節約術

【節約】ガス代が半額になる事も!ガス代節約術 5 選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

冬の季節は上がりやすいガス代! 特にプロパンガスのご家庭は、お財布には痛い季節ですよね。

そこでやってみたい節約! 少しの努力で毎月のお財布の心配をしなくてすむかもしれませんよ! 今回はガス代の節約術をご紹介します。

どこを節約するか?

まずはじめに考えたいのが、節約する優先順位です。

使用頻度が高いところから節約すれば分散して節約するよりも簡単です。

基本料金と従量料金の見直し

プロパンガスをご使用のご家庭は、LP ガス会社によって料金が大きく異なるって知っていましたか?

契約会社を見直す事によって、半額近く変わる事もあるので、是非見直してみましょう。

なお、「エネピ」というサービス使えば、一番安いガス会社に切り替えることが出来ます。年間5万円以上節約できた家庭が多数いらっしゃるみたいですよ。

【参考】
年間5万円安く!一番安いガス会社に出来る|エネピ公式サイト

【関連記事】
ガス代が年間5万以上の節約に!プロパンガスを一番安いガス会社に切り替えれる「エネピ」がすごい!

※都市ガスのご家庭は一律料金なので見直す必要はないでしょう。

ガスの使用場所を知ろう

一般家庭でガスを使用するのは、キッチンか浴室がメインですが、それ以外にも色々なところでガスは使われているのです。

キッチン周り

・ガスコンロ

・ガスオーブン

・ガス炊飯器

浴室周り

・追い炊き

・シャワー

・ガス浴室暖房乾燥機

その他

・給湯器

・ガス床暖房

・ガス乾燥機

・ガス暖房機(ガスストーブやガスファンヒーター)

※季節によって使用頻度が異なると思うので季節ごとの見直しが必要です

キッチンの節約術

お子さんがいらっしゃるご家庭では、料理は毎日する事も多いでしょう。

料理はたまにという方でも、節約知識があるだけでガス代は変わってきますよ!

鍋には蓋を!

火をかける際、鍋や落し蓋をすると熱が逃げにくくなり調理時間が短くなります。

基本は中火

早く沸かしたいからと強火でかけても、炎が鍋底からはみ出してしまうと無駄になってしまいます。

野菜の下茹では電子レンジで!

専用の容器がなくても、耐熱容器に野菜を入れてラップをかけるだけで下茹が出来ちゃいます!

ガス代節約、時短にもなって一石二鳥ですね。

エネピ

圧力鍋や保温鍋を使う

電子レンジで下茹で同様、煮込みなど時間がかかる料理でも、短い時間で出来るのでオススメです。

※保温鍋がなくても、大きめのタオルで鍋を包むだけでも保温可能です。

浴室の節約術

お風呂は家族で協力しなければ節約は難しいかもしれません。

これだけはやってほしい!とお願いしてみましょう。

お風呂の蓋はしめて!

入浴以外の時は勿論、入浴中も半分は閉めたりと、出来る限り熱を逃がさないようにしましょう。

お風呂が暖かいままであれば、追い焚き回数も減らせるし、冷めきっていなければ追い焚してもすぐ沸かせます。

※蓋がついていないお風呂は、市販の保温シートを買ってみましょう。

入浴時は換気扇をとめよう

冬は特に外からの寒い空気で浴室の温度が下がってしまいます。

換気扇を止めてしまうとカビなどが気になるという方でも、入浴の時だけはとめてみましょう。

シャワーを出しっ放しにしない

お風呂を溜めている時はしっかり温まってから身体を洗うようにしましょう。

寒いからとシャワーを出しっ放しにすると、せっかく溜めたお風呂も無駄になってしまいます。

シャワーは「洗い流す時だけ」を心がけましょう。

その他の節約術

まだまだ節約できる事はたくさんあります。

給湯器の温度はこまめに変えよう!

給湯器の温度設定は、お風呂や食器洗い、用途によってこまめに変えましょう。

温度は高ければ高いほどガス代が上がってしまいます。

※こまめに変えるのが面倒な方は、季節ごとでもいいでしょう。

古い暖房機は買い換えよう

10年近く同じ暖房機を使用しているご家庭は、新しい暖房機の方が省エネでガス代を抑えられます。

購入費用が必要ですが、燃費が悪い暖房機を使い続けるよりはいいでしょう。

家族みんなで習慣づけ!

節約は一人で頑張っても大きな成果は得られません。

かと言って、家族全員で全てに取り組もうとしても、少し窮屈な生活になってしまうかもしれません。

家族で話し合い、出来る事と出来ない事を分けて、無理をしない程度に習慣づけてみてはいかがでしょうか。

エネピ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします