子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月 離乳食

離乳食の5倍粥の作り方!炊飯器では?レンジでは?冷凍保存はいつまで持つ?解凍の方法は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食が始まって約5カ月。中期の終わり頃からは、主食となるお粥が『5倍粥』になります。

『全粥』とも言われ、すり潰す必要のないお粥です。

野菜やたんぱく質など、色々な食材も食べられるようになりますので、工夫しながらお粥の味の幅も広げてみてくださいね!

ここでは、5倍粥の作り方や冷凍保存の方法についてご紹介します。



5倍粥(全粥)とは?

5倍粥の状態は、大人が食べるお粥と同じ状態です。胃腸の調子が優れない時などに食べるお粥をイメージしてください。

5倍粥・五分粥・全粥の違い

5倍粥・五分粥・全粥の違いに、多くのママが頭を悩ませるようですね。お米に対する水の割合の違いで、5倍粥と全粥は同じものになります。

*5倍粥とは、米1:水5の割合で作ったお粥

*全粥とは、5倍粥のことをいいます。

*五分粥とは、10倍粥(米1:水10)のこといいます。

炊いたご飯から作る場合は、お水を1割少なくするのが基本です。つまり、ご飯から作るときの5倍粥は、ご飯1:水4の割合になります。

5倍粥(全粥)の硬さ

5倍粥は、指で簡単に潰せる硬さが目安です。今までは見た目がお粥というよりスープに近い状態でした。

5倍粥になるとすり潰す必要もなくなり、見た目にもご飯のツブツブが残っています。

簡単に潰せるかどうか、ママが口の中に入れて、下と上顎で潰して飲み込んでみてくださいね。

5倍粥の作り方 お鍋活用編

中期に入ると2回食が基本になります。その都度作ることが負担になる場合は、お鍋で一度にたくさん作って冷凍保存しておくと便利です。

お米から作る5倍粥

作りたい分量のお米を計量し、研いで5倍の水を加え、30分以上吸水させます。強火にかけ、沸騰したら弱火にし、約1時半炊きます。

吹きこぼれないよう、途中、蓋は少しずらしておきましょう。炊きあがったらしっかり蓋をして、約15分蒸らして完成です。

フードプロセッサーで時短!

研いだお米を20分ほど吸水させます。

そのお米をフードプロセッサーにかけ、米粒の大きさが半分~1/3になるまで砕いてから炊くことで、炊飯時間を短縮することができます。

ご飯から作る5倍粥

作りたい分量のご飯を計量し、4倍の水を加えます。ゆっくり混ぜてご飯をほぐし、強火にかけます。

沸騰したら弱火にし、蓋をずらして15分ほど炊きます。ご飯が柔らかくなったら火を止めて、蓋をして10分ほど蒸らして完成です。



5倍粥の作り方 炊飯器活用編

5倍粥を作るとき、炊飯器は大活躍!大人のご飯と一緒に1回分を炊く方法はもちろん、冷凍保存するために炊飯器でお粥だけをたくさん炊く方法も活用しましょう!

耐熱計量カップで1回分を炊く方法

耐熱性の計量カップに、1回分のご飯を入れます。4倍のお水を加えてご飯をほぐします。

大人用にセットしたお米の中央に、赤ちゃん用に用意した計量カップを置きます。その状態で通常通りスイッチを押せば、簡単に5倍粥が炊きあがります。

深めの湯飲みやカップなど、耐熱性の容器であれば何でも使うことができます。

ただし、炊飯器のメーカーによっては不可としていることもありますので、説明書でご確認ください。

たくさんの5倍粥を作る方法

多くの炊飯器には『全粥』のメモリが付いています。そのため、炊飯器を使って一度にたくさんのお粥を作ることができます。

食べる量が多くなる離乳食中期以降では、ぜひ活用してくださいね!

5倍粥の作り方 レンジ活用編

食事の回数が増えると、冷凍ストックを切らしていた!ということもあるかもしれません。

急ぐ時のために、レンジの活用術も覚えておくと便利です!

レンジで5倍粥

ご飯(20g)と、水(80ml)を耐熱容器に入れます。ラップをかけますが、端に少しだけ隙間を開けておきましょう。

レンジで約1分加熱します。取り出して様子を見ながら時間を調節してください。

ラップをしたまま2~3分置いて蒸らし、粗熱を取ったら出来上がりです。

時期により水分量を加減しましょう。

5倍粥は、離乳食後期の前半まで続けます。徐々に4倍粥へ、そして軟飯に移行していきます。

中期の後半に入る頃から、赤ちゃんの様子を見て徐々に水分量を減らしてみてください。

5倍粥の冷凍保存活用術

1回の量が増えるため、冷凍保存するときはフリーザーパックが便利になります。

フリーザーパックの活用法

ご飯100gに対し、水400mlでお粥を作ったら、フリーザーパックにすべてを入れます。

平らにならし、箸などを使って十字に線を押し付けます。その状態で冷凍し、凍ったら線を境に折って1回分を取り出すことができます。

上記の分量は5回分のお粥ですが、作る量やパックの大きさは調整してください。

十字の線をしっかり入れらるくらい、余裕をもって袋に入れる分量を考えることがポイントです。

美味く食べる解凍方法

解凍するときは、殺菌のため必ず加熱解凍してください。

加熱によりお粥に含まれる水分が蒸発しますので、野菜スープやお湯を足して加熱することをおすすめします。

冷凍保存期間は1週間が目安

食品の劣化や菌の繁殖を防ぐため、冷凍保存をしても1週間以内に食べきるように注意してくださいね。

食べ残しの再冷凍は避けましょう!

食べムラのある赤ちゃんが、食べ残すことはよくあることです。「勿体ない!」と感じるかもしれませんが、再冷凍は避けましょう。

風味が落ち、雑菌が繁殖!

一度解凍したものを再度冷凍すると、風味が落ちてしまいます。それだけでなく、雑菌が繁殖しやすくなります。

赤ちゃんの離乳食は、ママが手間をかけて作ったものですから、処分したくないと考える気持ちは非常によくわかります。

しかし、少量ですからママが食べるなり、気持ちを割り切って処分するなりして、再冷凍することは避けてくださいね。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします