1歳~3歳児 育児の悩み・疑問

赤ちゃんの寝返りはいつ頃から?4ヶ月ではまだしない?練習ってした方が良い?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

4か月の赤ちゃんは、手足を大きく動かすようになってくるころです。首も左右動かせるようになり、寝返りするかな?と思うお母さんもいると思います。

実際寝返りはいつ頃からするようになり、しない場合は練習をしたほうがいいのか、みていきましょう。



寝返りするのはいつから?

赤ちゃんが寝がえりをするのは、生後5~6ヶ月がおよそ平均的です。早い子では生後3ヶ月~生後4ヶ月頃に始めることもあります。

気長に待ちましょう

寝返りに限らず、赤ちゃんの成長の目安として「○カ月で~~ができるようになる」ということが母子手帳などに書いてあると思います。あくまでも目安です。

個人差があるのであまり周りの赤ちゃんと比べることはしないほうがいいと思います。寝返りに関しても6か月を過ぎても寝返りしないという赤ちゃんもいます。

それも含めて赤ちゃんの個性だと思い、気長に待ちましょう。

実際、寝返りの時期が早いかどうかは赤ちゃんの成長速度とはほとんど関連性はないといわれています。

その後の成長過程に不都合があるわけではありません。

寝返りは遊びの一つ

寝返りは赤ちゃんにとっては方向変換というよりも遊びの1つととらえることから始まるようです。

なので、寝返りという遊びに興味のある赤ちゃんは早いということもいえます。

6ヶ月検診で、寝返りしたかどうかを聞かれることがありますが、その時点で寝返りができていなくても、とりたてて慌てる必要はありません。

寝返りの練習

5~6か月過ぎても寝返りしなかった場合、練習する必要はあるのでしょうか。



赤ちゃんのごきげんにあわせて練習しよう

寝返りしないからといって何が何でも練習をする必要はありません。

自然とできるようになるのでのんびりみていてあげるのでよいでしょう。

しかし、赤ちゃんに寝返りした時の世界を見せてあげて興味をもってもらうというのはよいかもしれません。

赤ちゃんとのスキンシップをかねて自然な形で寝返りをサポートしてあげるといいでしょう。

練習を始めるタイミングは、赤ちゃんが左右どちらかに体をひねり、寝返りの仕草を見せるようになった頃です。

赤ちゃんは腰と足をひねって寝返りをしようとするので、そのタイミングで上半身のほうを寝返りしようとする方向に少し手で押してサポートしてあげましょう。

一度寝返りの感覚をつかむとあとは一人でできるようになる場合があります。

ただし、赤ちゃんが嫌がったり機嫌が悪くなったりするようならすぐにやめてあげましょう。

注意すること

寝返りの練習をする際は、硬いマットの上などで行いましょう。

また、顔の近くに柔らかい枕や寝具があると窒息のリスクが高くなるので、赤ちゃんの周りには余計なものを置いておかないように注意しましょう。

そして、必ず目を離さないようにしてくださいね。

寝返りしそうな時期になったら・・・

寝返りする時期は赤ちゃんによって個人差があります。赤ちゃんはこれから寝返りするよなんて言ってくれません。

いつ寝返りをうっても大丈夫なように、赤ちゃんの周りの環境には気を付けましょう。

落下防止のために

少しの間だけ目を離す時でも必ずベビーベッドの柵はあげましょう。また、ソファに置いたまま離れることはやめましょう。

窒息防止のために

赤ちゃんは寝ている時に無意識に寝返りをすることもあります。

布団が柔らかすぎたり顔の近くにクッションなどがあったりすると、そこに顔が埋まってしまって窒息する可能性があります。

顔の周りにはやわらかいものを置かないようにしましょう。

また、おもちゃなども枕もとに置いてる場合は片づけましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします