妊活・べビ待ち

不妊治療を始めようと決断した方へ!治療を始める前に知っておきたい5つの事(経験者の発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

不妊治療を始めようと決断したあなたに伝えておきたいことがあります。ここに至るまでにも、色々と悩んだことでしょう。まだ見ぬ“病院に行く”という生活には不安も多いかと思います。

だけどこれからのお2人が、少しでも毎日笑って妊活をするために、耳の痛いこともあると思いますが、ちょっとだけお付き合いください。



不妊治療といっても100%ではない

いきなり心折れるようなことを言ってしまってすみません。ですが、これは絶対に頭に置いておかなければいけない事実です。

治療をしてもしなくても、精子と卵子が出会うタイミングが合っていなければ、一生子供が出来ることはありません。病院に行ってみて、あらためて妊娠のメカニズムを知る人はとても多いのです。

さらにタイミングが合っていても、その後の女性の体であったり、ホルモンであったり、男性の精子の問題であったり、とにかく妊娠しない原因というのは色々あります。

子供が出来るって、実は簡単なものではないのです。“不妊治療を始めた=絶対妊娠できる!”ではないことを、まずは知っておいて下さい。

専門医へ行こう


近くの産婦人科や総合病院に行こうと考えているあなた、それはやめて下さい。
もしかしたら、近くにそういう所はないから仕方ないんだよ!という方もいるでしょう。

それは本当に申し訳ないのですが、行けるのであれば不妊治療を専門的にやっている所に通う方が、メリットは多いと思って下さい。

大概の産婦人科は、不妊に対して大した興味もありませんし、その種の検査を数多く体験していません。その為、検査が少々痛かったり、段取りが悪かったりします。

もちろん精神的なケアなど皆無です。何よりも、子供が出来なくて悩んでいるあなたの周りに、たくさんの妊婦の方々が受診しにやってきます。

落ち込むなというほうがムリ!という状況に陥りがちです。最初は“私は不妊じゃない”と思うプライドもあるでしょうし、どこも変わらないと思って近くの産婦人科を受診すると思いますが、

あなたにとって一番最適な手段を早くに診断してくれる、不妊治療を診療の項目にあげている病院を選んで欲しいと思います。



治療にも種類がある

不妊治療といっても、いろいろ段階があります。まずは『タイミング法』

。女性の排卵に合わせて、「はい、今日から3日間がいいですよ。」と先生から仲良くする日を教えてもらうという方法です。

本当に何も問題がなかった人達は、排卵というものを知らなかっただけで、この方法で妊娠していきます。

健康だと思っていた女性が、実は排卵していなかったという『排卵障害』というものに対しての治療をし、タイミング法と併用して妊娠を促す方法もあります。

その他にホルモンの調整をする薬を処方してもらったり、人工授精・体外受精・顕微授精等もあり、あなたがどういう状態なのかは、検査をしてみないとわかりません。

不妊治療というと、即体外受精のようなものと不安になる方もいると思いますが、“病院に行きました、はい人工的な治療をします”、ではないので安心してください。

お互いの気持ちを確かめよう

私としては、やっぱりここが一番大事なのではと思います。タイミング法より先に進んでいくというのは、金銭的な負担もありますし、誰しも抵抗がある治療法でしょう。

そういった治療を“人工的なもの”と拒絶するのかどうかという意思の確認というのは、運よく授かった後の生活に影響が出ると思いますので、病院に行く前に、『どこまで子供が欲しいと思っているのか』というお互いの子供欲しい度の確認は忘れないで下さい。

そして、どこまでやるのかも大事なのですが、治療が長引いた時、『いつまで』やるのかというのを2人で話し合うことも忘れないで下さい。

本来は、ずっと一緒にいて楽しく過ごせる相手として結婚したはずの2人。これを機会に、『子供ありきではない』というパートナーを大切に想う気持ちも取り戻しておきましょう。

心も体も健康が一番!!

最後は基本的なことですが、とても大事なことです。病院へ通うことになると、どうしても心がふさぎがちになります。

“子供が出来ない”以外は元気だということは、治療中のあなたの心を助けますし、自信にもつながります。

どよ~んと思い悩んでいる時ほど子供は授からず、“もういいや!”と開き直った時に出来やすいというのもよく聞く話です。

授かった後の体力だって必要です。妊娠には○○がいいと固執するのではなく、心身共に『あなたが』健康であるための生活を心がけましょう。

ちなみに、私は一番赤ちゃんを遠ざけるものは『ストレス』と思っています。病院に行っている時も、大好きなお酒を辞めたことはありませんでした(笑)

家庭は女の人が笑っているのが一番!!あなたの笑顔の元に、素敵な赤ちゃんがやってきますように!!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします