出産

【双子妊娠中なら絶対読んで】双子の早産確率は単胎妊娠の9割!予防法はあるのか?-双子ママによる発信-

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは双子の育児中のママライターです。私は32週の早産で双子を産みました。双子と言うと妊娠中は安定期はないと言われ、私自身とても気をつけていたつもりでした。

本当に”つもり”でした。自分が切迫早産で入院してしまってから事の重大さに気が付き、それまでの妊娠生活を後悔しました。今、双子を妊娠している方がいたら是非読んで欲しいです。



早産とは?

早産とは妊娠22週から37週までに出産することを言います。

早産の原因は?

初期の流産は母体が原因のほかに赤ちゃんに原因があることもありますが、早産は母体が原因になることがほとんどです。

多胎妊娠が原因のほかにも、子宮筋腫や、妊娠高血圧症候群、前置胎盤。細菌性膣症、糖尿病、羊水過多、羊水過小、喫煙、ストレスなどさまざまなことがきっかけとなって起こります。

過去に早産経験のあるママもなりやすいです。

早産のリスク~赤ちゃん~

早産になってしまうと、肺の機能が未発達なことが多く、呼吸器系の疾患になりやすいと言われています。新生児一過性多呼吸、肺炎などがあります。

私の子供もその可能性があると言われ、切迫早産で入院中に肺の機能が発達するようにと二回ステロイドの筋肉注射を受けました。34週が境目と聞きました。

先生からは生まれてすぐに産声が上がらないかもしれないと言われてすごく不安でしたが、運が良かったのか、32週で早産だったもののすぐに産声を上げ、今のところまったく問題はなく育ってくれています

肺以外にも目や脳、心臓に病気や障害が残ることもあったり、発達障害の発症率が高いと言われています。早産児も週数のほかに体重も障害に関係します。

2000グラム以上なら問題になることはあまりないのですが、1500グラム以下だと障害が残る可能性が高くなります。

特に双子は週数が進んでいても赤ちゃんが二人いるので、単胎妊娠に比べて赤ちゃんが小さい可能性があります。

双子が2000グラム以上になるということは単胎なら4000グラムの赤ちゃんがお腹にいることになります。

そう考えるとなかなかそこまで大きくなるまでママのお腹が耐えられないんじゃないかと思います。

ちなみに私は1800グラムと1700グラムで産んだので足すと3500グラムになります。単胎なら結構大き目の赤ちゃんだね~という感じですね。

なので双子のママは本当に頑張らないといけませんね。無事に生きて生まれてきてくれただけでそのときは奇跡だと思いましたが、やはり赤ちゃんにリスクや障害を残すのは心苦しいです。

早産のリスク~ママ~

早産は、週数によって受け入れてもらえない病院があります。双子の妊娠が分かったら大きな病院や産んですぐに赤ちゃんがNICUで見てもらえるようなところを探さないといけません。

もし緊急時に受け入れてくれる病院が見つからないと、ママも危険な状態になってしまう可能性があります。双子だと管理入院が決まっている病院もありますが、なにがあるかわかりません。

もし妊娠中に旅行などを計画している場合は万が一のときにすぐにいける病院を自分で調べておいたほうがいいです。

早産になった赤ちゃんのその後

ほとんどの赤ちゃんが保育器に入って、NICUに入院になります。うちは、2週間ほどで保育器は出られましたが、2ヶ月ほど早産だったので、出産予定日までは最低入院になります。と先生から言われました。

その間に黄疸の治療や、いろいろな検査をしていただき、2ヵ月後に2500グラムを超えて退院することができました



早産にならないためには

まず、いきなり早産で出産することはまずないと思います。必ずその前にお医者さんから言われるのが切迫早産です。

早産にならないためには切迫早産と診断されないようにする必要があると思います。

切迫早産の兆候と症状

下腹部痛やお腹の張り、不正出血などがあります。私はお腹の張りがどんなものか分からずに過ごしていて、健診のときに先生にお腹の張りはない?と聞かれていつも大丈夫です。と答えていました。

しかし、28週頃に病院を受診したら、常に張っている状態と言われました。そう言われても私は張っていることに気が付いていませんでした。

鈍感すぎるのかもしれませんが、初めての妊娠で張る感覚が本当にわかりませんでした。今思うとお腹が突っ張っているような感覚が張るということなんだなと気づきました。

切迫早産の基準

子宮頚管の長さを測ってそこが短くなってくると入院になってしまいます。双子だと2週間おきに健診がありますが、前回大丈夫だったのに急に短くなった!というのは良くあります。

そして双子は結構基準が厳しいみたいで、私が行っていた病院は、単胎妊娠だと入院にならない長さで双子は入院になっていました。
病院によっても違うと思います。

切迫早産を予防しよう

双子に安定期はないとよく言われていますが本当にそうです。何事もなく産める人なんて少ないと思います。単胎妊娠の人が普通にやっていることでも気をつけないといけないことがあります。

マタニティヨガとかは絶対お医者さんの指示にしたがってください。私は双子と分かったときにダメだよといわれ、仕事もできたら休むか辞めるように言われました。

お腹に力を入れないとか当然ですが、このくらいなら大丈夫かなと散歩に行ったり、長時間立ちっぱなしだったりするとすぐに子宮頚管に出ていました。

先生には、座っているだけでもお腹は張るから、できるだけ横になって過ごしてくださいと言われていたのに、ついついジッとしていられず、座って本を読んだりしてしまっていたのですが、それも良くなかったようです。

バランスの良い食事を心がけ、冷え対策もしっかりして切迫早産を予防しましょう。

赤ちゃんのリスクを考えると産むまでの時間気をつけないと本当に取り返しの付かないことになりかねないんだと痛感しました。

切迫早産の予防が大切

いかがでしたか?早産にならないためにはまず切迫早産に気をつけないといけません。

完全な予防法はないですが、普段から気をつければ少しでもながく赤ちゃんをお腹の中で育てられて、リスクや障害は減らせます。

赤ちゃんを産まれて来るまで守れるのはママだけです。そのことを考えて妊娠生活を送って下さいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします