育児・子育て

子育て中に孤立を感じるママが7割!眞鍋かをりも「これ地獄だな」その原因は科学的に根拠があった!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

2016年1月31日に放送されたNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?最新科学で迫るニッポンの子育て」が話題になっています。



共感の声、続々

出演者の眞鍋かをりさんをはじめ、母親という立場を経験した女性は皆共感を覚える内容だったようです。

「自分が感じていたものの正体がわかった」という意見が多く見られました。

「ママたちが非常事態!?最新科学で迫るニッポンの子育て」その内容は?

子育て中に感じる孤独や不安を、最新の脳科学で分析。

さらに、現代日本の環境が人類の本能に基づいた育児に全く沿っていないこと、夜泣きやイヤイヤ期は必然的なものであることを解き明かし、ママ達の非常事態の解決の糸口を探る内容になっています。

孤独の育児

番組によると、育児に孤独を感じる日本の母親は全体の七割。

産後うつの発症は、通常のうつの5倍以上。

こんなにも孤独なのは、ホルモンの働きに理由があったのです。

産後の女性ホルモンの減少が孤独や不安の原因

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、妊娠してから出産までの間、分泌量が増え続けます。

そして、産後二日目くらいから急激に分泌量は減少。

このエストロゲンの減少により、孤独や不安を感じやすくなるのです。

エストロゲンとは

エストロゲンは、妊娠しやすい条件を整え、妊娠中も子宮内膜を増やし、産後のために乳腺に働きかけて母乳を出やすくしてくれるものです。

また、エストロゲンには心のバランスを整える役割を持つ脳内物質セロトニンを活性化させる働きがあります。

つまり、産後に感じる孤独や不安は、エストロゲンの減少によりセロトニンの濃度が下がることが原因だったのです。

なぜそうなるのか

その他にも産後の急激なエストロゲンの減少は、肌荒れや抜け毛の原因でもあります。

何のためにこのような身体の変化がおこるのでしょうか。

共同育児

人類は共同で育児をすることで、子孫を増やし、繁栄してきたのだそうです。

その共同育児をうながすために、母親が産後に孤独を感じる身体の仕組みがあるのだと京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授は言います。

人間本来の育児

人類に一番近い類人猿のチンパンジー。

彼らは個体ごとに育児をするので、約五年間はそれにかかりきり。

次のこどもを産むことができません。

しかし、人類は共同で育児をし、必要があれば他人に預けることで、効率よくこどもを育てて数を増やして来たのです。

番組で取材したカメルーンのバカ族では、太古の人類が行っていたであろう共同育児が残っています。

そこには、生後間もない乳児を他の女性に預けるのが当たり前の、おおらかさがありました。

現代の日本は人間の本来の育児ができない状態

しかし、現代の日本はどうでしょう。

核家族化のせいもあり、母親達は「孤」の子育てを強いられています。

現代の日本の育児環境は、人間の本能に反しているので、母親達は子育てを辛いと感じやすいのです。

ママ友

孤独や不安を感じると、いわゆる「ママ友」を求めるようになります。

番組では、このママ友は日本だけの特殊な関係であるとしています。

このママ友を求める心理は、共同育児への欲求によるものではないかということです。

夜泣きやイヤイヤ期にも言及

夜泣きやイヤイヤ期も母親を悩ませるものです。

しかし、それらは母親の未熟さから来ているものではありません。

夜泣き

夜泣きは、赤ちゃんの脳が未熟なために起こるものと、番組では解説されていました。

こんなに未成熟な脳のまま生まれてくるのは、人類だけ。

なぜかというと、人類は二足歩行のために産道が狭くなってしまいました。

その狭い産道を通りやすくするため、つまり出産の負担を軽減するために脳が小さく未成熟なまま誕生するのです。

このあと、脳はゆっくり十年かけて成長していきます。



イヤイヤ期

イヤイヤ期は、未成熟なまま生まれた脳がゆっくり時間をかけて成長していく過程です。

脳が育ち前頭前野が活発になると、次第に我慢する事ができるようになり、イヤイヤ期もおさまりを見せるということです。

ガルガル期、産後クライシスも

ガルガル期、産後クライシスもホルモンによるもの。

産後、赤ちゃんとふれあうことで分泌されるオキシトシンというホルモンがあります。

赤ちゃんを守り育てるために必要なこのオキシトシンですが、近年、攻撃的な働きもあることがわかってきたそうです。

他者への攻撃性

オキシトシンは赤ちゃんを守り育てるためのホルモンです。

ですので、育児に協力的でないものに対して攻撃的になるようにしむける働きも合ったのです。

夫が育児に協力的でないと判断すると、夫も攻撃対象に。

これが、ガルガル期や産後の離婚を大量発生させるという産後クライシスの原因だったのです。

よりそう気持ちを

ではどうすればいいのでしょうか。

番組内の実験では、夫が妻の育児の悩みに共感することで、妻のリラックスの状態が続いたというのです。

専門家によると「大切なのは寄り添いの気持ちをしめすこと」。

物理的に育児を分担することも大切ですが、妻の気持ちを理解して寄り添うことが何よりだと言うことです。

まとめ

・孤独や不安はホルモンの変化によるもの

・ホルモンの変化は人間本来の持つ共同育児のためにおこる

・現代の日本の育児環境は共同育児の本能に反している

・夜泣き、イヤイヤ期は母親のせいではない

・夫の「寄り添い」が大切

番組は、このような内容でした。

共同育児を求めて群れるママ友

ママ友のトラブルは絶えません。

それでもなぜか集まりたがる母親達を世間は好奇の目で見て、時に何か起これば責め立てます。

しかし、それは孤独な母親達が共同育児という人間本来の育児形態を求めた結果。

社会全体の育児への理解や協力体制が、ママ友トラブル解決のきっかけになるのかもしれません。

共同育児で繁栄した人類、孤の育児で絶滅寸前のチンパンジー

環境破壊や密猟、内戦で絶滅寸前のチンパンジー。

もっと効率よく育児をし、個体数を増やすことができていたら、また違う状況だったのかもしれません。

人類は共同育児で繁栄してたと言いますが、たしかに共同育児が失われつつある現代の日本は少子化へと向かっています。

もっと地域が育児に手をさしのべていたら、こちらもまた違う状況だったのかもしれません。

日本の伝統と共同育児

日本の伝統を大切にするために、男性は外で働き、女性は家を守る。

子供は家庭で母親が育てるもの。

こういった考え方があります。

しかし、家族が今のような形態になったのはごく最近のできごとです。

特に、江戸時代はむしろ社会全体でこどもを育てるという考え方がはっきりしていたといえます。

江戸の仮親

江戸時代には仮親というものがありました。

これはこどもの生存率が低かった時代に、地域でこどもを守り育んでいこうという考えに基づいたもので、ひとりのこどもに何人ものさまざまな役割を持った親が付くと言うもの。

有名なところでは、帯親、取り上げ親、乳付け親、名付け親。

その他、縁起のために一度こどもを捨てたことにして育てる風習のための拾い親、赤ちゃんが初めて外へ出て出会った人がなる行きあい親などもいます。

このように、こどもが成人するまで、節目ごとに多くの仮親がそのこの人生に関わり、縁を持ちます。

こども組、郷中、寝屋子

社会でこどもを育てるしくみは、他にもいろいろあります。

村社会では、こども達が大きなこども達の指示の元、村の行事などの仕事をするこども組という集まりがありました。

武士階級では、薩摩藩の郷中、会津藩の什。

今もかろうじて残っている三重県・答志島の寝屋子制度も地域で育てるという考えから生まれたものだと思います。

このように、共同育児は決して日本の伝統に反するものではなく、伝統的であると言えます。

もう一度、見直してみるのも良いのではないでしょうか。

共感を求めて

産後の孤独、不安が人間本来の育児を行うためのホルモンの変化によるものであることがわかったと同時に、妻は夫の理解と共感を求めていることもわかりました。

そして、この番組そのものが、母親達の求める理解と共感であったことから、多くの母親達の心をつかんだのかとも思います。

番組の内容を身近な人々に見てもらうだけでも、育児環境改善のヒントになりそうです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします