子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月 離乳食

離乳食の10倍粥の作り方!炊飯器では?レンジでは?冷凍保存はいつまで持つ?解凍の方法は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんが生後5~6カ月になったら、いよいよ離乳食のスタートです!まずは、主食の基本となる『10倍粥』から与え始めます。

お鍋を使った本格的な作り方、炊飯器やレンジを活用する簡単な作り方を合わせてご紹介します。

ライフスタイルに合った方法で、美味しい離乳食を作ってあげてください!また、冷凍保存の活用方法も一緒にご紹介します!



10倍粥とは?

そもそも、10倍粥って何?どのような状態?という基本的なことからご説明します。

ゴックンと飲み込める状態です。

10倍粥とは、お米と水が1:10の割合で作られたお粥です。ご飯から作る場合は1:9の割合になります。

5~6カ月の赤ちゃんは、まだ噛むことが出来ません。ゴックンと飲み込むことのできる『プレーンヨーグルト』のような状態だと考えてください。

10倍粥の作り方 お鍋活用編

まずは、お鍋を使った基本の作り方からご紹介します。たくさん作って冷凍保存するときには、この方法がおすすめです。

お米から作る10倍粥

作りたい分量のお米を計量し、研いで10倍の水を加えて30分以上吸水させます。

強火にかけ、沸騰したら弱火にし、約1時半炊きます。吹きこぼれないよう、途中、蓋は少しずらしておきましょう。

ご飯から作る10倍粥

作りたい分量のご飯を計量し、9倍の水を加えます。ゆっくり混ぜてご飯をほぐし、強火にかけます。

沸騰したら弱火にし、蓋をずらして30分ほど炊きます。ご飯が柔らかくなったら火を止めて、蓋をして10分ほど蒸らします。

食べる分量をすり鉢でしっかりすり潰してください。より滑らかにしたい場合は、裏ごしすると良いでしょう。

しっかりすり潰して!

初期のうちは、炊きあがって粗熱がとれたお粥をしっかりすり潰します。

すり鉢を使いますが、ツブツブが残って気になる方は、裏ごしをしましょう。

ザルの網を通るくらいのご飯は、初期の赤ちゃんもゴックンと飲み込みやすくなります。

10倍粥の作り方 炊飯器活用編

炊飯器を使って大人のご飯を炊くのと同時に、10倍粥を炊くことができます。1回分の量を作りたいときに便利な方法です。

耐熱計量カップを活用しよう!

耐熱性の計量カップに、1回分のご飯を入れます。9倍のお水を加えてご飯をほぐします。

大人用にセットしたお米の中央に、赤ちゃん用に用意した計量カップを置きます。

その状態で通常通り、スイッチをオン!ご飯が炊きあがると同時に10倍粥の出来上がりです。

初期の初め頃は、さらにすり鉢を使ってすり潰してあげてくださいね。

炊飯器用おかゆクッカー

離乳食のお粥作りに便利なグッズもあります!耐熱性の容器に計量メモリが付いており、簡単に計量することができます。

炊けたお粥を取り出す工夫や、すり潰すことができるエンボス加工が施されており、離乳食期間にはとても重宝する商品です!

4153ghhdUGL
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB-E981696-%E7%82%8A%E9%A3%AF%E5%99%A8%E7%94%A8%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%86%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BCE/dp/B00462QZ2K/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1456233510&sr=8-4&keywords=%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%86+%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC

炊飯器のメモリを活用する方法は!?

炊飯器を使って、お粥だけをたくさん作っておくこともできます。

メーカーにもよりますが、『五分粥』のメモリが付いている場合は、メモリに従い水分量を合わせることができるので簡単です。

ただし、最初は食べる量がとても少ないため、たくさん作って冷凍保存しても使い切れないことが予想されます。

冷凍保存期間と食べる量はよく考えて作りましょう。



10倍粥の作り方 レンジ活用編

炊いたご飯をレンジにかけると、あっという間に10倍粥を作ることができます。食べる量が少ない時期、1回分だけを作る場合におすすめです。

たったの5分で出来ちゃいます!

ご飯(大さじ1)と、水(150ml)を耐熱容器に入れます。ラップをかけますが、端に少しだけ隙間を開けておきましょう。

レンジにかけ、様子を見ながら約1~2分加熱します。沸騰したら止めてください。

ラップをしたまま2~3分置いて蒸らし、粗熱を取ります。すり鉢ですり潰したら完成です。

10倍粥の冷凍保存活用術

たくさん作って冷凍しておけば、食べるときにチン!するだけの冷凍保存を活用しましょう。

ゴックン期は製氷機が最適!

ゴックン期の1回量は、約15~20g。製氷機1ブロックに大さじ1ずつ入れて冷凍し、1~2ブロックずつを取り出すとちょうど良い量になります。

製氷機によりブロック数が様々あります。計量スプーンで計りながら、いくつずつ解凍したら良いかは調整してくださいね。

製氷機で凍ったら一度取り出して、フリーザーパックに入れて保存しましょう。

美味く食べる解凍方法

解凍するときは、殺菌のため、必ず加熱解凍しましょう。レンジで解凍する、または小鍋に入れて解凍する、どちらの方法でも可能です。

加熱の際に水分が飛ぶため、少量のお水を足すことを忘れないでくださいね。

冷凍保存期間は1週間が目安

冷凍したものは、約1週間を目安に使い切りましょう。

1カ月保存したら食べられなくなる…ということはありませんが、細菌の繁殖や食品の劣化などを考えると、離乳食は新鮮なうちに食べさせてあげたいものです。

初期から頑張りすぎないで!

離乳食は始まったばかり。頑張りすぎて疲れてしまわないように気を付けましょうね。

いつも笑顔で作れる方法を!

レンジや冷凍保存を使わずに、その都度手作りの離乳食を作ってあげられることが出来れば、赤ちゃんにとっては最高ですよね!

しかし、離乳食はまだまだ始まったばかりです。これから数か月続き、回数も増えていきます。

頑張りすぎて疲れてしまわないよう、適度にレンジや冷凍保存も活用しましょう。離乳食にいちばん必要なのは、ママの愛情です。

赤ちゃんが楽しく食べられるように、いつも笑顔で作り続ける方法を探してくださいね!

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします