子供の健康・食事 離乳食

赤ちゃんが好きな食べ物ランキングBEST5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

生まれてからミルクや母乳ばかりを飲んでいる赤ちゃんですが、舌にある味覚を感じる『味蕾』と呼ばれる器官は、生後3カ月から機能し始めるといわれています。

離乳食が始まる頃には、甘い・酸っぱい・苦い…等、色々な味をしっかり感じています。

そのため、使う食材によってはベーッと吐き出すこともあるでしょう。

好き嫌いなく何でも食べてほしいと考えるママは、赤ちゃんが好む食べ物を知って混ぜ込む等の工夫をすると良いかもしれません!



第1位 バナナ

バナナは甘味が強いため赤ちゃんには食べやすい食材のようです。

栄養価が高く、エネルギー源にもなるため、お粥や麺などの炭水化物を好まない時には最適です!

バナナ好きな赤ちゃんの口コミ

どんな嫌いなものを食べててもバナナをちょこっと混ぜると泣き止んで食べますし、食べ終わるともっと食わせろと怒りだします。

出典: papalabo.jp

バナナが大好きで、バナナを混ぜたり、バナナと交互に与えるとほかのものも良く食べてくれます。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ご飯はダメでもバナナは食べてくれます。
なので、ついついバナナばかりあげてしまいます

出典: mikle.jp

最初は加熱しましょう。

バナナは甘くて好む赤ちゃんがとても多い人気の食材です。赤ちゃんだけでなく、子どもも離乳食期を終えた子どもも大好きですよね!

ただし、早いうちから与えすぎると、アレルギーを引き起こす可能性もある食材です。

最初は赤ちゃんが食べたがっても、少しずつ、必ず加熱して与えるようにしましょう。

第2位 リンゴ

そのままでは硬いリンゴですが、煮ると柔らかくなり、酸味が飛んで甘味が増します。

リンゴ好きな赤ちゃんの口コミ

大好きなリンゴ(すりおろしてます)をパクリ!おいしぃ~。満足げな顔で後ずさり・・・。ごっくんしたら、また向かってきます!

出典:ytpak.me

うちはもうすぐ7ヶ月になりますが、りんご大好きです。
ちょっと苦手な食材もりんごと一緒にするとパクパク食べてくれます。

出典: jineko.net

お粥にリンゴやバナナを混ぜると勢い良く食べます。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

擦り下ろすと調理が簡単!

リンゴは柔らかく煮れば初期から食べられる食材です。

煮てからすり潰しても良いですが、おろし金で擦り下ろした物を煮れば、調理時間を短縮させることができます!



第3位 さつまいも

3位もやはり、甘味が強い食材がランクインです!

さつまいも好きな赤ちゃんの口コミ

卒お粥の第一段に。サツマイモ大好きなのでパクパク食べました!

出典:cookpad.com

さつまいも嫌いかと思ったら…パクパク食べてくれてます!

出典:cookpad.com

美味しかったみたいで、手を伸ばして自らスプーンを持って食べてくれました(*•̀ᴗ•́*)و

出典:baby-food.blog.jp

アク抜きをしてゆっくり茹でましょう。

さつまいもは皮の近くに繊維が多いため、皮は厚めに剥いてあげてください。水に数分さらしてアク抜きをします。

ゆっくりと弱火で時間をかけて茹でることで、甘味が引き立ちます。

加熱しても壊れにくいビタミンCが豊富に含まれており、免疫力を高めてくれる嬉しい食材です!

第4位 かぼちゃ

かぼちゃは甘味が強いことはもちろん、色がきれいで視覚も育ててくれる優秀な食材です!

かぼちゃ好きな赤ちゃんの口コミ

うちの息子もかぼちゃが大好きで、離乳食初期から7ヶ月までほぼ毎日かぼちゃをあげていました。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

野菜はカボチャが好きみたいですね^^
甘いからなんでしょうか、自分から口開けて「もっと、もっとー!」って迫ってきます!

出典: happy-twinslife.com

かぼちゃとツナが気に入ったようで全部ぺろりと平らげました。

出典: sns.babytown.jp

扱いやすい食材でママにも人気!

丸ごと1個を買うと食べきれない…というママも多いようですが、1/2カットになった物だと、切るときに力がいりません。

また、短時間で柔らかくなり、すり潰しやすく、お粥やおかずに混ぜたりペースト状にしてパンに塗ったり、またおやつにも使える等、とても重宝する!とママにも人気の食材です。

第5位 豆腐

淡泊な味の豆腐が5位!始めてのタンパク源に取り入れるママが多数います!

豆腐好きな赤ちゃんの口コミ

どんどん食べるので、一時期はお豆腐は常に冷蔵庫に入っており、週の半分は大人のお味噌汁の具はお豆腐でした。

出典: papalabo.jp

上の子離乳食ほとんど食べてくれなくて、豆腐と納豆ばかりでした。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

やっぱり豆腐が多い我が家の食卓 なにせはるちゃんもママも豆腐がお好き イソフラボンばんざい

中でも『絹ごし豆腐』が人気!

初期は絹ごし豆腐を使うのが基本。

中期~後期にかけ、木綿や高野豆腐も食べられるようになりますが、やはり赤ちゃんに人気があるのは、つるりと食べやすい絹ごし豆腐のようです。

豆腐好きな赤ちゃん=納豆好き!という傾向も見られるようです!

好む物は上手に活用しましょう!

美味しいと感じる物ばかりを食べたがる、これは当たり前の本能です。

好きな食べ物は赤ちゃんによって異なり、甘い物が苦手…という赤ちゃんもいます。

我が子の好みを見つけたら、色々なものを食べさせるチャンスでもありますよ!

好みの食材を混ぜ込む工夫

離乳食期間は、『食事を楽しむもの』だと教えることが最優先。

喜んで食べてくれる好みの食材がわかったら、どんどん取り入れて行きたいですね。

ただし、特定の食材だけを食べさせ続ける等、あまりに偏った与え方は良くありません。

たんぱく質・炭水化物・野菜類をバランス良く、苦手な食材や新たに始める食材には好きな物を混ぜるなど、上手に工夫しながら活用していきましょう。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします