妊娠後期

妊娠後期に腹帯は必ず必要?そのメリットとは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

お腹が大きく目立ってくる妊娠後期。安産祈願でお参りにいくと腹帯をもらえるところもありますよね。

一般的にはお腹が目立ってくる5か月くらいから着用する人が多いようです。腹帯は必ずつけたほうがいいのでしょうか。



腹帯ってなに?

腹帯とは、筒型もしくはガードルと一体型になっている妊婦さんのお腹を支える帯で、「妊婦帯」「マタニティガードル」とも呼ばれています。

素材や特徴、色、柄などのバリエーションが豊富で、用途や好みによって腹帯を選ぶことができます。大まかな種類についてみていきましょう。

さらしタイプの腹帯

サラシの布をグルグルとおなかに巻くもので昔ながらのものです。

お腹を締めつけすぎずに下から上へ持ち上げるように巻いていく腹帯で、帯状なので、どんなサイズのお腹にも合わせて巻けます。

また、綿100%なので吸水性が高く、家庭で洗濯できるだけでなく、妊娠中のデリケートな肌や夏場にも安心して使用できます。

一方でさらしなのでゆるく巻くとずれてきたり、毎日巻くのが面倒だという難点があります。

妊娠帯

伸縮性のある筒状の帯で腹巻のような形状をしていて、お腹をすっぽり包むものを妊娠帯といいます。

締め付け感はあまりありません。ワンピース、スカートの時におすすめです。

マタニティガードル

サイズ調節が可能で、お腹とお尻を下からしっかり支え、ショーツのような形をした妊婦さん専用のガードルをマタニティガードルといいます。パンツスタイルの時におすすめです。

腹帯をするメリットは

様々な種類の腹帯があることがわかりましたが、次は腹帯をするメリットをご紹介します。

冷え予防

腹帯の素材はさらしやパイル生地など様々ありますが、いずれにしてもお腹の表面を覆うことになります。

これにより、赤ちゃんへの衝撃を和らげたり、妊婦さんに大敵なお腹の冷えを防ぐ役目もあります。



腰痛解消、体のバランスを整える

妊娠後期になるとお腹が大きくなり後傾姿勢になりがちで姿勢が悪くなってしまいます。

腹帯により、姿勢を矯正し、体のバランスを整えることができます。

そうすることで腰痛解消にも効果があり、産後の筋肉や皮膚を妊娠前の状態に戻りやすくするという働きもあるといわれています。

腹帯を着用するタイミング

冒頭に腹帯は5か月くらいから着用する人が多いといいましたが、お腹の大きさやそれに伴う腰の痛み、冷えなどは人それぞれです。

そのような症状が出始めたら使い始めるのでいいと思います。何がなんでもこの時期!というわけではありません。

注意点

腹帯をするメリットはおわかり頂けたと思いますが、注意することもあります。

腹帯を強く締めすぎると血流を滞らせてしまい、赤ちゃんが栄養不足になる可能性があります。

最悪の場合、常位胎盤早期剥離になる可能性もあります。なので、現在では腹帯をすすめない産婦人科もあります。

検診の時にお医者さんに相談してみるのもいいと思います。また、腹帯を着用する際は、骨盤の下をしっかり締めるもので、おへそから上を締めつけないものを選ぶようにしましょう。

使用上の注意を守って、適切に使いましょう。

腹帯はTPOにあわせて使ってみよう

腹帯と一言でいっても様々な種類の腹帯があることがわかりました。

スカート、パンツスタイルなどの服装、フィット感が自分にどう合うか、日中使うのか就寝時に使うかなどで腹帯かマタニティガードルか妊婦帯かを選んでみるといいと思います。

また、妊娠後期の時の季節に合わせて素材を選んでみましょう。

迷ったら・・・

たくさん種類があってわからない場合は口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。

またそもそも腹帯をしたほうがいいのかどうかわからない場合は、かかりつけのお医者さんに聞いてみましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします