妊婦の家事・仕事

妊娠中の家事で気を付けるべき4つのこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!8ヶ月の息子の子育てに奮闘中のママライターです。

妊娠中ってどうしても気をつけないといけないことが増えますよね。

お腹に大切な赤ちゃんがいるから仕方ないとないえ、でも家事はやらなきゃいけないし、何に気をつけたらいいんだろ…?

実際私もどこまでセーブすべきなのか悩んだ1人です。初期はともかく、週数が進むにつれ今度は運動不足も気になり、それを家事で解消すればいいんだ!

と思ったものの果たしてそれまでと同じように家事をしていいものか…?

なので今回は気をつけたいポイントをまとめてみました!



①お掃除の時はお腹を圧迫しないように!

お掃除においては、基本的にはそれまでと同じでOK。掃除機をかける程度の動作なら初期から臨月まで、無理のない範囲であればそこまで気にしなくても大丈夫とされています。

ただし気をつけたいのが屈む動作。雑巾がけやお風呂掃除などは、お腹を圧迫してしまうので避けておきたいところ。お風呂では滑ってしまう可能性もありますからね。そこも気をつけたいところです。

また、高いところに物を置く・物を取るといった動きも、例え安定した踏み台を使うとしてもバランスを崩したら怖いのでやめておきましょう。

☆雑巾がけについて

臨月に入った妊婦さんのジンクスで、《雑巾がけをすると陣痛がくる》というのがあります。

四つん這いの体勢が効くらしいのですが、あくまで無理のない範囲でゆっくりと、が基本です。お腹が張って辛い時などは早めに休んでくださいね。

②意外と注意が必要なのがお洗濯!

お洗濯は洗濯機がやってくれるから安心♪ですが、洗濯物を取り出すとき、中腰の姿勢になってませんか?水に濡れた洗濯物って重たくないですか?

干す時にちょっと背伸びして、つま先立ちになったりしてませんか?

妊娠中は重たいものを持つのは厳禁。少しずつ分けて運ぶようにしましょうね。

つま先立ちも腹筋を使う動作になるので、そこからお腹が張ってしまうことも。何より体勢が不安定になるので転倒の恐れもありますから避けておきましょう。

③気分転換にもなるお買い物♪

運動不足解消に、とウインドウショッピングをする妊婦さんもいるので、あまり神経質にならなくてもと大丈夫だと思います。

ただここでもやはり重たいものは持たないようにすることは忘れずに。食料品の買い出しなどは、旦那さんがお休みの日にまとめ買いするなどの工夫をしてみてください。

もしくは運動がてら毎日スーパーへ行く、という場合は買いすぎてしまわないようにしましょう。

あとはやはり人が集まる場所へ行くわけですから、人とぶつかってしまったりしないように、周囲へも気を配りたいところですね。



④お料理する時は斜め立ち&イスを使って!

お腹が目立たないうちはいいのですが、膨らんでくるとお腹が邪魔してそれまでと同じようにはできなくなってくるものです。

なので立ち方をちょっと変えて、台所の作業台に対して身体を少し斜めにしてみてください。それだけでちょっと楽になりますよ。

また、1カ所に立ち続ける形にもなるので腰に負担がかかってきます。ちょっと辛い時にはイスに腰かけてやるのも一つの手ですよ。

とにかく身体を第一に考えて

妊娠は病気じゃない、なんてよく聞きますよね。確かに病気ではないです。けれど自分のことだけじゃなくてお腹の中には赤ちゃんがいます。

その赤ちゃんには快適に過ごしてもらいたいですよね。どれもそのためにできるちょっとした工夫だと思います。

また、全く動かないというのも筋肉が落ちてしまって出産時に大変になってしまいます。

一人ひとり体調や経過に違いもあるので心配なことはお医者様に相談し、また旦那さんや周りの方にも協力してもらいながら進めていくのがいいかも知れないですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします