ベビー用品

便利すぎ!赤ちゃんもニコニコ!私がベビースリングを手放せなくなった理由

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんとのお出かけには欠かせない抱っこヒモ。

海外ブランドや日本製のものなど、多種多様なものがありすぎて何を選んだら良いのかわからなくなったことはありませんか?

私が、海外ブランドの抱っこヒモを最初に使った後にベビースリングと出会い、その便利さに手放せなくなった理由をお話します。



スリングってどんなもの?

幅広の布をママがたすき掛けにして、赤ちゃんを包む抱っこヒモの一種です。

様々な種類があります

最近はスリングにも様々な種類があります。

リングタイプ、バックルタイプ、チューブタイプなど好みや使う用途によって使い分けることができます。

いつから使える?

首が座る前の新生児期から使うことが出来ます。

3歳位まで使用することが出来るので歩き始めてから、ちょっと抱っこにもとても便利です。

布だけで支えて危なくないの?

正しく使用していれば、危険なことはありません。

しっかり安定して抱っこすることができます。

セーフティスリングマークがあるものを!

選ぶスリングは、日本ベビースリング協会によって定められた安全基準をクリアしたスリングにのみつけられるマークである

「セーフティスリングマーク(SSマーク)」がついているものにしたら安心です。

様々な抱っこの仕方が出来る!

対面抱っこはもちろん、横抱き、前向き、腰抱き、おんぶとスリング一つでバリエーション豊かな抱き方が可能です。

抱き方によってはこんなことも

赤ちゃんを連れての外出、そろそろ授乳したいんだけど・・・

授乳室が見当たらない!授乳室が満員!なんて経験ありませんか?

そんな時もスリングなら大丈夫なんです!

対面抱っこや横抱きならスリングに入れたまま、歩きながらでも授乳することができてしまいます。

体に負担がかかりにくい!

スリング最大の魅力は、赤ちゃんを抱っこした時にママの肩や背中、腰にかかる負担を軽減できることにあります。

正しい着用で体重を分散

背筋を伸ばして、スリングを正しく着用すると赤ちゃんの体重をうまく分散することができるので、長時間赤ちゃんを抱っこしても負担がかかりにくく、ママはとっても楽になります。

あれ?こんなに軽かったっけ?と思ってしまうほどです。

赤ちゃんが安心できる

スリングはママが楽なだけではなく、赤ちゃんにとってもニコニコです。

お腹の中にいた時の姿勢に

スリングは一枚の幅広の布で赤ちゃんを包み込むように抱っこするので、ママのお腹にいた時のように「まんまる」な姿勢をとることができて、安心することができるのです!

ぎゃんぎゃん泣いている赤ちゃんをスリングに入れると、すぐに寝てしまうことが多いのも頷けます。



ファッションとしてもGOOD

最近は、子育てママの間でもファッションとしてスリングを取り入れているのをよく目にします。

生地、素材もいろいろです

様々な生地やデザインのものがたくさん販売されています。

フリルやレースが付いたもの、ニット素材、見ていると目移りしてしまう程ですよ。

ミシンがあれば、手作りすることも可能なので、手作りが得意なママは好きな生地やデザインで自分と赤ちゃんだけのものを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

お出かけの時にも便利!

ベビーカーでお出かけ・・・ちょっとしたらぐずってしまって抱っこ。

なんてことありますよね。

ちゃちゃっと抱っこに!

そんな時も、スリングだと手軽に抱っこに変更できてしまいます。

バックルをいくつもつけて・・・なんてやる手間がかかりません!

カフェや外食の時にも

外出中にカフェに寄ったり、ファミレスでお食事という時にも便利です。

腰が座った赤ちゃんなら、腰にスリングを通してママの隣にお座りを。

落ちてしまうことも防ぐことができます。

お出かけ前から付けて行くことも

お出かけする時にバックに入れても、それほどかさばらないので良いですが、あらかじめスリングを体に通してでかけてしまうととても便利です。

布ですので、あまり違和感がありませんし、むしろ良いアクセントになってくれます。

とにかく手軽なのが一番の魅力

通常の抱っこヒモは腰にバックルをつけて腕を通して、バックルをつけて・・・と割と面倒・・・。

ちょっとおろしたい時も外した抱っこヒモはかさばるし、つけておいたままだと歩きづらいし、なんだかちょっと・・・と思っていたんです。

スリングならささっとOK

スリングなら、コツさえつかんでしまえばささっと抱っこすることができます。

おろすときも楽ですし、そのままつけておいても違和感がありません。

家の中でも

家で家事をするときも、スリングは大活躍です!

ママと密着しているので、赤ちゃんは安心してぐっすりねんね。

諦めていた家事もはかどるようになりましたよ。

他にもこんな使い方ができます

抱っこヒモとしてだけではなく、授乳ケープ代わりにもなります。

車の中なら広げて日よけにもなるし、おむつ替えの時に下に敷いても、歩き始めたらハーネスの替わりにも・・・と活用方法はいろいろなんですよ!

我が子の場合

私がスリングを知って使い始めたのは我が子が三か月の頃。

ぎゃんぎゃん泣く我が子を抱っこして腱鞘炎になりながらウロウロ・・・もう限界。

と思い始めた時にスリングに出会いました。

こんなに楽になるのなら、もっと早くから使っていたかったと心底思いました。

海外ブランドの抱っこヒモと使い分けをしながら、スリングを日常的に使用して、育児に対する気持ちがかなり楽になりました。

いかがですか?

もりだくさんのスリングの魅力をご紹介しました。

多くのママと赤ちゃんの笑顔が増えるきっかけになれば嬉しいです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします