女性の健康 授乳・母乳・ミルク

抱っこ、授乳、搾乳!産後ママの腱鞘炎!症状は?前兆は?初期症状は?原因と対策【双子ママの体験談】

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。双子の子育て中のママライターです。皆さんは腱鞘炎大丈夫ですか?

私は腱鞘炎に悩まされました。病院に行ければ良かったのですが双子を抱えてなかなか病院には行けずに本当に苦労しました。



腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは腱と腱鞘(けんずい)の間で起こった炎症のことを言います。

普段、腱鞘というトンネルを腱が通っている状態で通常は摩擦がなく手や指の曲げ伸ばしをしているのですが、その部分で炎症が起こると摩擦が起こり、すべりがなくなってしまって痛みが現れるものです。

症状は?

腱鞘炎は痛みを感じるまでの潜伏期間があるそうです。

前兆は?

うまく手を動かせない、痛みはないが手首が腫れている、動かすとだるく感じるということがあるともしかしたらそれは腱鞘炎になる前兆かもしれません。

初期症状は?

指や手首の使用中の違和感や瞬間的に痛みがあるが持続するわけではない痛み、痛いと感じるが具体的にどこが痛いのか分からない。という症状が現れると初期段階です。

今腱鞘炎の人も、前に腱鞘炎になった人も治療で治ったとしても再発する可能性があるので初期段階で早めに気づいて対応しないとまた悪化してしまいます。

末期症状になるとどうなる?

末期になってしまうと神経痛が起こったり、血液の流れが悪くなり、手術をしなければならなくなってしまいます。

腱鞘炎になる原因

主な原因は関節部分の使いすぎです。特に産後はホルモンバランスが崩れ、「エストロゲン」というホルモンが急激に低下していて腱鞘炎になりやすい状態になっているそうです。

あとは筋力が衰えている人がなりやすく、長い妊娠生活で筋力が落ちてしまったところに、首の座らない赤ちゃんを抱っこするという無意識のプレッシャーが重なって力が入ってしまいがちです。

そのため、新米ママが特に腱鞘炎になりやすいといってもいいでしょう。

どうやって治す?

治すには方法がいくつかあります。病院に行くのが手っ取り早いのですが、多くの人が私のように産後、小さな赤ちゃんを抱えて病院に行くことを躊躇ってしまうと思います。

使わないようにする

これは無理。と思うかもしれません。抱っこや授乳、搾乳は待ったなしです。痛いけど使わないようにするのはほぼ無理です。

でも普段の自分の生活で使わないようにすることは可能ではないでしょうか?

例えば、箸を使わずにスプーンやフォークを使うとか、料理で菜箸は使わずにトングにするなど、後はなるべくパソコンやスマホは触らないなど、赤ちゃんと触れ合う以外の生活で痛みがないように気をつけてみてください。

初期症状なら軽減できる可能性があります。

マッサージをする

直接手首や痛いところをマッサージするのではなく、腕の筋の周りを手でもんだり、肩こりや背中のほうの凝りからほぐすのがいいと思います。

なかなか育児中は時間が取れませんが伸びをしたりストレッチするだけでも違います。

病院での治療方法は?

注射か手術です。整形外科を受診します。注射はステロイド注射ですごく効くらしいです。でも、それでも効かなかったり、何度も再発する場合は手術になるそうです。

でもこれは最後の手段という感じでなるべくなら自分で治したいですね。私はマッサージと下に書いた予防法などで対応していたら子供たちの月齢が大きくなって自然と痛みは引いていきました。



予防方法は?

ここでは予防方法を紹介します。予防法と纏めていますが、痛くなってからでも実践できることばかりです。

ストレッチ

普段からストレッチを取り入れるのは大切だと思います。腱鞘炎だけでなくて肩こりや腰痛も起きますし、だんだん酷くなっていきます。

お風呂上りなど体が温まっているタイミングでできると一番いいですね!その間はパパに赤ちゃんを見ててもらいましょう!

サポーターをする

手首と親指を固定できるサポーターがあります。普段から付けて生活するのはどうでしょうか?私は100円均一で買ったものでしたが使っていました。もっといいのが欲しい方はドラッグストアに売ってます。

これをつけると手首がうまく固定されるので痛くなりにくく、再発予防になりました。

抱っこ紐を使う

少しの抱っこだと抱っこ紐は使わずに抱き上げるかと思いますが、特に月齢の低い赤ちゃんだとそのまま何時間も抱っこしたまま…ということもあります。横抱きができるスリングを常備しておいて使うと全然負担が違います。

大きくなると今度は逆に重たいのに抱っこしないといけないですよね。そんな時は肩からたすきがけのようにして抱っこができる紐があります。

これは手は離せませんが体重の重い赤ちゃんの支えになるので腰や肩の負担も軽減されます。これはお座りできる赤ちゃんからしか使えません。

授乳クッションを使う


¥ 2,254
アマゾンボタン

授乳するときって知らず知らずのうちに猫背になっています。私も授乳後は首から肩にかけてや、背中も痛かったです。

そんなときは授乳クッションが便利です。Uの字のクッションをママの腰に当てて赤ちゃんをクッションに寝かせて支えるととても楽になりました。

抱き枕にもなるものを買えば、妊娠中からつかえるのでとても経済的です。

搾乳器を使う

これは搾乳のときですね。手絞りの搾乳は親指をとても使うので親指から手首にかけて痛くなります。そんなときは搾乳器です。

手動のものでも小さな力でよく搾れるのでいたくありません。電動ならスイッチを入れるだけなのでまったく負担になりません。


¥ 3,136
アマゾンボタン


¥ 5,527
アマゾンボタン

腱鞘炎の対策を大切に

腱鞘炎について書かせていただきました。腱鞘炎、産後に初めてなってすごく苦しみました。痛くて痛くてストレスで、朝起きたら手が痺れて感覚がなくなってしまっていたりもしました。

もし今これを読んでいる方で腱鞘炎に悩まされている方がいたら、ストレッチやマッサージしてみてください。対策すれば軽減されると思います。

そして気をつければ治りますし、再発も防げます。可愛いわが子を抱く瞬間に激痛が走るのは本当に悲しいことです。腱鞘炎のことを正しく知って赤ちゃんとの生活を楽しんでくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします