米と水を加えて30分以上、吸水させます。

  • 3. 強火にかけ、沸騰したら少し隙間があくように蓋をして、弱火で1時間半炊きます。

  • 4. 炊きあがったら火を止めて、ぴっちりと蓋をして約15分蒸らして完成です。

ご飯から炊く基本の作り方

  • 1. 分量のご飯と水を鍋に入れ、ご飯を軽く混ぜてほぐします。

  • 2. 強火にかけ、沸騰したら弱火にします。少し隙間があくように蓋をして炊き上げます。炊き時間の目安は次の通りです。
    10倍粥は30分、7倍粥~4倍粥は20~15分、軟飯は5分

  • 3. 火を止めてぴっちりと蓋をし、約10分蒸らして完成です。

初期の前半はさらにすり潰して!

初期の前半は、10倍粥を作ったらさらに『すり潰す』という作業が必要になります。

すり鉢を使いヨーグルトのような状態にしますが、米粒の形が残る場合はザルで漉すと簡単です。



お粥の作り方②応用編

レンジや炊飯器を利用して、簡単に作ることもできます。

炊飯器で大人のご飯と一緒に!

初期~中期の少ない量は、大人のご飯を炊くのと同時に炊飯器で作ることができます。

耐熱カップや湯飲み、市販の『おかゆクッカー』を用意し、分量のお米と水を入れます。大人用に研いだお米の中央に、用意したカップを入れてスイッチオン!1回分だけを作りたいときに便利な方法です。

炊飯器で数日分を!

多くの炊飯器には、『五分粥(10倍粥)』と『全粥(5倍粥)』のメモリがついています。

たくさん作って冷凍しておきたい場合は、お鍋を使うより、炊飯器で数日分を一度に炊き上げる方法が簡単です。

ただし、お粥機能の備わっていない炊飯器では吹きこぼれることがあるので、説明書で確認してください。

レンジを活用!

冷凍ストックがない場合、レンジを活用して簡単に作ることができます。ご飯はお米ではなく、予め炊いたものを用意しましょう。

ご飯と水の割合は次の表を参考にしてください。あくまでも目安ですので、水分量はお好みで加減してくださいね。

無題2

耐熱容器に入、ラップをしてレンジで2~3分加熱します。

レンジのワット数や量により吹きこぼれる場合があるので、様子を見ながら時間を調節してください。

深めの容器を使うと吹きこぼれ防止になります。ラップをしたまましばらく蒸らし、粗熱がとれたらほぐして出来上がりです。

硬いと感じる場合は、出来上がりに白湯を少々加え混ぜると良いでしょう。

それぞれの作り方のメリット・デメリット

それぞれの作り方に、メリット・デメリットがあります。

都合に合わせた方法で!

お鍋でコトコト作る場合は、どの方法よりも『美味しいお粥』が出来ます。

しかし、一番手間がかかるため余裕のある時でなければ難しいかもしれませんね。

レンジはすぐに出来る!簡単!というメリットがありますが、風味が落ち、電磁波により栄養素を破壊するというデメリットがあります。

炊飯器は便利ですが、機種により炊き上げ方が異なり、失敗を経験されている方も多いようです。

それぞれのライフスタイル、また時と場合に合わせた方を活用するためにも、どの方法でも作れるように覚えておくと良いと思います。

さらに、どんな方法でも炊ける自信を付けておけば、子どもが熱を出したり胃腸が弱った時など、離乳食期を終えてからも、きっと役立ちます!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします